最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 完成!~高台の平屋 | トップページ | 平屋の家  設計コンテスト »

2013年12月29日 (日)

仕上げ工事~越屋根の家

ずいぶん、寒くなってきました。

今朝なんか、津山はマイナス5度でした。

*

越屋根の家ですが、11月7日のブログに大工工事ほぼ完了と書きましたが、実はその後、左官工事が大幅に遅れ、仕事に入れたのが12月。

この寒さで、土壁の家は、乾きが悪く、年内完成は無理になってしまいました。

お施主さまには、お正月に入ることをとても楽しみにしておられたのに、本当に申し訳なく思います。

*

でも、それ以外は、着々とできていて、2階に上がってみました。

Img_0746

小屋裏物入れです。

先日ご紹介した、ガラス瓦のトップライトで、北面の屋根についています。

真下の床は、その光を階下の廊下に落とすための格子。

天井は低く、立って歩くことは無理ですが、なんか、落ち着いた空間です。

Img_0754

越屋根部分のロフトから見るとこんな感じ。

右手が小屋裏物入れ。

左手は、リビングの吹抜けになります。

Img_1289 

ほれぼれするほど美しい桧の建具がつきました。

これは、全開することができます。

手前には、障子も建ちます。

タルキは化粧で大きい。

モヤをたくさん入れたくなくて、1間飛ばしにしています。

Img_1541

ここは、玄関。

内部間仕切り壁は土壁ではなくて、プラスターボード下地ですが、漆喰塗の下塗りをしています。

頭の上の開口部はロフトで、障子がつきます。

つまり、夏はここを開ければ、ロフトの換気窓へ、風の通り道になります。

Img_1549

桁より下は土壁で、まず、下塗りをしています。

これが、なかなか 乾きません。

Img_1529

システムキッチンがつきました。

Img_1566

西南方向から見ると、屋根が3段になっていてカッコイイ

Img_1738

土壁が徐々に乾いています。

Img_1990

薪ストーブの炉台ができました。

床は大理石。壁は、イタリア製の大判タイルです。

シックで素敵です。

Img_2003

薄塗り部分の漆喰仕上げ塗りをしています。

左手に見えるのは、ロフトの窓。障子が入ります。

ここは、キッチンなんですが、玄関~ロフト~キッチンと 風が抜けます。

そして、上の換気窓へ。

Img_1993

玄関の御影石が貼れました。

下駄箱がつきましたけど、建具がまだ。

衛生器具(便器や洗面台)も、ついています。

照明器具は半分ぐらいついています。

でも。

土壁が乾かない。

残念ながら、2月末でないと上塗りができないと、左官さんに言われました。

それができないと、木製建具も入れられない・・・

***

年が明けたら、大工さんといっしょに養生を上げて掃除をしたり、上部の換気窓を開けたり・・・

私にできるところを努力します。

直営工事(部分発注)なのですが、大工さん任せというわけにもいきません。

全体を請け負っている建設業者がいないので。

頑張ります。

« 完成!~高台の平屋 | トップページ | 平屋の家  設計コンテスト »

越屋根の家(土壁で外張り断熱の家Ⅱ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 完成!~高台の平屋 | トップページ | 平屋の家  設計コンテスト »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ