最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 設計から棟上げまで~大屋根の家 | トップページ | 太い丸太の大黒柱のある家~瀬戸内に建つ平屋 »

2015年3月19日 (木)

設計依頼~プランニング~模型    ~瀬戸内に建つ平屋

昨年の夏。

遠方に住む方からの設計依頼がありました。

私のホームページを見てのご依頼です。

早速、打ち合わせを兼ねて現場へ。

瀬戸内海の海辺から数百mの住宅地です。

穏やかで風光明媚な瀬戸内海。

温暖で雪も降らないし、ゆったりと過ごすのに良さそうな場所です。

だいたい、岡山は災害が少なく、東北の震災以降、関東以北からの移住者がとても多い県です。

プランニングは、土地が45度近く東に振っているので、リビングの掃き出し戸を前面道路(南東)側だけではなく、西隣(南西)側にもつけることにしました。

道路側だけでしたら、午前中しか日が当たらないので。

リビングのコーナー全部が掃き出しの戸で、ここからは、朝から午後3時頃までは日差しが入ります。

また、この戸は、紙貼障子+ガラス戸+格子付き網戸を木製で作り、すべて戸袋の中に収納できるので、全開することも可能です。

その外には広めのウッドデッキも作り、広々した空間が外にも広がります。

Scan0191_2


こんな雰囲気のリビングダイニングです。

このパースにはないですが、中央に棟木を支える大黒柱を立てることにしました。

全体的にはプランは気に入っていただけましたが、寝室の近くにトイレと洗面所を付けて欲しいと言われ、これより少し変更になっています。

そして、秋に基本設計契約をさせていただきました。

12月に地盤調査を行いました。

海に近い場所で、海抜2m。

大昔には、埋め立て地だったようです。

地盤は柱状改良が必要なことがわかりました。

また、ハザードマップで確認すると台風時の高潮被害もあるらしく、近隣の新しい家と同様に50センチ程度の盛土と、基礎の立ち上がりを1mにすることとしました。

年が明けてから、メールと電話と郵便のやり取りで、設計・監理契約を結びました。

P3190252


模型ができました。

外壁は、瀬戸内海附近の民家に多い、本物の焼き杉板を張ることにしました。

住まいは、ご夫婦またはおひとりで暮らしやすい平屋。

玄関は、どうしても階段が必要なので、将来のためにウッドデッキの横に段差解消機をつけるスペースを設けています。

P3190263

中央の丸太の大黒柱を中心とした広々とした、私が「住みたい!」と 思えるようなプランです。

どの家でもそうなんですが、できあがるのを、すまい手より楽しみにしてるかも・・・

工事請負契約も終わり、いよいよ着工です!

工事は、地元に近いところで、若いけれど一から手刻みができる棟梁の工務店にお願いしました。

素敵な住まいの完成を目指して頑張ります!

« 設計から棟上げまで~大屋根の家 | トップページ | 太い丸太の大黒柱のある家~瀬戸内に建つ平屋 »

瀬戸内に建つ平屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 設計から棟上げまで~大屋根の家 | トップページ | 太い丸太の大黒柱のある家~瀬戸内に建つ平屋 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ