最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

三角屋根の家

2023年2月12日 (日)

三角屋根の家 完成

実は、去年の11月の半ばですが

三角屋根の家が完成しました。

Pb090047

屋根はガルバリウム鋼板 縦ハゼ葺き

外壁は杉板張り塗装仕上げです。

Pb090052

Pb090050

広々とした敷地にすっきりとした三角屋根。

内部のLDKは吹き抜け。

上部にはシーリングファン。

Pb096981

階段はスチール+木製の透かし階段。

モジュールが最近、珍しい関西間なので、広々としています。

(一般的な関東間 柱間 910㎜のところ、関西間は985㎜)

Pb090067

日差したっぷりですね。

まだ、入居前でカーテンもブライドもついていませんけど。

それと、この家の前の景色。

借景とはいえ、なんと広々と、スカッとしてるんだろう。

羨ましいぐらいです。

黒く見える棒は、ライティングダクトレールです。

ここに、壁にはスポットライト、天井にはペンダントなどが取付けられます。

Pb090016

階段を上がったところには、電動で開閉できる天窓を設置。

Pb090132

割と、大型です。

ここから、星も見えます。

北面の屋根に付けたのは、夏の暑さを避けるため。

LOW-Eガラスは入っていますが、南面に付けると暑くて困ると思ったから。

電動にしておくと、1階からでもリモコンで開閉できるし、

急な雨でもセンサーで自動的に閉まります。

つまり、開けっ放しで外出しても心配ありません。

Pb096987

奥さまのご希望でキッチンの背面にはタナを。

上部もオープンタナを付けられるように 下地を準備しています。

洗面化粧台は、既製品をバラして洗面器だけ使用。

Pb090078

ベッセル型が流行っていますが、案外使いにくいと思います。

まず、ボールが小さいし、浅いことが多い。

浅いと水が跳ねやすいので、深さは150㎜は欲しいです。

それと、蛇口が平面から立ち上がっているので、周りが汚れやすい。

蛇口は壁から出てる方が汚れにくいのと、シャワーで引っ張り出せた方が

ここでシャンプーしなくても、お掃除とかに便利です。

この機種はLIXCLですが、洗面器の底が平らで広くて、小型のたらいも置きやすく、

買ってきたお花を水につけておくこともしやすい。

花瓶のお水も入れやすい。

いろんな理由で、最近、このような洗面台を作ります。

鏡は雑貨屋で好みのものを買ってきてもいいですね。

普通の洗面台をつけるのと値段はそんなに変わりません。(中くらいのものと比べて)

住まい手さんは若いご夫婦だったので、こどもみらいの補助金をもらう手続きをしました。

基礎断熱もしているし、サッシもLOW-Eでガス入りを使っています。

外皮計算などしたら、断熱等級5になりました。

広々としているけど、暖かな家になりました。

 

この家を中心に、素敵な人生が送れますように、お祈りしています。

 

2022年10月20日 (木)

地鎮祭~棟上げ~屋根と外壁  三角屋根の家

しばらくブログを書いてなかったので、まとめて書きます。

まずは、地鎮祭。

それは、7月上旬でした。

P7119704

最近には、珍しい、広々とした敷地。(借景もあり)

うらやましいような、日当たりと静けさ。

郊外ですが、そんなに市街地から離れてもない。

いい場所です。

そして7月下旬。

鉄筋検査をしました。

P7269718

基礎断熱の家です。

基礎の立ち上がりも通常よりも少し、高くしています。

8月下旬 棟上げ。

抜けるような青空の中、始まりました。

P8190020

どんどんできていきます。

カネ勾配の家なので、2階の床ができた時点で終了。

P8190068

明日は、雨っぽいのでブルーシートで覆います。

3日後に行ってみたら、屋根を作っていました。

P8220004

タルキ間には断熱材が入っています。

タルキはちょっと大きめの45×105にしています。

屋根の断熱材はこの押出法ポリスチレンフォーム3種b+高性能グラスウール16kgを使います。

断熱等級は5になっています。(サッシ、外壁、基礎断熱含めて)

さらに2日後に行くと、野地板が打ってありました。

急こう配なので、作業は大変です。(屋根足場あり)

P8240044

ここに大きなトップライトが取り付けられます。

トップライトはベルックスで、電動で開閉できるタイプです。

これにしておくと、急な雨も関知して自動で閉まります。

P8240047

8月末。

構造検査の日です。

P8310031

屋根は、まだルーフィングの状態ですが、

内部の金物もきちんと取り付けられていました。

9月上旬。

屋根のガルバリウム鋼板が葺かれていました。

P9110027

外壁は、サイディングではなく本物の杉板を張ります。

ここが、住まい手のこだわりでしょう。

私もサイディングはあまり好きじゃない。

でも、経年変化が許せる人でないと無理かもしれません。

P9110029

着々と進んでいます。

次に行ったときは、外壁の板張りは終了していました。

P9150006

内部はまだ、これから、という感じ。

内部ができていくのが楽しみです。

                つづく

 

 

 

 

 

 

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ