最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 鳳凰三山の山旅 | トップページ | 冬の北海道ツアー »

2023年10月 9日 (月)

はるかな尾瀬へ

9月の中旬。

以前から行きたかった尾瀬へ山友とふたりで行ってきました。

尾瀬に行くからには百名山ふたつ(燧ケ岳・至仏山)登るのが目標。

尾瀬はと~っても遠い。

東京まで飛行機で飛んで特急電車で福島県側から入ることにしました。

特急電車の発着するとうきょうスカイツリー駅のそばのホテルに宿泊。

その日はスカイツリーからの夜景を楽しみました。

P9090989

*************************************************

尾瀬1日目(日)

翌日、朝6時半の電車に乗り遅れたため、臨時の7時発の電車に乗り3時間で会津高原尾瀬口駅へ。

駅前にはバスが待っていてバスに乗ること2時間で沼山峠着。

P9101005

身支度を整えて13時に出発。

なだらかな登りを20分歩き、後は下りと平坦な木道歩き。

大江湿原には、ウメバチソウがいっぱい。

P9101027

尾瀬沼が見えてきました。

右は3本カラマツ。

P9101041a

のんびり歩いて1時間半で今日の宿尾瀬沼ヒュッテに到着。

P9101052

まだ、早いのでチェックイン後、尾瀬沼周辺を散策。

長蔵小屋売店でアイス食べてお買い物。

P9101056

後は、静かな尾瀬沼のほとりでまったり

上部に雲がかかってる燧ケ岳を眺めながら…。

P9101073

尾瀬沼ヒュッテでは、ふたりなので4帖半の個室を取っていたけど、

空いていたので6帖の角部屋にグレードアップしてくださいました。

食事もおいしく、とても快適でした。

お風呂が熱すぎて湯舟に入れなかったけど。

**********************************************

尾瀬2日目(月)

朝焼けがきれい。空がピンク。

P9111090

朝食はお弁当にしてもらって5:18 宿を出発。

今日は燧ケ岳へ登って山の鼻までの行程。

長英新道(登山口)5:24

P9111094

緩やかな登山道。

道は心配していたぬかるみはほとんどなし。

どんどん高度を上げていき、ミノブチ岳着。8:03

尾瀬沼が見えます。

P9111119

ここで、小休止してお弁当を半分食べます。

燧ケ岳は双耳峰なので、あれが、ひとつめのピーク、爼嵓(まないたぐら)ですね。

P9111134

爼嵓着 8:47

P9111141

そして、これから行く燧ケ岳山頂の柴安嵓(しばやすぐら)

P9111151

ピークを降りてもうひとつのピークを目指します。

9:21 燧ケ岳山頂着。

P9111163

ここで、残りの弁当を食べます。

尾瀬ヶ原が一望。正面に至仏山が見えます。

P9111170

ゆっくり休憩してから、10:20下山開始です。

下山は見晴新道。

なかなか手ごわい道だったけど、ぬかるみもほとんどなく予定通り3時間で下山しました。13:20

P9111186
平坦な木道を通って見晴の尾瀬小屋のカフェへ行きました。

P9111194

友達おすすめのの花豆アイス(アイスクリームに花豆ソースがかかってる)とコーヒーをいただきます。

とっても美味しかったです!

P9111192

お店の人といろいろ世間話。

今が一番人が少ない時期だけど、どうしたことかコロナの時よりも少ないそうです。

さあ、山の鼻目指して出発。

トリカブトがいっぱいです。

P9111195

ひたすら木道を歩くが誰もいません。

たまに、米粒ぐらいの人影が、はるか彼方に見えます。

至仏山が近づいてきました。

尾瀬ヶ原は、そろそろ草紅葉が始まっています。

P9111232

池塘がたくさんあります。

P9111218

ヒツジグサがいっぱい咲いてた。

未の刻(午後1時~4時)しか咲かない花。

スイレンに似てるけど5センチぐらいと小さい。

P9111233

かわいいなあ。

サワギキョウも。

P9111244

逆さ燧ケ岳です。

P9111253

時々、カンカン鳴らす熊ベル。

ここは、ツキノワグマの生息地なんです。

この写真は相棒。クマを恐れています。

P9111257a

15:40 やっと、山の鼻小屋着。

久々の生ビールで生き返ります。

P9111260

小屋は韓国人の団体客が夜遅くまでうるさかったけど、小屋は快適でした。

************************************************

尾瀬3日目(火)

今日も朝焼け。

P9121266

今日は至仏山へ。

相棒は断念したので、ひとりで出発しました。5:25

鹿のゲートを通ります。

P9121273

至仏山の山頂が見えます・・・

近いじゃん!

P9121269

初めはこんな感じ。

どんどん高度を上げていきます。

P9121281

中腹まで快調で、ひとりだけど不安はなかったんです。

だけど…

中腹でもう森林限界を過ぎ、すぐそこだと思ってた山頂が遠いんです。

尾瀬ヶ原の向こうに昨日登った燧ケ岳が見えます。

P9121292

だんだん、梯子のような階段が現れてきました。

P9121311

手を使わないと登れない階段。

これが延々と続きます。

見えるところまで歩いて、あそこまで行けば山頂、と思って登ってもまだ先があるんです。

それを5回ぐらい繰り返して、まだ山頂が来ません。

ひとりなので励ましあうこともできません。

睡眠不足の上に食事がのどを越さない。シャリバテでもありました。

心が折れそうになったときに救世主が!

それまで最初にふたりに抜かれた後、誰にも会わなかったのに

若い女性が上がって来たのです。

P9121322

お願いしていっしょに歩いてもらえることになりました。

そこから15分で山頂着。

3時間の予定が4時間かかってしまいました。

P9121319

やれやれ。

そこには、割と登山者がいました。

やはり、鳩待峠からが楽なんですよね。

そこからは山の鼻へは下降禁止なので、鳩待峠に戻るしかないんです。

ちょっと休んで下山にかかります。

小至仏山着。

P9121326

そして、さらに下山します。

しばらくすると、私の相棒も鳩待峠から上がってきました。

そして、いっしょに下山しました。

鳩待峠に降りて食堂でやっとうどんが食べられてシャリバテ解消。

やっと元気になって 帰れる!と思いました。

そのまま、バスを乗り継いで上毛高原駅から上越新幹線に乗って

東京経由羽田空港最終便で帰路につきました。

いろいろと考えることが多かった尾瀬の山旅でした。

 

 

« 鳳凰三山の山旅 | トップページ | 冬の北海道ツアー »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳳凰三山の山旅 | トップページ | 冬の北海道ツアー »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ