最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 福島の山旅 その2 | トップページ | オープンハウスその3 和室のおススメ ~居心地の良い家を求めて~ »

2022年1月 4日 (火)

ふんわり暖かい・・・床下エアコンの効果?~居心地の良い家を求めて

あけましておめでとうございます。

なかなか、ブログを更新できないでいましたが

今年は、頑張って更新して行こうと思います。

 

さて、我が家ですが、暮れにやっと床下エアコンを取り付けました。

もともと、そのつもりで、地袋を作っていたのですが、

深く考えず、キッチンカウンター下の地袋と内部で繋がっていました。

P5038736

この右の横格子の両開きの地袋です。

よく考えてみたら、エアコンに室温を感知するセンサーがついているので、

こんな細い格子のあき(隙間)では、熱がこもって誤作動してしまう、ということに気づきました。

それと、キッチンカウンター下には食料品(レトルトや買い置きの調味料、乾物等)や常備薬も入ってるのに

地袋との間も仕切りがなく、ここも温かくなってしまいます。

まず、大工さんに頼んでキッチンカウンター下地袋とエアコン地袋内に仕切りを作り、

反対側に断熱材を貼り付けてもらいました。

それから、扉の格子の隙間を広く作り変えました。

P1049470

扉は、しょっちゅう開けないので、1枚の格子にして、ローラーキャッチをつけてもらいました。

下部に床置きエアコンを床下に半埋め込みしました。

P1049475

このエアコンはダイキンの床置き型のエアコンですが、吹き出し口が上下にあるので

上の吹き出し口を室内に出し、下の吹き出し口を床下に出すことができます。

それでも、床板を張ってないところから、床下の暖気が上に上がってくる可能性があるので、

断熱材(フェノバフォーム35mm)を床のラインに置きました。

この断熱材は、単に置いてるだけで、エアコンのフィルター掃除のときには簡単に外せます。

 

実際、我が家は断熱等級4の家。

基礎断熱もしています。

私の住んでいる岡山県北部の1~2月の朝の最低気温は平均で2~-3度ぐらいです。

LDKの天井は吹き抜けのように高いのですが、それでも暖かい。

ていうか、寒くないと言ったほうが良いのかな?

この1ヶ月間、毎朝、各部屋の室温を記録していますが

玄関以外は暖房をつける前に15度あります。

玄関だけは10度前後。ここは、風除室代わりなのでしょうがないと思っています。

それでも、外から玄関に入ると暖かいと感じます。

これは、床下エアコンの効果というよりも、高気密高断熱の効果ですね。

床下エアコンつける前でもそうでした。

17度ぐらいでも、あまり寒いと感じないのは、部屋全体の表面温度が高いせいではないかと思います。

朝、15度ではちょっと寒いのでエアコンをつけて、20度ぐらいになれば十分暖かいので切ります。

それが、昼や、夕方事務所から帰っても、暖房をつけるほど室温が下がってないのです。

ふんわりと暖かい。

寒い部屋では置いているもの(家具や食器や備品)まで冷たいです。

古い家にある事務所と行き来するので よけい良くわかります。

事務所もリフォームしたときに、外壁面だけでなく間仕切りにも内張り断熱し,

屋根にもウール(羊毛)の断熱材を200mm入れ

サッシも高性能のものに変えましたが、やっぱり、エアコン切ると寒くなるのです。

 

新しい家は、冬の朝、外に出るまで寒さがわからない、ふんわりとした暖かさです。

しかも、ランニングコストが安い。

こんな、住まいにやっぱり、みんなに住んでもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 福島の山旅 その2 | トップページ | オープンハウスその3 和室のおススメ ~居心地の良い家を求めて~ »

50代からの人生を楽しむ家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島の山旅 その2 | トップページ | オープンハウスその3 和室のおススメ ~居心地の良い家を求めて~ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ