最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 竹小舞かき~越屋根の家 | トップページ | 土壁の表側塗り~越屋根の家 »

2013年6月26日 (水)

古民家再生リフォーム~撤去工事

築130年経った古民家再生リフォームが始まりました。

このお宅は、約10年前に、離れのリフォームの設計をさせていただいたのがご縁で、今回、息子さんが古民家再生をされることになり、ご相談を受けました。

この家に住まれるご家族は、30代のご夫婦と4歳と0歳の元気な男の子たち。

そして、90歳とは思えないぐらい元気で素敵なひいおばあちゃん。

ご両親は、隣の離れにお住まいです。

Img_6720

茅葺屋根の家なのですが、天井から降りてくるハシゴを使って上がった2階は、物置として使われていました。

立派な梁がたくさん。

大きな長持ちが4つ。古いタンス・・・・。

代々のお嫁入り道具でしょう。

裏の縁側の鴨居の上には、番傘が・・・

Img_6243

ひいおばあちゃん曰く「私が嫁に来た時からあるよ・・・」

すご~い!!

*

ダイニングキッチンや水回りは30年ほど前にリフォームされていましたが、天井を張り、小屋裏は見えませんでした。

でも、ここに、素晴らしい小屋組みが隠されているに違いない!

Img_6633

この、玄関の上の胴差し。

H=600以上、ありました。大きい!

大工さんに、和室の柱の傾き具合を調べてもらいましたが、130年も経っているのに、3ミリ程度しか、傾いていませんでした。

それは、たぶん 立派な差し鴨居のおかげでしょう。

Img_7296

この、ガラス障子の上の鴨居が差し鴨居。

各部屋にはすべて、H=360以上はある差し鴨居で、囲まれ、柱も、大黒柱2本、通し柱も150ミリ角~130ミリ角。

このおかげで、阪神大震災のとき、震度4だったそうですが、ほとんど狂いがないのでしょう。

すごく、しっかりしています。

*

さて、撤去工事が始まりました。

撤去する部分は、ほとんど30年前に新建材(合板やクロス等)でリフォームした部分。

ダイニングキッチンも天井を取ると、予想通り、素晴らしい梁が現れました。

Img_8311

これを、見せたい!

2階の物置だった場所も、ロフトとして、部屋に使いたいというご希望で、そのために、トップライト(天窓)をつけて明るくしたいのです。

でも、真上は、茅葺屋根なので、トップライトを付けることが難しく、周辺部の瓦葺き部分につけ、障子を建て、間接的に採光しようと考えています。

*

撤去工事が進むにつれ、予想外のことも起こり、プランの一部変更もせざるを得ませんでした。

古い建て物は、シロアリの被害や腐れ、キクイムシ等様々な痛みがあります。

それらを、交換したり、補修したり、補強したりしながら、さらに100年以上もつ家を作って行きます。

Img_8290

昨日は、地盤調査も行いました。

特に地盤に問題はなく、良好な地盤でほっとしました。

***

現代の生活に合ってない部分を改修し、断熱材をしっかり入れ、寒くない住まいへ。

なるべく、自然素材を使い、合板やクロス仕上げを最小限にとどめ、古い建具もできるだけ使って行く。

古民家は、新築にはない「趣」や「味」そして、先祖代々の「思い出」があります。

それを生かし、子どもたちが、大人になって、お父さんになって、おじいちゃんになっても住み継ぐことのできる、家族を見守ってくれる住まい。

そんな住まいに再生するよう、がんばります。

« 竹小舞かき~越屋根の家 | トップページ | 土壁の表側塗り~越屋根の家 »

古民家再生~4世代で住み継ぐ家」カテゴリの記事

コメント

これから100年も住める家に再生とは感激です。よろしくお願いします。

がんばります!

立派な 構造材。

垂直誤差3ミリとは・・・ 職人の技量が出ていますね。

番傘もいい感じ。

ぜひ見学させてください。

そうなんですよ。
良い材料で本気で作れば、130年経ってもビクともしませんね。
問題は足元かな?もう少し進んでから おいでください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹小舞かき~越屋根の家 | トップページ | 土壁の表側塗り~越屋根の家 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ