最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 冬晴れの伯耆大山 | トップページ | 大阪・レトロビルを巡る »

2018年4月26日 (木)

設計から地鎮祭まで~大屋根の下で子どもを育む家

昨夏、木の国美作のメンバー工務店さんより、設計のご依頼をいただきました。

ご両親の隣の土地に建てる息子さん御夫婦と3人の子どもたちの家です。

現状は、和風の離れ座敷が建っていましたが、ご家族で住むには狭いし、リフォームでは、耐震性や断熱性に問題がある。

なので、それを撤去して新築されることになりました。

設計は去年の夏からこの冬まで半年以上かかって終了しています。

*

4月の初めに地鎮祭が行われました。

Img_7461

上のお嬢ちゃんたちは、小学校と幼稚園に行ってるので、一番下の坊やのみ参加です。

Img_7463
御夫婦で、お清めされています。

*

既存建物が撤去されたので、別の日に、地盤調査をしました。

P4131111

古い家を建てる前に盛土をしているので 結果が心配です。

結局、地盤改良工事として表層改良をすることになりました。

*

模型を作ったので、現場に置いてみました。

外観はシンプルな切妻で、1階部分は焼き杉板を張ります。

お隣の母屋が純和風建築ですし、地域性も考えて景観に馴染むようモダンな和風にしています。

P4131121

P4131115

P4131123

大屋根を取ったところです。

P4131119

リビングが吹き抜けで、お母さんの希望で、2階に上がる階段の途中に2畳程度のスタディコーナーを作っています。

楽しみですね~

元気な子どもたちの声が聞こえてきそうです。

ステキな家になるように、精一杯、設計・監理させていただきます

« 冬晴れの伯耆大山 | トップページ | 大阪・レトロビルを巡る »

大屋根の下で子どもを育む家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬晴れの伯耆大山 | トップページ | 大阪・レトロビルを巡る »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ