最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 京都トレイル東山コース② | トップページ | 唐松岳の山旅 1日目 »

2018年8月 4日 (土)

棟上げ・屋根仕舞い~大屋根の下で子どもを育む家

7月下旬。

快晴ですが猛暑の中、大屋根の下で子どもを育む家の棟上げでした。

P7191321
これは、棟上げ3日前に現場へ行ったとき。

土台敷込み~床下断熱材を入れながら、構造用合版を敷きます。

平成28年度の断熱基準をクリアしていますので冬暖かく、夏、涼しい家です。

高気密・高断熱でサッシも高断熱(高遮熱)。

外皮(断熱)計算をして、エコハウス認定を取りました。(設計審査合格)

なので、構造検査だけでなく、断熱施工の第三者機関による検査もあります。

エコハウスの認定をとったのは、一部の税金が少しお得になるからです。

これは、棟上げ当日。

私が行ったのは 午前11時すぎ。

2階の梁を載せていました。

P7241335

2階の小屋組みの梁(丸太)を組んでいるところ

P7241340

階段の踊り場(中2階)に、3畳程度の、子どもたちのスタデイコーナーがあります。

その下は、1階の床を下げて、物置にしています。

大人は梁で頭を打つ高さですが。

P7241349

なので、階段を付ける前でも、脚立でラクに2階の床まで登れます。

高所恐怖症の私にも、施主さんにも登りやすくてうれしい。

リビングの吹抜けから見える化粧梁は、Dボルト使用。(黒く見えるボルト)

P7241350

登り梁が組まれています。

P7241363

木の国美作ネットワーク会員工務店さんなので、看板取り付け中。

私も設計事務所で会員です。

P7241366

垂木を取付けています。

45×105で、少し大きめの垂木です。

P7241386

リビングの吹抜けを西から東面を見たところ。

屋根勾配がそのまま天井勾配になります。

P7241415

野地板を並べて、釘を打っています。

P7241452

北面の野地板は打ち終わり

P7241464

本日の大工工事は5時に終了。

大勢の大工さんだったので、仕事がはかどりました。

でも、やっぱり、大工さんってすごい。

P7241470

今度は、早くも屋根屋さんが、下地のゴムアスルーフィングを敷いています。

P7241467

6時前にはこの状態。

P7241472

全部、ルーフィングだけ敷いて今日の仕事終了。

これで いつ雨が降っても大丈夫。

さて、4日後に、施主さん御夫婦、電気工事屋さんと現地にて、電気配線工事などの打ち合わせをしました。

そのときには、もう、屋根瓦葺きは完成していました。

下の写真はそのさらに7日後、打合せで現場へ行ったとき。

P8031321a


いい感じの屋根が出来上がっていました。

瓦は平板です。

強風が吹く地域なので、しっかり留めてあります。

これから、どんどん出来上がって行くのが楽しみです

« 京都トレイル東山コース② | トップページ | 唐松岳の山旅 1日目 »

大屋根の下で子どもを育む家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都トレイル東山コース② | トップページ | 唐松岳の山旅 1日目 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ