最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 大山みち(古道)歩きと山菜天ぷらハイク | トップページ | 木材利用エコポイントの疑問(不満!) »

2013年5月 9日 (木)

大工さんの手刻み~材料検査

GW明けの7日は、施主と棟梁と3人で、縁側の前に設置する靴脱ぎ石を探しに行きました。

基礎には、4月初旬からかかっていますが、べた基礎の場合、最近は犬走りのコンクリートを後打ちすることが多いのですが、ここもその予定でした。

でも、よく考えてみたら、南面には、独立柱が多く、独立基礎が並びます。

しかも、大屋根(瓦屋根)の荷重も受ける、独立柱になります。

そこで、犬走りも独立基礎と一緒にコンクリを打って、一体化し、より強くすることにしました。

それで、縁側の前の靴脱ぎ石を、犬走りのコンクリ打ちの前に設置することになったので、いそいで探しに(買いに)行ったのです。

津山市内の造園屋に行こうと思って電話したら、最近は和風の家が少ないので、以前のようにたくさん置いてないとのこと。

それで、大工さんの紹介で佐用の造園屋に見に行きました。

でも、納得できるものがなく、今度は西粟倉村の土建屋さんの石置場へ。

たくさんあるのですが、なかなか「帯に短し、たすきに長し」ということで 選ぶのに苦労しました。

やっと決まって、ついでに 乗って行った2tダンプに載せてもらいました。

*

その途中に、大工さんの作業場があり、途中経過の刻みを見せていただきました。

実は、4月の初めに木材が入った時点で、材料検査を施主とともに行っています。

そのときの写真がこれです。

Img_6991

土台の刻みはほぼ終わっていました。

腰かけ鎌継ぎですね。

腰かけ蟻継ぎもあります。

プレカットと違って、仕口は、角です。

Img_6993

横架材も入っていましたが、丸太梁はまだです。

これらは、まだ 刻んでいませんでした。

1ヶ月経った昨日は、もう、横架材のほとんどの刻みが終わっていました。

中には、あまり見たことがない仕口も。

仕口の名前を聞いておけば良かった・・・。

Img_7399

この上と下が、一体になるのです。

込栓の穴も開いています。

Img_7405

それから、上のほうに見えているのが、金輪継ぎ。

棟上げが終わってしまえば、表には一本の線が見えるだけです。

ですが、中はこ~んなに複雑。

写真では、わかりにくいかもしれませんが。

*

大工さんの頭の中はどうなっているんでしょう?

複雑な仕口を、図面も描かずに、適材適所に作っていけるなんて。

軒先とか、わかりにくい個所は、作業場の床に原寸図を描いて検討されていました。

これは、前回、4月の初めの検査時にはありました。

Img_7003

昨日は、立派な丸太も来ていました。

Img_7402

長ほぞの小屋束や、蟻掛けの火打ち梁等・・・。

施主は、こういう仕口は初めてみるので、感心しきり。

本物の大工さん・棟梁はすごいです。

まだ、タルキの刻みはこれからだそうです。

タルキが通常よりも大きく、ほとんど室内も化粧なので、これも 大変。(設計した私が言うのもナンだけど・・・)

大タルキの上に野地板で、その上に外張り断熱があり、その上にタルキと通気層があります。

そして、その上にまた野地板~ゴムアスルーフィング~瓦葺きとなります。

2階の越屋根は、登り梁仕様です。

*

現場に帰って、石を降ろしてもらいました。

養生期間を充分とるために、早めに基礎着工しているので、余裕です。

Img_7409

アンカーボルトと、ホールダウン用のボルトが見えています。

これらの設置も、大工さんから土台の継ぎ手位置を確認して、施工図を私が描いて基礎屋さんに渡しました。

検査もしたので バッチリです。

直営工事なので、設計・監理以外に、現場監督もしています。

明日は、型枠をバラして今度は、南面の独立基礎と鉄筋コンクリートの土間を作ります。

今日は、ポーチの御影石の沓石の図面を簡単に描いて石屋に発注しました。

犬走りのコンクリートを打つために、タテ樋の排水工事もお願いしました。

注文していた土台下の気密シートも今日、到着。(基礎断熱なので)

現場の段取りが忙しい。

*

棟上げまで、後3週間。

頑張ります。

« 大山みち(古道)歩きと山菜天ぷらハイク | トップページ | 木材利用エコポイントの疑問(不満!) »

越屋根の家(土壁で外張り断熱の家Ⅱ)」カテゴリの記事

コメント

かっこいい仕口 今度また勉強させてください。

そうですね。
良かったら棟上げ、見に来てください。
忙しいかな?

全部て刻みなんですね!!
凄いなあ~♪ やっぱり大工さんの手仕事って
感動モノですね

ホント!感動しますよ!
本物の大工さんの腕が生かせる、住まいの設計をして行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大山みち(古道)歩きと山菜天ぷらハイク | トップページ | 木材利用エコポイントの疑問(不満!) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ