最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« ホームページリニューアル! | トップページ | 南九州の山旅~ミヤマキリシマを訪ねて その2 »

2014年6月 4日 (水)

南九州の山旅~ミヤマキリシマを訪ねて その1

5月下旬。

ミヤマキリシマを訪ねて、南九州の韓国岳と高千穂の峰に登ってきました。

九州新幹線のおかげで、津山を6時過ぎに出ても11時過ぎに鹿児島中央駅に到着です。

これは、博多で乗り換えた九州新幹線さくら。

外には、ツバメのマーク。

そっか~。

九州新幹線が鹿児島までつながる前に「リレーつばめ」として走っていた車両なんですね。800系らしい。

JR西日本の「さくら」(新大阪発)とは、全然違います。

Img_5176

内部は4列シートで、シートの貼り地は西陣織、木製の椅子はクスノキ製とか。

内装がシックで豪華です。

Img_5179_3
他の、通路や、サニタリーもゆったりしていて とても素敵でした。

さすが、JR九州です!

気持ちよい車両で、列車の旅も楽しめました。

さて、車内でおいしい弁当を食べて、あっという間に鹿児島中央駅着。

予約していたレンタカー屋さんへ行き、高速利用でえびのICへ。

途中で食糧を調達して、えびのエコミュージアムセンターへ。

Img_5191

そこに駐車して、韓国岳登山口へ。

Img_5193

天気は晴。

こんなに暑い、真昼間から登ることなんて 普通はないけれど。

3日で3つの山に登るのでしょうがない。

14:11出発です。

そこから、本当の登山口まで約15分かかります。

Img_5199

だんだん、高度をかせいで、振り返ると・・・

Img_5210

車を停めたエコミュージアムが見えます。

少し、雲が出てきたけれど、涼しくなってちょうどよい。

Img_5212


標識もきちんとあって、観光客でも迷うことはありません。

さすがジオパークを唱っているだけありますね。

瀬戸内海と同じく 最初の国立公園だそうですし。

5合目にはこんな案内板も。

Img_5217

7合目を過ぎるころから、周りは低木になり

Img_5228


ミヤマキリシマはまだだけど、ミツバツツジがキレイです。

8合目のあたりから、火口の淵には、落下防止の柵が・・・。

Img_5232

景色が、すごくなってきて、飽きません。

Img_5234

外輪山の端っこです。

火口の中をのぞくと・・・

Img_5239

すご~い!!

私たちは夢中で、崖の淵を歩きながら 上へ上へと進みます。

Img_5265

15:55 ついに 韓国岳山頂(1,700m)着。

外輪山の一番高いところです。

Img_5255

外輪山がぐるっと崖を形成しています。

雲が上がって、新燃岳が見えてきました。

Img_5270

高千穂の峰まで縦走路がありますが、2011年の噴火から、立ち入り禁止なんですよね。

見事な眺めを堪能して、下山開始。

Img_5271

大浪池が見えます。

火口池だということが よくわかります。

Img_5281

右手の台形の山が標高1276m

手前の白く見えるのが硫黄岳で 1317m

目の錯覚で、向こうの山の方が標高が高く見えます。

不思議だ・・・。

駐車場到着は 17:40でした。

*

それから、ドライブしながら、霧島温泉郷にある さくらさくら温泉へ。

以外に遠かったな。

硫黄のにおいがする、薄いブルーの濁り湯で、日帰り入浴は700円。

木立の中の露天風呂あり、美肌に効く泥パックありで、本当につるつるになるんです!

もっとゆっくり 美肌を追求したかったけど、今夜はテント。

早く行かないと日が暮れてしまう。

さっさと出て、お酒とつまみを調達するために、霧島神宮境内の食料品店経由で高千穂河原へ。

日はとっぷりと暮れてしまいましたが、暗闇の中でヘッドライト頼りにテントを張ります。

水洗トイレもあるし、避難豪のトンネルがあり、雨が降ったらこのなかへテントを引っ張って行けばいいかも・・・。

これは、翌朝の写真です。

Img_5300

今夜の夕飯は、スパゲティミートソース。

そして、ビールのおいしかったことと言ったら・・・

始めたのが遅かったので、10時頃までしゃべって就寝。

でも、私はまたしても 寝付けず、12時ごろ車に避難。

駐車場なので、他の車のひそひそ声や、何かわからないケモノの鳴き声がずっと続いて、にぎやかなんです。

やっと眠ることができました。

                   ・・・つづく

« ホームページリニューアル! | トップページ | 南九州の山旅~ミヤマキリシマを訪ねて その2 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームページリニューアル! | トップページ | 南九州の山旅~ミヤマキリシマを訪ねて その2 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ