最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月14日 (木)

町屋(古民家)リフォーム~ついに完成

3か月半に渡った、町屋再生リフォーム。

ついに完成です。

まず、外観ですが・・

改装前がこの写真。

Img_4335a

改装後です。

Img_6509

すっかり、甦った町屋です。

Img_6389

玄関には、ベンチ。樹種は桜。

式台は セン。ベンチの下と式台の間の空間に引出しをつけました。

ベンチから立ち上がるために、左手には腰かけ用の手すり。

右手には、立ち上がるためと、式台を踏んで上がるための手すり。

  Img_6383 

玄関との間は3枚の引き込戸。

アーチの壁の飾り棚があります。

この部屋はクロス貼りですが、このアーチの壁をクロスで仕上げることは、難しいので

ここだけ、ワラスサ入り漆喰塗です。

次の部屋との間仕切りは、大型の3枚引き込戸。

Img_6392

この、奥に和室があります。

Img_6401

ここの地板は、ニレ。

色は、リボスのカルテッド(ウオールナット色)とクノスで仕上げました。

これも、施主のお父様が、塗ってくれました。

板の状態で、表裏塗って拭き取るので、素人でもきれいに仕上がります。

木目も美しく、とても引き立っていました。

Img_6520

障子を開けると中庭と渡り廊下(ウッドデッキ。桧製)が見えます。

Img_6523

坪庭は、施主のお父様の力作。

なかなか、素敵です。

縁側が廊下に繋がっていて、ミニキッチンもあります。

Img_6453

そして、天井は低いけれど、落ち着いていて温かみのあるトイレ

Img_6454

そして、2階へ。

階段を上がった一番上には、ガラス瓦による天窓があり、和紙調の中空ポリカボネードを入れました。

これが、とても明るい。

Img_6531

そして、2階の床の間のある和室。

Img_6410

この部屋は、間取りや設えをほとんど既存のままにし、畳替え、襖の張り替え、障子を洗って和紙をワロンに貼り替え等、内装材の改修のみとしました。

壁のジュラクを明るい色に塗り替えたおかげで、部屋がとても明るくなりました。

これだけのことをやったんですが、本当にいいお部屋になりました。

特に、私が気に入ってるのが古建具。

Img_6415

この、昔の縦繁障子は、なかなかのもの。

ランマも素敵。

Img_6411

縁側の突き当たりの開き戸も、既存の舞良戸をそのまま利用。(白木洗いはしています。)

床は、杉の縁甲板を張りました。

Img_6438

内装は昔のままなので、全部、無垢板の地袋や違い棚、床板、地板、長押、天井板・・・・。

木の部分はすべて、お父様が、白木洗いをしてくださいました。

こんな家が本当に贅沢なのかもしれません。

新しい材料では、歴史を感じるこのような室内はとても作れないからです。

Img_6422

もうひとつの部屋からは、モダンな戸襖で既存につなげました。

2階は、主に、住宅として使われます。

この窓を開けると、中庭が眺められます。

*

3か月半かかったリフォームですが、初めの2か月はほとんどひとりの大工さんでしたので、時間はかかりましたが、その分、じっくり検討しながら、施主といっしょに作り上げることができました。

先週末、開店イベント「夢フェスタ」が行われ、大盛況のうちに終了したそうです。

特に、中庭の周りや和室で、お茶等の接待が大好評で、たくさんのお客様に「癒される」と褒めていただいたそうです。

設計、工事管理をさせていただいて、「冥利に尽きる」お話で、苦労も吹き飛びました。

本当にありがとうございました。

ますますの、御商売の繁栄をお祈り申し上げます。

2013年3月11日 (月)

地鎮祭~越屋根の家

去年の2月頃、初めて施主にお会いして1年。

設計もほぼ完了し、造成工事や地盤調査も終わり、昨日は 地鎮祭が、行われました。

*

建築屋にとって、暦は必需品ですが、地鎮祭や上棟は「大安」「友引」「先勝」等を選ぶことが多いです。

「大安」とか「仏滅」とかは、六輝と呼ばれるもので、その下にある「中段」の部分も見ます。

ここは、ひらがなで「ひらく」「たつ」「なる」「あやぶ」等、色々な言葉が書かれています。

建築にいいのは、「みつ」とか「さだん」とか「ひらく」という日。

「大安」だけでなく、ここも確認します。

それから、「行事」欄にある「不成就日」とか「三隣亡」を避ける。

一年に数回しかない、「天赦日」(てんしゃび)は、天の恩恵により、何の障害も起きない日だとかで、大吉みたいな日。

漢字一文字の「二十八宿」にも、いちいち意味がありますが、ここまでそろえることは難しいので、ここはあまり考慮しません。

で、土日で、建築に吉日というのは、限られてきます。

昨日は、その 「大安」「ひらく」の日曜日で、地鎮祭が行われました。

*

Img_6482

ここ数日の暖かさがウソのように、冷たい風。

風が強いので、祭壇が飛ばされないように、杭を打って祭壇の足を留めています。

そして、30分前には、小雨がぱらつく、あいにくの天気となりましたが、天気の方は何とかもってくれました。

この、単管が組んであるのは、ちょうど準備を始めたころ、雨が降り出し、テントがないと祭壇が組めないと言われ、これを組んでシートをかけて、テント代わりにしようとしていたためです。

でも、結局すぐやんでしまったので、シートはかけずにこのまま、地鎮祭が始まりました。

*

今日の神主さんはふたりも来られました。

私も長年この仕事をしていますが、ふたりの神主さんというのは、初めて。

普通はひとりで、ラジカセ持参で雅楽の音楽を流しながら、自分で司会もしながらされることが多いですが。

おふたりおられると、ひとりが司会をして、ひとりが祝詞をあげる、など分業でき、音楽は「横笛」を生演奏というリアルな地鎮祭で、なかなか 御利益がありそうな感じ。

私も設計事務所として 「刈りそめの儀」(鎌で、砂山に立ててある、笹を刈る=本来は笹ではなくカヤだそうですが)をさせて、いただきました。

Img_6483

*

私も、この業界長いので、いろいろな地鎮祭に出席させていただきましたが、仏式の地鎮祭もありました。

これは、地鎮祭ではなく、起工式というらしい。

お寺の跡取りの方の住宅新築でした。

地面に2m角の土を掘って(深さは50㎝程度)その中に直接座り、ご住職と跡取りさんが、土地の神様(?)にお経をあげられました。

また、鞍馬天狗のようなスタイルの山伏の方がされた地鎮祭は「ホラ貝」をブォ~ッと吹かれました。

大半は、地元の神社の神主がされる、今日のような地鎮祭が一般的ですが。

要は、この地に新しい住まいを建てるに当たって、地の神様にお願いし、工事中の安全を祈願。

建築後の家内安全や、その家のますますの繁栄を願うものだと思います。

あまり信心深くない人で、地鎮祭をやらなかった人がおられましたが、施主が工事中に原因不明の高熱が出て、人に「地鎮祭をしてないからだ」と言われ、あわてて 土地の砂を持って行って神社で拝んでもらったということもありました。

世の中、生きていれば、病気もするしケガもあります。死ぬこともあります。

でも、その時に、「家相が悪い家に住んでいるからだ」、とか、「地鎮祭をやってないからだ」と言われるのは気分のいいものではありません。

だから、極力、人並なことはやっておいたほうが良いと思います。

建築業者にとっても、けじめがついて 着工に向けて気が引き締まりますし。

*

地鎮祭のあと、配置図に基づいて、配置入れをし、位置を最終決定しました。

いよいよ、始まります。

その後、設計についての検討事項を打合せし、昼過ぎに解散しました。

さらに、午後からは、私の事務所で、別の物件の工事請負契約に立ち会いました。

大安吉日の日曜日は、家を建てる施主様の家内安全と無事な完成を祈る日となりました。

2013年3月 9日 (土)

町屋(古民家)リフォームその2~内部造作

1月中旬から、応援の大工さんも入り、工事は、みるみる進んで行きました。

Img_5974

ここは、トイレですが、既存の軒下に無理やり作ったために天井高さが2100mmしかとれません。

ですので、天井はボード状の断熱材。

隣家との間仕切りも土壁なので、これは、防音のために断熱材を入れ、外壁部分には高性能グラスウール16kgを入れました。

天井が低いので、照明器具は壁付けに変更しました。

Img_5980

ちょうど、住宅医スクールで大阪出張だったので、ミニキッチンに採用予定のサンワカンパニーさんのショールームへ商品確認に行きました。

とても、しっかりしたいい製品だとわかりました。

Img_5983

この写真と左右逆勝手で、コンロ無しのものを注文します。

Img_6006

2階の窓を中央に1.5間のものに変更します。

端から端まで窓では、壁が少なく耐震的にもダメだと思います。

2階の和室は、中央部がかなり下がり、その差は4センチ以上。

それは、床の梁が小さすぎることが原因ですが、1階の部屋の中央でもあり、補強柱や梁を入れることも無理です。

それで、畳下地の座板を少しはがし、多少持ち上げるように工夫することにしました。

あまりなことをすると、今度は建具が動かなくなったり、弊害が出てきます。

つまり、完全な水平にはできないのですが、予算も限られており、施主さんも了解してくれました。

このような古い建物のリフォームには、多少の妥協も必要です。

*

階段の一番上には、既存でも天窓がありました。

この写真では、仮に瓦を置いています。

Img_6002 

これは、とても明るいので残したい。

でも、雨漏りの心配の無いものに・・・ということで、ガラス瓦を6枚入れることにしました。

Img_6155

以前は、ここに照明器具を仕込んだりしたこともありますが、夏の夜には虫が集まってきてゴミになる、ということもあり、照明を仕込むことはやめました。

*

玄関の段差は285㎜。

普通の住宅ならば、式台をつけずに済む高さかもしれません。

でも、ここは、高齢者の方も多く訪れる店舗であるということも考えて、式台を取りつけることになりました。

そうすると、今度は靴を掃くために腰かけが欲しくなります。

式台では低すぎて、立ち上がることが困難になるのです。

それで、脇にベンチをつけることにしました。

Img_6016

ベンチの周りの腰壁は、桧板を張りました。

*

木工事が2月15日に終了。

でも、オープンが3月8日に決まり、一番寒い2月に、左官の仕上げ工事が大丈夫か?

乾くのか?間に合うのか?ということになってきました。

Img_6369

左官工事は、一工程終わっても、それが乾かないと次に進めません。

幸いなことに、今年は比較的暖かく、2月末から、3月下旬並みの暖かさになり、大変助かりました。

写真は、除湿機と扇風機で、ジュラク塗りの壁を穏やかに乾かしているところです。

ストーブでガンガン暖めると、ひび割れも心配だったからです。

*

建具も、一枚一枚吟味し、初めの設計通りで本当に良いのか、施主さんとじっくり考えました。

Img_6371

この建具は、既存の廊下とつなぐ場所の戸襖ですが、廊下にまったく窓がないので、源氏襖風に明かりとりを設けました。

*

この飾り棚は、左手に通し柱があり、取ることができないので、そこを生かすことにしました。

アーチの壁は、クロス貼りは難しいので、ここだけ、わらスサ入りの漆喰を塗ってもらいました。

Img_6363

後ろには、引き込戸用の戸袋があります。

*

ファサード(道路側正面)です。

Img_6359

これは、2月末頃の写真です。

壁は漆喰を塗る前の下地。

床も御影石を張る前の下地を塗っているところです。

隣の店舗との間の袖壁も、パラペットを撤去した後の穴をふさいでいます。

ここに塗装をします。

*

次は、いよいよ、完成です。

                       つづく・・・

町屋(古民家)リフォーム その1 解体~構造補強

11月半ばから工事をしていた、町屋を店舗に改装する工事がついに完成しました。

作りは、町屋特有の、間口が狭く、奥行きが長い構造。

中庭や渡り廊下もあります。

何度か改装されていているのですが、町屋の雰囲気を生かした店舗(呉服+洋服販売)にしたいのです。

Img_4477

外観は、屋根の上にパラペットがあり、昔は店舗であったと思われますが、数年間空き家でした。

Img_4352

狭い通路のような玄関があり、廊下を通って洋室がひとつ。

和室が二間あります。

Img_4293

表の洋間は、30年ぐらい昔に流行った、2段天井。

この上の高さまでは、天井が取れます。

Img_4294

小さな床の間のある二間続きの和室の奥に縁側と、中庭を囲んだ渡り廊下があります。

Img_4310

2階は、立派な床の間のある和室と、廊下を挟んでもうひとつ和室があります。

違いだなや、縦繁げ障子の雰囲気がとてもいいので、ここは、内装の更新だけにします。

*

撤去工事が始まりました。

天井をはがしてみると、とんでもない梁の組み方ををしているところがありました。

それらを、大工さんと相談して、納得できる組み方に直すことにします。

Img_5335

梁が低く組んであり、しかも、丸太材に近いので、壁を厚くしないと出てきてしまいます。

建具から上の壁を分厚くして、隠すことにしました。

Img_5338

床をはがすかどうか迷いましたが、やはり はがしてやりかえることにしました。

数年前の水害で、床上浸水しているので、その時撒かれた石灰が白く見えます。

土壁は落ちているし、こんな ガタガタで土のままの床下では、床組みのための束を立てることも無理です。

そのため、土間コンを打つことにしました。

土壁が落ちているところは、モルタルで補修しました。

Img_5363

この時点で、柱を取るところに補強梁を入れたり、痛んだ柱や土台を交換したり、しています。

Img_5528

全体に防湿シートを敷き、鉄筋コンクリートを打ちました。

土台は敷き土台(足固め方式)なので、それは、残しています。

つまり、基礎にはほとんど立ち上がりがありません。

アンカーボルトの設置が難しいので、代わりの金物を付けました。(一部、ホールダウン金物も)

玄関部分は撤去して、新たに建てるので、外壁部分の下部には御影石を敷きました。

Img_5554

玄関建具は両引き分けのアルミサッシなので、敷居用の石を入れています。

Img_5591

少しだし、平屋なので、人力で建て方をしました。

半日でここまでできましたが、雨模様なので瓦屋さんにゴムアスルーフィングを敷いてもらいました。

Img_5661

耐震のために、右の外壁面の室内側に構造用合板を張りました。

この上に、フェノバボードを張り、その上にプラスターボード+クロスになります。

土壁なので、壁の内部には断熱材が入らないので、内張り断熱です。

筋交いも入らないので、構造用合板で補強しました。

床下の断熱材はミラフォームです。

このころ、式台を銘木屋に買いに行ったり、施主が、それに塗装をしてくれました。

次は、いよいよ内部の造作工事に入ります。

                               つづく

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ