最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 設計から地鎮祭まで~平屋風片流れ屋根の家 | トップページ | 設計から地鎮祭まで~大屋根の下で子どもを育む家 »

2018年2月25日 (日)

冬晴れの伯耆大山

先週の日曜。

山陰ではめったにない冬晴れの中、みまさか山の会の仲間8人と大山へ登ってきました。

実は、私はスノーシュー登山はするけど、本格的雪山登山(アイゼン、ピッケル使用)は、初めて。

雪山に登り始めて10年以上経つけれど、自分には無理だと思っていました。

でも、ある人から「今、登っておかないと一生登れないですよ!」ということばに背中を押され、挑戦することにしました。

その日は朝から快晴。

博労座駐車場 8:20発

登山口に向かうときから、山頂までキレイに見えていました。

P2181141

ところが、ここで、私のオスプレーのザックの右肩ベルトの下部がプッツリと切れてしまったのです。

すると、同行者がワカンを留めていたベルトで応急処置をしてくれました。

でも、夏山登山道をしばらく歩いていると、もう片方の肩ベルトの下も切れてしまい、今度はリーダーが細引きで応急処置をしてくれました。

ふたりのおかげで登山を断念しなくて良かったのです。感謝

ザックの肩ベルトが切れるなんて、聞いたことがないけど、応急処置できるものを持ってないと、下手すれば命取りですね。

そんなことをやってるのうちに先頭グループはどんどん先に行って離れてしまいました。

でも、景色は、息を呑むほど美しいのです。

立ち止まって写真を撮らずにはいられないし、「感動タイム」も必要!

夏山道を歩いていると、樹間にだんだん三鈷峰が見えて来ました。

P2181146

回りのブナは樹氷をまとって美しい。

P2181147

振り返ると、遥か彼方に日本海が見えます。

P2181149

青い空に凛々しい三鈷峰。

左奥に小さく見えるのは甲ヶ山でしょう。

P2181165

こんな斜面を登って行きます。

斜面が急になったのでアイゼンを装着しました。

P2181170
どんどん、登ります。

だんだん、木が少なくなってきて、低木は雪の下。

P2181178

もうすぐ六合目の避難小屋です。

スキーやスノボ担いで登ってる人もたくさんいます。

こんな天気の中を滑れば、最高の気分でしょう。

Dscf1445

それから、別山や北壁を登攀している人たちも。

P2181197

右の方の黒い点点が人なんですよ!
P2181183
六合目着。

P2181190

たくさんの人が休憩したり、ワカンつけたり・・・

小屋は半分埋まっています

左へ目を転じると・・・

P2181191

遮るものが何もありません。

三鈷峰が目の前に迫ってきます。

Dscn3035

そして、さらに上へ・・・

P2181200

弥山の山頂が見えてきたようです。

急傾斜なので、アイゼンを階段状になった足跡に蹴り込んで進みます。

雪は柔らかいので、ピッケルではなく、ダブルストックで大丈夫のようです。

右手を見れば、島根半島と弓ヶ浜がきれいに見えます。

P2181204

合標にエビの尻尾が・・・

P2181210

後、少しです。

P2181212

九合目の合標

P2181216

ここを過ぎると、傾斜が緩やかになって、木道が出てきます。

といっても、桟木が見えるけどほとんど雪に埋まっています。

いつもなら、冬、ここはたいていガスの中でなだらかなので、迷いやすいそうです。

アイゼンが桟木に引っかかりそうになるので、慎重に歩きます。

P2181217

振り返ると、弓ヶ浜がくっきり。水平線も見えます。

P2181218
頂上小屋が見えました!

P2181219

やった~!

12:12登頂できました。

山頂から剣ヶ峰方向を見ると・・・

結構、縦走している人もいます。

夏は縦走禁止だけど、冬は(晴天で技術があれば)大丈夫のようです。

P2181224

なんて、素晴らしい景色!!

しばらく見惚れるけれど、お昼なので、絶景を見ながらランチをいただきました。

その後、集合写真を撮るために、弥山へ

P2181226

最高の気分です!

戻って、みるとゴーグルをつけて山のウエア着たワンコが・・・

P2181238
福岡から来たそうです。

烏ヶ山もくっきり。その左奥は蒜山三座でしょう。

P2181240

12:57、下山開始。

P2181244
山頂小屋は上から見ると、雪の吹きだまりの中に埋まっていますが

下から見ると、1階から入れるようです。

P2181247

大きなアイスクリームのような景色の中を下山します。

P2181249

水平線が見えます。

大山(山頂)よ、さようなら。

P2181253
やっぱりキレイ。

六合目まで降りてきて見上げると・・・太陽が輝いています。
P2181260

今度はここから、アイゼンをわかんに替えて元谷に下ります。

いつもはスノーシューなので、ワカンは初めて。

Dscf1520
でも、しばらくすると慣れました。

スノーシューと大して変わらないし、スノーシューより軽い。

ふわふわ雪なので、転んでも痛くないし、と~っても楽しい

14:30元谷到着。元谷小屋が見えます。

P2181266

ここで集合写真を撮って、さらに大神山神社へ。

P2181271

雪に埋まる大神山神社です。

石段は滑り台のようになっています。

でも、スキー、スノボ禁止と書いてあるもんね。

ここを滑られると、歩く人にはもっと滑りやすくなりますから。

P2181270

慎重に歩いて、博労座駐車場へ。

15:30解散で、私たち温泉組は豪円湯院で汗を流し、大きな豆乳ソフトクリームでしめて、冬の大山登山を終了しました。

最高の天気で最高の雪山登山に大満足でした!

ところで、オスプレーのザックは帰ってからメールでメーカーに問い合わせし(文句を言い)返事が来たけれど、ベルトが切れる不具合はリコールの対象で、製造番号とかチェックしたら、無償で現行品の新品交換となりました。(早く、言って欲しかった!)

めでたしめでたし

« 設計から地鎮祭まで~平屋風片流れ屋根の家 | トップページ | 設計から地鎮祭まで~大屋根の下で子どもを育む家 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

雪山大山登頂おめでとうございます。
雪山は天候と体力、装備の三拍子が重要な
ようですが、今回は手際よいリカバリーでの
登頂、ベテラン揃いですね。
当方は土曜日に美作へ遠征しセツブンソウ
明日はお休みを頂き、スキーとスノーハイク
で雪遊びです。

ま、私以外はベテランです。
私は会員歴は30年超えましたけど、まだまだ未熟者です。
でも、雪はやっぱりキレイで楽しい。
シルベスターUさんもお楽しみください。
私は仕事が多すぎて・・・・・嬉しい悲鳴をあげております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 設計から地鎮祭まで~平屋風片流れ屋根の家 | トップページ | 設計から地鎮祭まで~大屋根の下で子どもを育む家 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ