最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 計画から棟上げまで~オープンキッチンのある家 | トップページ | 古民家再生リフォーム~撤去工事 »

2013年6月14日 (金)

竹小舞かき~越屋根の家

さて、昨日から、越屋根の家の小舞かきが、始まりました。

材料の割竹です。

Img_8175

それを、シュロ縄で編んでいきます。

Img_8178

5年ほど前、体験でやらせてもらったことがありますが、難しかった。

どうして、縄の片方が巻いたまんまなのに、竹の中に通せるのか不思議でした。

Img_8180

外壁の角部分には、ホールダウン金物を、取りつけてなかったので、今日私が持って行って大工さんにつけてもらい、すぐ、小舞いを掻いてもらいました。

Img_8165

どんどん、できています。

これにつける土は、現場の空き地で熟成中。

Img_8004

道板を四角に囲んでブルーシートを敷いて、その中に泥コンを投入。

藁を切って混ぜて、水をかけ、時々練っています。

これは、土が乾かないように、その上にさらにメッシュのシートをかけています。

以前にもやったことがありますが、こうすると、発酵して 力のあるとても良い土になります。

ものすごく臭いけれど。

今は、まだ、あまりにおわないので、まだ 発酵が進んでないようです。

土壁の強度は、土で決まるので。

*

先日、大工さんとサッシ屋さんと、サッシのサイズを確認・検討しながら最終決定したので、今日は大工さんが 外部の敷居・鴨居を入れてくれていました。

その後、左官さんがその部分に小舞いを掻いて行きます。

土壁の家は、ゆっくりじっくりできて行きます。

正に、スローハウスですね。

*

屋根は大タルキ(化粧)の上に化粧野地板。

その上にフェノバボード(フェノール樹脂)50mmを載せ、その上にタルキ、(これが通気層)その上に荒野地板を打ち、瓦を葺いています。(まだ、葺き止めや棟は未完成)

屋根が、一般的な家に比べて2重になっています。

次世代省エネ基準の断熱性能の予定です。

Img_8036

屋根の外張り断熱のおかげで、まだ外壁ができてないのに、とても涼しいのです。

奥様も「ここへ来ると涼しいわ~。」と、何度も言われました。 

既存の住まいが隣にありますが、その住まいは断熱材も、たぶんグラスウール50mm程度で、土壁でもないせいかとても暑い。(今日は最高気温31度でした。)

軒天の化粧野地板も少しすき間をあけて、通気層の空気の取り入れ口を作っています。

Img_8033

すき間には、虫が入らないように ステンレスのパンチング打ち。

(壁に近い)奥のすき間は、外壁の通気層を屋根の通気層とつなげるところなので、ここにはメッシュは入れていません。(外壁の下部の水切りにメッシュを入れるので)

瓦の棟の下には棟換気も入れる予定です。

そんな工夫をしながら、着々と進んで行ってます。

« 計画から棟上げまで~オープンキッチンのある家 | トップページ | 古民家再生リフォーム~撤去工事 »

越屋根の家(土壁で外張り断熱の家Ⅱ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 計画から棟上げまで~オープンキッチンのある家 | トップページ | 古民家再生リフォーム~撤去工事 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ