最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月21日 (水)

ホームページリニューアル!

先週の土曜日、以前から行きたかった フィールドオブクラフト倉敷 へ行ってきました。

それで、この写真のコーヒーカップを購入。

Img_5154

このカップ 。

飲み口が微妙に低くカーブしていて

しかも スタッキングできるのです。

Img_5142

一目ぼれして、二つも買ってしまった。

事務所でお客様に出すのにも良いし。

それで、この作家さんのうつわが、とても洗練されてて素敵だったので、彼のホームページをのぞいていたら、無料で ホームページを作成できることがわかりました。

で、早速、私のホームページを作ってみました。

以前から、あったのですが、もう5年ぐらい経つし、最近触ってなくて 時間があるときに作り変えたいな、と いつも考えていたのです。

それで 日曜日から、2~3日。

空いた時間でできてしまいました。

ぜひ、みなさん、のぞいてみてくださいね。

このブログの左下のバナーをクリックすると 現れます。

では、よろしく お願いします。

2014年5月 9日 (金)

西赤石山のアケボノツツジ

GWに山の仲間4名で、愛媛県の西赤石山へ登ってきました。

津山を昼前に出て、途中、さぬきうどん食べたり、美術館へ寄り道したりしながら・・・

今夜はテントなので お風呂へ入れないから温泉へも行き、スーパーで買い物。

登山口の東平(とうなる)駐車場に着いたのは、6時半頃でした。

*

今回、お目当てのアケボノツツジはまだちょっと早いかな?と思っていたんですが、駐車場から見上げると・・・

Img_4840

咲いてますねえ!上の方。

山頂付近はどうかわかりませんが。

夜はテントで、豆乳鍋の宴会。

新居浜市の夜景や、降るような星空も見ることができました。

星があんまりきれいなので眺めていたら ちょっとの間に流れ星2個も見てしまった!

*

5時起床。気温5℃

昨夜は寒くて、1~2時間しか眠れなかったけれど、なぜか 元気です。

朝食を済ませ、出発は6時55分。

この東平付近にも、別子銅山の遺構があちこちにあり、新緑の中写真撮りながらゆっくり進むので、なかなか前に進めません。

広々とした場所に出ました。

ここは、東平の採鉱本部跡だそうです。

Img_4853

この近辺にも、トンネル状の遺構があったり

Img_4854

変電所だったレンガ造りの建物があったり

Img_4865

なかなか、飽きさせません。

Img_4868

ここから、本格的な登山道になります。

Img_4869

しばらく、石を並べた昔の道を歩きます。

Img_4879

Img_4882

ジグザグの道をしばらく登ると、明るくなってきました。

周りには、ミツバツツジがたくさん。

Img_4888

登山口から、1時間20分で 銅山峰ヒュッテへ着きました。

Img_4898

趣のある小屋です。

避難小屋かと思っていたら、ちゃんと管理人もいるし、1泊2食付きで泊ることもできます。

周りには、ヒカゲツツジ?がいっぱい。

左のピンクはミツバツツジです。

Img_4897

東平にもたくさんあった、薄黄色の花です。

下の写真は東平で撮ったものです。

ヒカゲツツジとシャクナゲの区別がよくわからない・・・。

シャクナゲなのかなあ?

Img_4859

銅山峰ヒュッテから 約40分で 銅山越に到着。

Img_4912

ここにも、こんな遺構が。

周りは開けていて、眺めが良い。

しばらく休んでから、出発。

だんだん、アケボノツツジも現れてきました。

Img_4922

西赤石山(1626m)山頂着  11:20

Img_4936

遠くに石鎚山が見えます。

東の空には水平の虹 環水平アーク。

初めて見たけど、すごくきれいでした。

写真も撮ったけど うまく撮れてなかったので・・・

 

*

さて、山頂付近のアケボノツツジはまだ。

来週が見ごろかな?

集合写真を撮ってから、北西方向~兜岩経由で下山に向かいます。

Img_4949

下の方にはいっぱい咲いているのにな。

途中には、咲きかけのアケボノツツジが・・・

Img_4954

大きな岩を四苦八苦しながら越えていたら、分岐を行き過ぎたみたいで 下の方から道に迷った人たちが上がってきます。

Img_4956

私たちも、少し戻って、本来の下山道を見つけました。

ここで 時間を30分ほどロス。

順調に下っていたら、アケボノツツジのビューポイントが!

Img_4962

見事です。

遠くから見ると桜みたい。

Img_4973

近くから見ても、かわいいピンク。

Img_4966

もっと間近で見ると、かわいいけど、よくあるプラスチックの桜の造花みたい。

Img_4971

これが、全山覆い尽くすと、どんなにきれいなんだろうか?

と思いながら下山していると、今度は右手に・・・

Img_4977

ワ~ッ!!すごい!!

ちょっと、遠かったですが、すごい群落でした。

これが、駐車場からも眺められた群落かもしれません。

いえ、昨日見たときより、もっとたくさん咲いているような。

これを見たら、もう、思い残すことはありません!

それから、ただひたすら下って、下山は3時でした。

*

降りてみると観光客で駐車場は、いっぱい。

車があふれていて、下山の道路は狭いので、交互に一方通行になっていました。

幸い、私たちは、下山の時間に当たり、すいすいと降りることができました。

マイントピア別子にも寄りたかったんですが、これまた駐車場がいっぱいで、あきらめました。

それから、新居浜市内で温泉入浴し、瀬戸大橋を通り、心配していた渋滞にもほとんどかからず無事帰宅することができました。

西赤石山は山頂付近はまだでしたが、期待通りのアケボノツツジが見られ、満足の山旅となりました。

2014年5月 1日 (木)

WEB内覧会②~越屋根の家

ダイニングキッチンです。

Img_3005

12帖大ですが、2間続きの和室にも続いているし、リビングにもつながっています。

また、サニタリーの集まってる廊下を経由して 寝室にもつながっています。

キッチンはクリナップ製。

Img_3012

天井は屋根裏がそのまま見えています。

といっても、他の場所も同じなんですが、屋根の上で外張り断熱になっているし、空気層+棟換気もありますので、外気の暑さ寒さの影響は受けにくくなっています。

正面の板は、シオジ合板ですが、引き戸の戸袋を兼ねていて、ここにレンジや炊飯器などの家電収納+食器棚を置く予定です。

右上の障子がロフトへの通気のためのものです。

*

キッチン~リビング~寝室をつなぐ廊下です。

P3195556

窓がないので、ここに、小屋裏物置きの屋根のトップライトをから、床の格子を通して光を取り入れています。

左の棚はオープン収納になっていますが、その前にロールブラインドで目隠しをするようにお勧めしています。

ここは、日用品等のストックに重宝すると思います。

通路を広めに取っていて、将来の車いすになった場合でも楽に通れるようにしています。

正面の引き戸が寝室の入り口ですが、寝室から、洗面や浴室は隣接していて、リビングを通らなくても、お客様がいても下着のままで移動できます。

トイレも手前にあります。

キッチンへも3mほどで行けるので便利だと思います。

*

次はトイレ。

P3195559

一般的なトイレよりも幅を広くしています。

もちろん、入り口は引き戸。

床は、コルクタイルとハイドロテクトパネルです。

*

洗面・脱衣室は、一般的なものです。

P3195560

床はコルクタイル、壁は桧板張り。

ただし、洗面台の右手の壁は戸袋にして、キッチンパネルを張っています。

ここは、洗面台でシャンプーするときに、水や泡が散って壁が汚れるのを防止しています。

(汚れてもすぐ拭ける)

*

お風呂は一般的なユニットバスです。

天井の点検口から、システム換気扇を見ることができます。

*

寝室です。

P3195553

床は、木材の中で一番温かい杉。

智頭の杉の厚さ30mmを使用しました。

右手の引き戸はクローゼットへ。

P3195554

*

寝室からは、ウッドデッキに出ることができます。

P4015680

ここは、玄関からは見えにくい場所ですので、布団干しや、雨の日の洗濯物干しに最適。

手前の床にあるガラリは、基礎断熱のため、通気口を取り付けています。

Img_3401

折りたたみ式の物干し金物(アルミダイガスト製)をコーチスクリューでしっかり取り付けてもらいました。

*

玄関ポーチです。

庇がずっと伸びています。

ウッドデッキの上にも深い庇があります。

P4015735

南西から見た外観。

P3195617a_2

落ち着いた佇まいになっています。

庭師である娘婿さんが、素敵な庭とアプローチを計画中だそうです。

緑が入ると、もっと素敵になるんでしょうね。

Img_3400

ウッドデッキがお気に入りのワンちゃん。

ここのウッドデッキに腰かけて、来客者といろいろ話ができて良い、とご主人。

障子を通した光で、夜景が素敵なんですよ~と奥様。

建物は土壁に外張り断熱。

基礎断熱も施工。

そして、システム換気。

内装は漆喰に無垢のフローリング(栗と杉)で、自然素材にこだわっています。

*

ご家族が気持ちよく、快適に暮らせる住まいが完成しました。

ご家族皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ