最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月19日 (日)

唐松岳の山旅 2日目

2日目の朝です。

残念ながらご来光は見えませんでした。

でも、昨日は見えなかった唐松岳が、小屋からくっきりと。

P8071450

これは、もう一度登らんと・・・

朝食は5:20から

P8071466

味はまあまあ。

泊まったお部屋はこちら。

左下に4人寝ました。

多い時は10人ぐらい寝るみたい。枕がそれぐらいあったので。

私たちは月曜に泊まったので、空いていました。

P8071467

さあ、もう一度山頂へ。

振り返ると小屋が見えます。

P8071475

あんなところへ建っていたんだな

P8071476

足元にはチングルマの綿毛が

P8071477

もう一度山頂

P8071481

雲海が見えます。

向こうの方には日が差しているのに・・・

P8071489

小屋の前から、立山連峰と剱岳が見えるのですが・・・・

イマイチ、雲が取れません。

P8071514

諦めて、下山開始。

どうしても、白馬側はガスが取れないみたい

P8071519

昨日、恐る恐る通った尾根道。

両方、切れ落ちていますが、手すりを設置してあるから、安心です。

P8071521

以外に、危険なところは短かった。

昨日は、あんなに長く感じたのに。

P8071523

あっという間に丸山ケルンへ到着。

P8071528

八方池のそばの第三ケルン

P8071546

昨日より、もっと景色が見えない。

分岐(トイレのある)から、今日は尾根道。

だけど 何も見えない。

P8071548
雨は落ちてないけれど。

山小屋から2時間半で、リフト乗り場に到着

P8071550

霧雨が降っています。

下から上がってくる人たちはレインウエア着てる。

私たちは、暑いから着なかったけど、ゴンドラに乗るようになってから着用。(遅い!)

P8071551
兎平に到着。

スタバがあったので、カフェラテを注文。

P8071555

持参したバウムクーヘンと食べました。

美味しかった~。

P8071554

スタバって、なんであんなにオシャレな雰囲気なの?

隣にはモンベルもあり。

急に下界に降りた感。

ここからゴンドラに乗って

P8071561

10時過ぎには下界に到着。

下は雨は降ってなくて曇り。

バスセンターのコインロッカーに預けてた温泉グッズと着替えを取り出し

目の前の八方の湯へ。

いいお湯でした。

*

その後、バスで5分の白馬駅へ行き、そこから12:26発の松本行きに乗り、JRを乗り継ぎ、特急「しなの」~新幹線で新大阪へ。

さらに高速バスで夜9時前には津山到着。

たった2泊2日の旅(そのうち1泊は車中泊)で、北アルプスの山が歩けるなんて・・・。

短かったけど、良い山旅でした。

2018年8月18日 (土)

唐松岳の山旅 1日目

8月の初め。

どうしてもこの時期、北アルプスへ行きたいので、夜行バス「さわやか信州号」を利用して、今年の1月に山の会に入会したばかりの初心者の彼女を誘って唐松岳に登ってきました。

唐松岳は、北アルプスの五竜岳と白馬岳を結ぶ稜線上にある山です。

でも、ここは、ゴンドラとリフトを利用して、一気に1830mの八方池山荘まで上がることができる、初心者向けの山です。

*

夕方、高速バスで津山を出て、新大阪へ。

そこから、さわやか信州号に乗り、朝6:45 予定より早く白馬村の八方バスセンター着。

そして、ゴンドラに乗って、兎平駅着。(7:45)

P8061207
ひとつリフト乗って、黒菱平からの眺め

P8061216

あの左の奥の猫の耳のような山は、去年近くまで行きながら台風で登れなかった鹿島槍ヶ岳。

右の岩峰は五竜岳です。
P8061217

ここからさらにリフトを乗り継いで、八方池山荘へ(8:25)

P8061223

右手を見ると白馬三山が。上の方は雲に隠れているけれど。

P8061219

尾根道と自然探求路(トラバース道)に分かれていて、私たちは自然探求路へ。

そこは、期待通り、高山植物が満開。

ウメバチソウ

P8061229

コオニユリ

P8061259

多かったのは、ハクサンシャジンとワレモコウ
P8071541

こんな階段を登って行く

P8061250

キバナノカワラマツバ

P8061262

カライトソウ

P8061264

息ケルン着(9:14)

P8061267

白馬三山雲の中

P8061271

本当は見えていればこんな景色らしい

P8061280

顔ケルン・・・違った八方ケルン着(9:22)

P8061273

濃いピンクのシモツケ

P8061287

イワイチョウ

P8061290

八方池についたけれど、ガスで白馬三山の眺望無し。(9:36)

P8061292

でも、池の周りには大輪のタカネマツムシソウが。

P8061305

今まで見たマツムシソウの中で一番大きいかも。

ガスが晴れそうにないので、尾根を登ります。

P8061315

でも、お花は真っ盛り。

P8061317

タテヤマウツボグサ

P8061324

ダケカンバが出てきた

P8061327

カラマツソウ

P8061337
エンレイソウの実?

P8061343
扇雪渓に出ました(11:17)

P8061346

出た!チングルマ!

P8061351

いっぱい咲いてる(通称:お花畑)を見て、初めて見た友人は大喜び

P8061352

丸山ケルン着(12:00)

なんか、だんだん景色が見えてきた

P8061370

もう少し頑張って上に上がると

P8061401a

不帰ノ嶮が見えてきた!

きれい!

私たちには行けない場所だけど。

足元にはタテヤマリンドウ

P8061406
振り返ると登ってきた八方尾根が見ます

P8061407

ここから、尾根道と迂回路に別れますが、迂回路は崩落しているみたいで

尾根道しか行けません。

P8061410

ストックをしまい、恐る恐る三点支持で尾根道を登り、

唐松岳山頂小屋に着いたのは13:35でした。

宿泊手続きを済ませてから、唐松岳は全然見えないけど、明日の天気もわからないからまず山頂へ。

小屋から20分です。

その手前にコマクサがいっぱいありました。

P8061412

山頂はガスで何も見えなかったけど、14:30着。

P8061435

つがいの雷鳥が!

P8061431
P8061432
雷鳥って、本当に天気が悪い時に出てくるんだね。

私は3回目だけど 友人は初めてで喜んでいました。

小屋の手前のトウヤクリンドウ

P8061445

そして、5時から晩ご飯。

600円のビールで乾杯。

P8061449

8時過ぎには就寝しました。

                     2日目へ つづく

2018年8月 4日 (土)

棟上げ・屋根仕舞い~大屋根の下で子どもを育む家

7月下旬。

快晴ですが猛暑の中、大屋根の下で子どもを育む家の棟上げでした。

P7191321
これは、棟上げ3日前に現場へ行ったとき。

土台敷込み~床下断熱材を入れながら、構造用合版を敷きます。

平成28年度の断熱基準をクリアしていますので冬暖かく、夏、涼しい家です。

高気密・高断熱でサッシも高断熱(高遮熱)。

外皮(断熱)計算をして、エコハウス認定を取りました。(設計審査合格)

なので、構造検査だけでなく、断熱施工の第三者機関による検査もあります。

エコハウスの認定をとったのは、一部の税金が少しお得になるからです。

これは、棟上げ当日。

私が行ったのは 午前11時すぎ。

2階の梁を載せていました。

P7241335

2階の小屋組みの梁(丸太)を組んでいるところ

P7241340

階段の踊り場(中2階)に、3畳程度の、子どもたちのスタデイコーナーがあります。

その下は、1階の床を下げて、物置にしています。

大人は梁で頭を打つ高さですが。

P7241349

なので、階段を付ける前でも、脚立でラクに2階の床まで登れます。

高所恐怖症の私にも、施主さんにも登りやすくてうれしい。

リビングの吹抜けから見える化粧梁は、Dボルト使用。(黒く見えるボルト)

P7241350

登り梁が組まれています。

P7241363

木の国美作ネットワーク会員工務店さんなので、看板取り付け中。

私も設計事務所で会員です。

P7241366

垂木を取付けています。

45×105で、少し大きめの垂木です。

P7241386

リビングの吹抜けを西から東面を見たところ。

屋根勾配がそのまま天井勾配になります。

P7241415

野地板を並べて、釘を打っています。

P7241452

北面の野地板は打ち終わり

P7241464

本日の大工工事は5時に終了。

大勢の大工さんだったので、仕事がはかどりました。

でも、やっぱり、大工さんってすごい。

P7241470

今度は、早くも屋根屋さんが、下地のゴムアスルーフィングを敷いています。

P7241467

6時前にはこの状態。

P7241472

全部、ルーフィングだけ敷いて今日の仕事終了。

これで いつ雨が降っても大丈夫。

さて、4日後に、施主さん御夫婦、電気工事屋さんと現地にて、電気配線工事などの打ち合わせをしました。

そのときには、もう、屋根瓦葺きは完成していました。

下の写真はそのさらに7日後、打合せで現場へ行ったとき。

P8031321a


いい感じの屋根が出来上がっていました。

瓦は平板です。

強風が吹く地域なので、しっかり留めてあります。

これから、どんどん出来上がって行くのが楽しみです

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ