最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 地鎮祭~棟上げ~屋根と外壁  三角屋根の家 | トップページ | 宮城の山旅② ~栗駒山 »

2022年10月26日 (水)

宮城の山旅① ~蔵王

10月の始め。

今年も東北の山へ行ってきました。

メンバーは去年と同じ女子会メンバーの3人。

1日目は、仙台空港からレンタカーで蔵王へ。

無料のエコーラインを通り、有料のハイラインを通って、刈田岳へ。

ここは、駐車場からすぐなので、観光客がいっぱい。

Pa020049

夕暮れなので、お釜はもう、日が陰っています。

寒くなってきたので早々に引き上げて、今日の宿、蔵王温泉へ。

食事の美味しい、白濁の硫黄泉に癒される宿でした。

2日目。

今日は蔵王に登ります。

蔵王はロープウェイで、かなり上まで行けるので楽ちんです。

8時半が始発。

Pa030074

始発に乗れました。

Pa030097

ロープウェイを2つ乗り継いで、地蔵山頂駅へ。

周りは、立ち枯れているような木々

Pa030096

これが、冬、樹氷(モンスター)になるんだね。

30分ほどで山頂駅到着。

大きなお地蔵さんがお出迎え。

Pa030102

ここに、お参りしてから、地蔵山へ。

15分で到着。

Pa030109a

さあ、最高峰の熊野岳を目指そう。

しばらく歩くと、ワサ小屋跡着。

Pa030126a

ここは峠で、なぜか、山姥(ヤマンバ)の銅像が立っている。

口は耳まで避けている。昔の旅人をこの山姥が襲ったのだろうか?

調べてみると昔おワサさんという老婆がこの小屋番をしていたそうで、

水を提供したり、参拝者の面倒をみていたとか。

でも、それなら、なんで恐ろしい山姥の姿?

いつのまにか埋もれていたものを平成23年に再生したとか・・・。

ここから先は女人禁制で女性は行かせない為とも。

 

さて、熊野岳の登りにとりつく頃、道は二手に分かれる。

右は直登コース。「近道」と書いてあるが、大きな石ゴロゴロで歩きにくそう。

左は広いゆるやかな道。

どうせ、最後は合流するんだろうから、と 私は右へ。後の二人は左を進む。

10時7分、熊野岳着。

山頂の熊野神社にお参り。

Pa030130

ところが、20分ぐらい待ってもふたりはやってこない。

おかしいな。最終的には山頂に来るはずなのに。

お釜を見に行ったのかな?と思いながら、刈田岳の方(お釜の方)へ向かう。

ふと左を見たら、ふたりの姿が遠くに見えた。

やはり、分かれて歩くべきじゃなかった。

やっと会えて、3人でお釜を見に行く。

今日の方がずっときれいだ。

Pa030135

そこで、記念写真を撮ってから、山頂へ戻る。(ふたりは、まだ、山頂を踏んでないので)

Pa030149a

百名山、蔵王(主峰 熊野岳)ゲット!

ここで、お昼には早いので、お茶してのんびり。

帰りは、地蔵山をトラバース。

ここは、リンドウがいっぱい咲いていました。

Pa030157

後は、山頂駅からロープウェイで下りました。

周りの木々の紅葉が始まっていて、きれいでした。

Pa030172

1時に蔵王温泉を出発。

途中でお昼を食べてから、東北道経由で北へ。

今夜は栗駒山のふもとのバンガローに泊まります。

Pa040509

この左端が私たちの部屋。

内部は2LDKで、吹き抜け、バルコニーもある広々とした部屋。

5人家族が十分暮らせそうです。

Pa030213

Pa030206

キッチンがあるので、自炊もできますが、

私たちはスーパーでいろんなお惣菜を買ってきて食べました。

朝が早いので後片付けとかに時間をかけられないので。

本館には温泉もあるし、広々としたなかなかいい宿でした。

             つづく

« 地鎮祭~棟上げ~屋根と外壁  三角屋根の家 | トップページ | 宮城の山旅② ~栗駒山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地鎮祭~棟上げ~屋根と外壁  三角屋根の家 | トップページ | 宮城の山旅② ~栗駒山 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ