最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 高知の建築を巡る旅 | トップページ | 快晴の雪の那岐山 »

2017年3月21日 (火)

尾道~鞆の浦 建築見学の旅

3月半ば。岡山県建築士会主催の「尾道~鞆の浦 見学旅行」へ 行ってきました。

岡山駅横を8時過ぎに出発。倉敷経由でまず、尾道へ。
最初に訪れたのが、ONOMICHI U2 ~サイクリストのための複合施設 です。
尾道といえば、しまなみ海道。
全国のサイクリスト憧れのサイクリングロードがあります。
その方たちのための施設なんですね。
P3120633

設計は谷尻誠氏
RC造の港の倉庫をリノベーションしたものです。
なるべく、外観を変えないでというのが 条件だったようです。
P3120635


中は元倉庫の空間を上手く活かしたいろいろなショップが入っています。
P3120637

自転車のメンテナンス屋さんだったり、生活雑貨だったり
P3120640

ワインがずらりと並んだレストランやバー・・・
そしておいしい、パン屋さん。
まるで、日本じゃないみたい。
P3120642

買って食べたパン。すごく、美味しかった!
くるみパンにゆずのピールが入っていました。
地元の特産品のジャムやジュースや、どれもこれも パッケージのセンスが良くて
ちょっと高いですが 思わず、買ってしまいました。
P3130611

右は愛媛産の伊予柑ジュース。
無添加の100%果汁。美味しかった!
左はレモンジンジャーベース。
レモンは広島県産。
炭酸水で割ると、ジンジャーエールに。
お湯で割るとホットジンジャー。
これはまだ、飲んでいませんが、美味しそうだったので!
どちらも税抜き400円でした。
奥は、サイクリストのためのホテルになっています。
P3120643

ここから先は宿泊者以外はお断り。
自転車を部屋に持って入ることもできるそうです。
「自転車に乗らない人も泊まれますか?」と聞いてみたら
OK!だそうです。
奥も見てみたいな~
P3120644


トイレはこんな感じ。
洗面カウンターはコンクリートでした。
なので、水がかかると濡れ色になるけれど 全体的にはいい感じ!
P3120652


外へ出てみるといい天気なので、オープンデッキで皆さん、お茶してました。
海を眺めながら、気持ちの良い風に吹かれて、美味しいコーヒーやパンを食べながらおしゃべり・・・
P3120655
いいなあ。
もっとゆっくりしたかったけど、スケジュールが押しているので、30分でここを後にしました。
次に訪れたのが 福山市にある臨済宗建仁寺派天心山神勝寺 「禅と庭のミュージアム」。
まず、「洸庭(こうてい)~KOHTEI」へ。
P3120666

設計は、名和晃平氏。彫刻家です。
まるで、UFOが降り立ったような建物。
屋根はサワラ材の柿(こけら)葺き。
下部もサワラ材。
P3120675
内部では瞑想体験ができます。真っ暗な中に水のさざ波に光が当たって揺れているのが見えましたが、心構えができてなかったので、30分は長かった
P3120670
そこを出て、境内を歩くと社務所が見えます。
P3120705


これは、藤森照信氏の設計。屋根は茅葺きかと思いきや鉄板を波打たせる加工を施していました。
P3120696

P3120701


藤森氏らしい、自然素材を上手く活かした設計でした。

浜松でも、似た建物を見たことがあります。

またまた時間が押してきたので、昼食を食べるために みろくの里へ。
食事の後は、鞆の浦に向けて出発。
鞆の浦は4回目になりますが、何度来ても落ち着いた町
今回は、「鞆のひなまつり」を開催中
P3120721
以前訪れたときも入った太田家住宅へ
P3120724

P3120783


ここのおひなさまは圧巻でした。

P3120782

夜見たら怖いかも知れない、子供サイズの市松人形たち。

P3120740

蔵の中には、大勢のお雛様の段飾りが何種類もありました。

P3120753

人形の数が多い!
P3120755


御殿がすごい!

P3120760


この精巧さを見てください。
P3120761

この建築模型のすごさと言ったら・・・本当に手が込んでいますね。
内部もすごいです。

P3120762

昔の貴重なお雛様も床の間に。
P3120774

結構、大きいですし、見ごたえがありました。
P3120778

外へ出てのどかな港の景色を見て
P3120723

いろは丸展示館近くのカフェで女性建築士の先輩たちとおしゃべり。
P3120786


その後、バスの集合場所へ。
駆け足だったけど、充実した見学会でした

« 高知の建築を巡る旅 | トップページ | 快晴の雪の那岐山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

建築業は全くの素人です。
人造コンクリートからサワラ材葺き、鉄
五感を楽しませてくれているように思いますね。
でも、日本建築とのコラボ、ありえない組み合わせ
色んな所のヒントかも?

あの、洸庭(KOUTEI)は、まるで万博のパビリオンみたいでした。
シルベスターさんがおっしゃるように、五感で楽しむ、感じる施設かもしれません。
なかなか、面白かったです。
これって、建築物になるの?
中は真っ暗で、避難口は?用途は?採光や換気、排煙は?
と、皆さん建築士なのでいろんな疑問が沸いたようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高知の建築を巡る旅 | トップページ | 快晴の雪の那岐山 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ