最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 姫路城(工事中)見学と桜 | トップページ | 大工さんの手刻み~材料検査 »

2013年4月15日 (月)

大山みち(古道)歩きと山菜天ぷらハイク

みまさか山の会恒例の春の山菜てんぷらハイク。

今年は、久世から、三坂山を通って湯原に抜ける 大山みちを歩きました。

朝、7時。鏡野町役場集合。

今日は総勢19名。

登山口は久世の役場前を北に入ります。

三坂山の標識を見ながら山奥へ。

途中から砂利道になって 全車が4WDというわけではないので、広いところに停めます。

まわりにはツクシがたくさん・・・

Img_7039

山奥なので、気温が低いのでしょう。

Img_7040a_3   

案内看板がありました。

昔は、この道を牛馬とともに通っていたのでしょう。

昔のメインストリートなので 道幅が2m近くあり、隣の人と並んでおしゃべりしながら、ゆっくり歩きます。

Img_7042

ここから、本格的な山道になります。

Img_7043

かんざしのような、あせび(馬酔木)の花が咲いています。

10時25分。十石茶屋跡に出ました。

Img_7045

そこから、急坂を登ると 三坂山ピークに着きました。

Img_7046

少しかすんでいましたが、展望が良いので、遠く大山も見えました。

Img_7049

西の方を見ると、なかなかピラミダルでカッコイイ山があります。

2年前に登った、雨乞山でした。

Img_7050

急坂を転ばないように気をつけながら下って行くと・・・

Img_7051

三坂峠に出ました。

まだまだ、山菜パーティまでには2時間ぐらいあり、お昼なので軽く行動食を食べました。

Img_7053

そして歩きだすと、首のないお地蔵さんが時々現れ・・

Img_7054

そばにあった立て札を読んでみてもよくわかりません。

「諸説あるが、略す」と、書いてありました。

やっと、里へ出ました。

Img_7055

釘貫集落。

湯原インターにほど近い、集落です。

*******

さて 今日は、湯原クライミングセンターの横で山菜パーティ

Img_7072

こんな立派なクライミングセンターが湯原にあるなんて知りませんでした。

だれも登っていませんが、5~6年前の岡山国体の会場だったそうです。

そこの横の炊事棟で、みんなで手分けして御馳走を作りました。

山菜は、前もって準備しています。

私は天ぷらを揚げました。

カセットコンロ3つで、女性8名でがんばりました。

1時間以上かかってできた料理がこれ。

Img_7057

山菜のてんぷら(タラノメ、ふきのとう、シイタケ、ゼンマイ、ヒラタケ、サツマイモ 他)

サイジンコ(イタドリ)の油炒め←これは、以前会員だった高知県出身の女性が教えてくれた。とても美味しい。高知の郷土料理かな。イタドリを塩漬けにしておいて保存、それを塩抜きして中華味のピリ辛炒めにするのです。

ウドの酢味噌和え、ワラビのおひたし

ゼンマイ(コゴミ)の酢味噌和え

Img_7067

とりどりの山菜天ぷら

Img_7070

サラダにフルーツ(イチゴやナツミカン)

デザートは、Mさん得意のふんわりドーナッツとかきもち。

それぞれ自前のホットコーヒー・・・

Img_7065 

これを、19名でぺロり。

ノンアルコールビールもいただきました。

本当にどれも美味しくて、サイコー。

いろいろ準備してくださったお二人に感謝です。

御馳走さまでした~

参考コースタイム

登山口8:30~十石茶屋跡10:25~三坂山山頂10:49~三坂峠11:26(軽い昼食)

~11:53釜地蔵~12:36釘貫集落~13:00湯原クライミングセンター

« 姫路城(工事中)見学と桜 | トップページ | 大工さんの手刻み~材料検査 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 姫路城(工事中)見学と桜 | トップページ | 大工さんの手刻み~材料検査 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ