最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 立山~奥大日岳縦走 その1 | トップページ | 焼き杉板のメンテナンス塗装 »

2015年8月15日 (土)

立山~奥大日岳縦走 その2

朝 6:40小屋発。

小屋から見える、朝の神々しい劔岳です。

今日も快晴。

P8080684

こんな尾根道を歩きます。

P8080717

足元は高山植物の花盛り。

P8080721
名前も可愛いウサギギク。 (黄色い方)

P8080718
ミヤマダイコンソウ

P8080720
エゾシオガマ

P8080722
チングルマの実

P8080735
チングルマの花

P8080734
クルマユリ

P8080750
イワイチョウ

P8080767
珍しいピンクのチングルマ。

タテヤマチングルマと言うらしい。

P8080771
タテヤマリンドウ

青と白があるみたい。

P8080769
コバイケイソウ

P8080811
ハクサンフウロ

そんな足元の高山植物を見ながら、どんどん進んで行きます。

P8080778

下を見ると・・・

P8080785

雷鳥平の、今夜泊まる小屋も見えます。

P8080820

立山の全貌も。

昨日、あの尾根を歩いたんだな~。

P8080837
根に猛毒があるホソバトリカブト

P8080840
元気なシナノキンバイ

P8080841

やっと、大日岳の尾根に出て、足元には雪渓。目の前に剱岳。

そこから15分で奥大日岳山頂(2,606m)に到着。

10:30でした。

写真撮影しまくりだったので、ゆっくりでした。

P8080857

山頂から立山方向を見たところです。

元来た道を戻って、分岐をまっすぐ進むと奥大日岳の最高峰(2,611m)

そこのピークも踏んでおきました。

後は、ひたすら歩いて、13:40 今夜の宿ロッジ立山連峰着。

振り返ると・・・

P8080902

どこまでも、青く輝く空。

P8080904

土曜日とあってテント場もぎっしり。

宿についた私たちは、中ジョッキの生ビールを我慢できなくて、乾杯しました。

その、美味しかったことと言ったら・・・

ロッジ立山連峰は源泉かけ流しの温泉があり、(熱すぎて水で薄めてるけど)

私は、まず、そっち。

時間が早いので、散歩するものあり、温泉に入るものあり、昼寝するものあり、と思い思いに各自過ごしました。

夜は、今日も満天の星。

***

最終日は、6:40発で室堂へ。

P8090942

快晴のみくりが池に映る逆さ立山です。

予定よりも1時間以上早くついて、早めのバス+ケーブルカーで下山。

富山市内の美味しい行列のできる回転寿司に開店前に並び、氷見港直送の新鮮なネタにしたつづみ。

P8090982

ネタがプリプリで、超・美味しかったです。

この写真はひとつ少ない。

つい、写真撮る前に食べてしまった。

ブリのアラ汁付き限定20食スペシャルランチです。

そして、北陸道+舞鶴若狭道+中国道経由で無事、明るいうちに帰宅できました。

楽しかった~

« 立山~奥大日岳縦走 その1 | トップページ | 焼き杉板のメンテナンス塗装 »

登山」カテゴリの記事

コメント

山は別世界なんですね。文句なしに素晴らしいです。私は、地元の熊山は別にして、大学生のとき大山に登ったのが、唯一の山登り体験。そのとき、山頂は霧が出て美しい風景の記憶はまったくありません。姉もしょっちゅう山に登っていますが、写真の趣味がないのか、ただ見せないだけなのか、写真は一枚も見たことがありません。これからも山登りの写真を期待しています。でも、くれぐれも気を付けて。

ありがとうございます。
山はいつ行っても素晴らしいです。
天気が悪くてもそれなりに、足元の高山植物とか・・・。
でも、こんなに好天だと、次はどこへ行こうかと考えるのも楽しい

こんばんは。
ロケーションも最高で自然の造形美と山野草の奥ゆかしさを満喫された
山歩きいいですね。
暑さしのぎで水辺の植物を追っかけていますが
ニョロも居り大変です。

そうなんですよ~
アルプスが恋しくて、忘れられません・・・
水辺(湿原)の植物も素敵ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山~奥大日岳縦走 その1 | トップページ | 焼き杉板のメンテナンス塗装 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ