最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月24日 (木)

冬の住まいの工夫

新年明けて、3週間過ぎました。

ブログで新年のあいさつするのには 遅すぎますね。

今年は、本当に忙しい。正月の2日から仕事し、去年終わらせる予定だった仕事がやっと先日終了。

やっと 正月がやってきた気分・・・

******

さて、寒い日が続いています。

私の事務所の暖房はエアコンです。

だいたい、夜11時ごろまでは毎日仕事するので、部屋が乾燥してきます。

Img_5961

これでは、のどに悪いし、風邪をひきやすいです。(実際は10年ぐらい運動してるからひかないけれど)

エアコンの真下(事務所の一番奥)の温湿度計がこれで、窓際(事務所の玄関寄り)の温湿度計は・・・

Img_5963

17度で48%ですね。

そこで、窓辺には加湿器もありますが、電気代のいらない加湿器を時々用意します。

Img_5968

洗濯物の室内干しです。

これが、良く乾くんですよ。

湿度もあげてくれて、一石二鳥。

ただし、昼間は干しません。事務所ですから。

*

それから、部屋の暖房を逃がさない工夫。

Img_5969

出入り口にはのれんです。

結構、長めに垂らしています。

これが、暖房を逃がさない。(冷房も)

また、玄関にも・・・

Img_5971

こんな薄いカーテン一枚ですが、ここから出入りする冷気をかなり防いでくれます。

初めは、透明ガラスなので、丸見えになるから垂らしたカーテンなんですけどね。

ガラスはLow-Eの遮熱なので、断熱性能はいいんです。

西面になるので 夏は、ガラスで西日の日射を防いでいます。

もちろん、夜はもう1枚ロールブラインドを下げます。

Img_5970

そして、廊下に出るほうの引きこみ戸の戸尻は・・・

Img_5972

大工さんに、去年、やっと隙間を塞いでもらいました。

以前はこうでしたからね。

Img_6503a

ここは、戸袋状態になっていて、戸尻を指が入るほどあけておかないと、戸が外せなくなってしまうのです。

でも、ここから 冷たい風がビュービュー入ってくるので(大げさでなく)後から外せるように、ビスで木を取りつけてもらいました。

古い家なので、この部屋以外は、断熱材無し、サッシはシングルガラスという状態なので、すき間風がハンパじゃない!

*

それと、父親の部屋の窓のサッシが幅2900mm×高さ1730mmのシングルガラスの掃き出しなので、断熱カーテンを導入。

このサッシは断熱サッシではないし、昔のサッシなので隙間があってとても寒いのです。

カーテンもとても古びていたので思い切って、断熱カーテンへ。

1級遮光カーテンなのでで、昼間、閉めていたら暗いし、カーテンを開けていると寒いので、レースの断熱カーテンも同時に導入。ダブルにしました。

床スレスレまで垂らしています。

レースもUVカットだったり、断熱や遮熱機能もついているすぐれもの。

ただし、冬、外の暖かな日差しをいれようと思ったら、このレースは開けた方が効率が良いでしょう。

ネット通販で、全部で16,500円程度の出費で済みました。

いいものが安く手に入って良かったです。

**

出入り口の「のれん」はいいですよ。

小さな工夫ですが、これがコスパ(費用対効果)が大きいんですよ~

もし、まだやってなかったらぜひお試しください

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ