最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 木材利用エコポイントの疑問(不満!) | トップページ | シャクナゲ満開の屋久島(宮之浦岳縦走) »

2013年5月27日 (月)

棟上げ~越屋根の家

今日、西日本は梅雨入りしてしまいましたが、この前の土曜日は五月晴れ。

越屋根の家の棟上げでした。

9時20分ぐらいに行ったのですが、1階の柱はだいたい、建っていました。

ほぼ平屋の家なんですが・・・。

Img_7607

全部手刻みなんですが、棟梁がこだわってオリジナルの仕口をしているところも一部あり・・・(前回のブログで紹介)

施主がおられない、と思ったら、下で作業を手伝っておられました。

作業服で地下足袋なんで わからなかった・・

表の桁は、3本をつないで 端から端まで13mぐらいになるので、まず下でシャチを入れ・・・

Img_7612

金輪継ぎかな?と思ったら 尻挟み継ぎでした。

それを1本にして吊りあげ・・

Img_7617

Img_7621

1番南の桁になります。

Img_7634

今度は、その桁と通し柱をつなぎます。

通し柱は135ミリ角なんですが、欠き込がなるべく少なくなるように 棟梁が工夫してくださいました。

Img_7640

反対側も慎重に打ちこんで・・・。

Img_7673

次々に組み上がって行きます。

今、吊りあげているのは、2階(越屋根)の桁。

Img_7678

どうして、大工さんは、あんな高いところをスイスイ歩けるの?

カッコイイな~

Img_7689

2階の登り梁が入りました。

これも、カッコーイ~

*

夕方5時過ぎ。

だいたい、棟が上がったので、上棟式をしました。

Img_7724

棟梁が、裏に、私の名前と棟梁の名前を書いてくださいました。

これが、棟に取りつけられ、100年ぐらい後(?)まで、作った人の名前がわかるんですね。

Img_7732

2階ロフトの上に道板を敷いて、棟梁が祝詞をあげ、皆さんで拝まれました。

私は「女性は、上がっちゃいけないんですよ~」とか言って お断りしました。

だって 高いところは怖い。

床がもっとしっかりしないと、上りたくないです。

この写真は、足場から撮りましたけど、足場には階段も手すりもちゃんとありますから。

*

周囲の水田には水が張られ、建てたばかりの家も映っていました。(この写真は4時頃)

Img_7703

思い描いた設計通りの家ができますように頑張ります。

Img_4434

工事が無事、終了し、この家に住まれるご家族のご健康と、ご繁栄を心からお祈りいたします。

« 木材利用エコポイントの疑問(不満!) | トップページ | シャクナゲ満開の屋久島(宮之浦岳縦走) »

越屋根の家(土壁で外張り断熱の家Ⅱ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 木材利用エコポイントの疑問(不満!) | トップページ | シャクナゲ満開の屋久島(宮之浦岳縦走) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ