最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月15日 (土)

立山~奥大日岳縦走 その2

朝 6:40小屋発。

小屋から見える、朝の神々しい劔岳です。

今日も快晴。

P8080684

こんな尾根道を歩きます。

P8080717

足元は高山植物の花盛り。

P8080721
名前も可愛いウサギギク。 (黄色い方)

P8080718
ミヤマダイコンソウ

P8080720
エゾシオガマ

P8080722
チングルマの実

P8080735
チングルマの花

P8080734
クルマユリ

P8080750
イワイチョウ

P8080767
珍しいピンクのチングルマ。

タテヤマチングルマと言うらしい。

P8080771
タテヤマリンドウ

青と白があるみたい。

P8080769
コバイケイソウ

P8080811
ハクサンフウロ

そんな足元の高山植物を見ながら、どんどん進んで行きます。

P8080778

下を見ると・・・

P8080785

雷鳥平の、今夜泊まる小屋も見えます。

P8080820

立山の全貌も。

昨日、あの尾根を歩いたんだな~。

P8080837
根に猛毒があるホソバトリカブト

P8080840
元気なシナノキンバイ

P8080841

やっと、大日岳の尾根に出て、足元には雪渓。目の前に剱岳。

そこから15分で奥大日岳山頂(2,606m)に到着。

10:30でした。

写真撮影しまくりだったので、ゆっくりでした。

P8080857

山頂から立山方向を見たところです。

元来た道を戻って、分岐をまっすぐ進むと奥大日岳の最高峰(2,611m)

そこのピークも踏んでおきました。

後は、ひたすら歩いて、13:40 今夜の宿ロッジ立山連峰着。

振り返ると・・・

P8080902

どこまでも、青く輝く空。

P8080904

土曜日とあってテント場もぎっしり。

宿についた私たちは、中ジョッキの生ビールを我慢できなくて、乾杯しました。

その、美味しかったことと言ったら・・・

ロッジ立山連峰は源泉かけ流しの温泉があり、(熱すぎて水で薄めてるけど)

私は、まず、そっち。

時間が早いので、散歩するものあり、温泉に入るものあり、昼寝するものあり、と思い思いに各自過ごしました。

夜は、今日も満天の星。

***

最終日は、6:40発で室堂へ。

P8090942

快晴のみくりが池に映る逆さ立山です。

予定よりも1時間以上早くついて、早めのバス+ケーブルカーで下山。

富山市内の美味しい行列のできる回転寿司に開店前に並び、氷見港直送の新鮮なネタにしたつづみ。

P8090982

ネタがプリプリで、超・美味しかったです。

この写真はひとつ少ない。

つい、写真撮る前に食べてしまった。

ブリのアラ汁付き限定20食スペシャルランチです。

そして、北陸道+舞鶴若狭道+中国道経由で無事、明るいうちに帰宅できました。

楽しかった~

立山~奥大日岳縦走 その1

8月上旬。

山の仲間10人で、立山~奥大日岳縦走へ行ってきました。

前日の夜、立山駅到着。

男性は車中泊、女性は駅に一番近い宿へ。

今まで、信州の登山前夜に布団の上で眠ったことはありませんでしたが・・・。

快適でした~

これからは、コレだね

*

翌日、6時過ぎに外(駅前)へ。

6時40分の始発には乗れず、50分の2番ケーブルカーへ乗車。

バスに乗り換え室堂へ。

8:20室堂 出発(登山開始)。

P8070434


快晴です。

実は私は、24年前、縦走したことがあります。

でも、そのときは風雨強く、何も見えず、震えながらの登山でした。

今日は、そのことが嘘のように、暑いぐらいの立山です。

P8070451


雪渓を超えて歩きます。

P8070476

9:15 一の越に到着しました。

あたりは、残雪もたくさん。

P8070479


向こうには、槍ヶ岳も小さく見えます。

P8070500

振り返ると室堂、みくりが池の向こうに明日登る、奥大日岳連山が。

9:25一の越発

P8070507


ここからは、こんな、岩ゴロゴロの道をひたすら登ります。

P8070512

雄山の社務所が見えてきました。

P8070517

あと、一息。

P8070520

10:45着。

山頂付近はたくさんの人。

地元の小学生も団体で登っています。

右奥に見えるのが雄山神社(雄山山頂 3,006m)です。

500円払って、山頂へ行き、お祓いをしていただきました。

P8070528

なんか、神々しい雰囲気です。

これからも、元気で安全登山ができますように!

11:30発で、立山連峰最高峰の大汝山へ。

足元は、岩場に咲く高山植物たち。

P8070537
チシマギキョウ

P8070516

ミヤマアキノキリンソウ

P8070540

トウヤクリンドウ

P8070553


このピークが大汝山(3,015m)です。

11:40着。

雪渓の向こうに黒部ダムが見えます。

P8070560


すごい!

それから、富士の折立~真砂岳経由で前方に劔岳の勇姿がちらりと見えてきました。

P8070558

どんどん歩いて別山(南峰)着14:05

劔沢のテント場が見えます。

P8070603


劔は、残念ながら雲に隠れています。

P8070616


足元にたくさんあったのは、イワツメクサ。

白い小さな花がブーケのように集まって咲いていて、可憐です。

*

ジャスト15:00

劔御前小屋到着しました。

P8070641


小屋の前から、大迫力の劔岳。

実は、こんなに間近に見るのは初めて。

以前、劔沢小屋に泊まったことありますが、雨でまったく見えませんでした。

もちろん、登ったことはありません。

時間が早いので、小屋の前でみんなでビールで乾杯したり

コーヒー飲んだり、おしゃべりを楽しみました。

*

夕食後は、夕焼けと雲海を楽しみに外へ。

P8070651


素晴らしい!!

ちょうど、富山湾の方向です。

夕日が沈んでからも、あたりの空はピンクに染まりました。

P8070666


なんて、幻想的で美しいのでしょう。

はるか、彼方に見えるのは薬師岳と聞きました。

夜も、空は雲が沈んだので、満天の星と天の川、たくさんの星座。

そして流れ星も見ることができました。

2015年8月 2日 (日)

完成しました!~瀬戸内に建つ平屋

瀬戸内に建つ平屋。

ついに完成しました。

P8010564

ちょうど、去年の今頃、私のホームページをご覧になったお施主さんが電話をしてこられました。

初めて、土地を見に行って打ち合わせをしたのが、8月7日でした。

ちょうど1年経ちます。

海に近い、この土地にふさわしいのはどんな家か?

方位や立地条件など、とことん考えました。

着工してから、4ヶ月半。

若く、いろいろなことに力を惜しまない棟梁のおかげで、設計図通り、いやそれ以上の家ができました。

P7310405

玄関です。

大工さん作成の玄関収納。

左はコート掛けで、上部には打倒しサッシ。

ドアも木製で建具屋さんに作成していただきました。

中へ入ると・・・・

P8016573a


丸太の大黒柱。なんという、存在感でしょう。

部屋の中央かつ家全体の中央にあり、しっかりと家を支えています。

基礎は、ベタ基礎ですが、この柱の下部は、独立基礎のように大きくして、他の立ち上がり部分と繋げています。

上部は大きな棟木を支えています。

この家の主役ですね。

でも、ストーブも主役かもしれない。

P7310434


ストーブは、バーモントキャスティング社製。

素敵です!

このストーブがあるだけで、空間が締まりますね。

炉台は高級感があり、掃除もしやすい大理石にしました。

つるっとしているので、雑巾で拭き掃除もできます。

腰壁はイタリア製大判タイルです。

ストーブの右上部には、ストーブの暖かい空気を寝室へも入れるために、横軸回転らんまにしています。

もちろん、ストーブ上部にはシーリングファンも設置しています。

*

ストーブの左手に全開できる木製建具があります。

P8016574a

格子網戸+ガラス戸+内障子ですが、それぞれ、別々に戸袋の中に引き込むことができます。

P7310345


全開すると、こんな感じになります。

こちらのコーナー方向が真南になります。

左手の開口(南東面)だけでは、真冬になったら午後から日が当たらないので、南西面にも開口部を作りました。

広いウッドデッキがぐるっとあるので、リビングが広がったようです。

P7316539a

反対側を見るとこんな感じ。

玄関や浴室、脱衣室の上部はロフトになっています。

大黒柱の向こうは作り付けテーブル付きのカウンター。

P7310381

キッチンとカウンター+テーブルは、大工さん作成。

杉のキッチンです。

天板はステンレス1.2mmのヘアライン仕上げ。(私がネットでオーダーしました)

しっかりしています。

シンクの下は、空間にして、ゴミ箱などを入れられるようにしています。

コンロの下もオープンにして、鍋などがひと目でわかるようにしました。

カウンターの下部は家電収納と、食器収納用の引き出し。

スライドトレイにして、手前には炊飯器、隣がオーブンレンジの置き場です。

P7310453


北面の景色が美しい田園風景なので、透明ガラスにしました。

これは、ブラインドを下ろしたところです。

*

脱衣室には、収納棚とベンチを造り付けにしています。

そばには、手すり兼タオル掛け。

バスタオルや、バスマットもちょっと干せるようにしています。

タオル掛けは手すりになりませんが、手すりはタオル掛けになります。

P7310380

右の棚には、かごを入れ、引き出しのような使い方ができます。

洗面所は寝室の近くに設けたので、ここに洗面台はありません。

P7310423


洗面所とトイレです。

周りは若草色のモザイクタイル貼です。

寝室の手前ですが、ちょうど、ダイニングやリビングからは死角になるので、見えません。

夜、寝室からトイレや洗面が近いので何かと便利です。

P7310441

寝室には、パソコンコーナーも作りました。

右手は大容量の収納。

外へ出ると・・・

手前は、物干しができるように少し目隠しをしています。

リビングや玄関からは見えないので、天気の良い日はここに布団や洗濯物を干せます。

P7310420


そして、リビングのウッドデッキにつながっています。

P7310374


存在感のある、格子網戸。

これがあると、外から中はほとんど見えません。(夜も)

気候が良いときなら、格子網戸だけにして、風を通すこともできます。

P7310398

玄関方向から、見たところです。

台風時の高潮が心配で、基礎を1mあげています。

平屋だけど、床が上がっているおかげで、プライバシーが守られてる気がします。

夕闇がせまり、焼き杉板の外観に灯りがともると、とても雰囲気があります。

P7310514

良い感じ。

お施主さんにも、イメージ通りだと、とても喜んでいただきました。

これから始まる、お施主さんの新しい暮らしが、穏やかで健やかに日々過ごせますように。

まだ、外構やお庭づくりも頼まれているので、まだまだ、終わりませんが、ひとまず、住まいは完成。

ありがとうございました。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ