最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 人と自然に優しいエコな住まい 設計コンテスト | トップページ | 冬の住まいの工夫 »

2012年12月30日 (日)

玄関式台選び

今年も残すところ 後2日。

今年は、特に後半バタバタしてしまいました。

11月の半ばから、町屋を店舗に改装するリフォームに取り組んでいます。

予算も限られた中で、できるだけいいものにしたいと奮闘中。

おとといは雪の降る中、玄関の式台選びに銘木屋に行ってきました。

Img_5758

津山市一方にある津山銘木さんです。

うちの事務所から車で5分ほどと、近いのですが、お客様は全国から来られるそうです。

膨大な在庫というか、自然乾燥しているものがたくさんあり、倉庫の中も見せていただきました。

ケヤキの大黒柱なんて 我が家みたいな築70年の古い家にはあるけれど、最近の家では、めったにお目にかかれない物もありました。

私もたまに大黒柱のある家とか、設計することはありますが、ケヤキは予算的にまず無理。

桧なら、何とか・・・という世界です。

1枚1千万!のケヤキの床板にびっくり。しかも売約済み。

さらに高いものもありました。

世の中にはまだまだ、このようなものを買うお客さまもいらっしゃるんだなあ、と感心しました。

*

でも、手頃な掘り出し物もいろいろあるんです。

1枚数千円のケヤキやサクラの板などもたくさん。

こういうものは、その辺に無造作に置いてあります。

*

今回、予算があまり無いので、式台も貼物(集成材に薄い化粧板を貼りつけたもの)で、良いかと思っていましたが、その貼物は建材メーカーのもので 定価が8万円!

貼物なのに!

半額になっても4万円!

まあ、長さも2,800㎜×400㎜は必要なので 通常よりも長いからしょうがないのかもしれませんが、貼物にこの値段は払えない。

同じぐらいの値段で本物が買えるのでは、と思い 津山銘木さんに相談しました。

去年もトイレの手洗いカウンター用天板とか、ケヤキだけどとても安く手に入れたことがありますので。

それで、前日に下見をしておいて、この日施主さんと大工さんとで見に行きました。

Img_5760

勧められたのが、この真ん中の「ニレ」の板で 3mあります。

幅も500㎜ぐらいあるので充分。

厚みも60㎜は、あります。

片方に面皮をつけることができます。

※面皮・・・木の樹皮の部分

Img_5762

近づいて見ると、とても美しい木目です。

値段も、貼物の仕入れ値とほぼ同じぐらいです。(加工賃は別)

他に、「トチ」の上り框と、玄関に取りつけるベンチ、内部の地袋板は「サクラ」で、安く手に入れることができました。

地床の板=地板もできればと思っていましたが、ここは元々あまり予算を見てなかったので、こちらはあきらめました。

この現場は、呉服や衣類の店舗で、玄関はこの店舗の顔。

壁や天井はクロスになろうとも、実際にお客さまが手で触ったり、足で感じたりする床(ゆか)や式台等は、なるべくいいものを使いたいと思いました。

店の奥には6帖の和室+縁側もあり、京都の町屋のように中庭も見ることができます。

この和室では、ちょっとしたお茶会や、着付け、じっくりした商談など いろいろな用途も考えられます。

リフォームなので、構造的に思うように行かない部分もあり、進行しながら施主さんのご希望で変更もあり、そのたびにどのようにするのが最善が、大工さんとも相談しながら進めています。

工事はこれから、内装工事にかかるところですが、がんばっていいものにして行きたいと思います。

« 人と自然に優しいエコな住まい 設計コンテスト | トップページ | 冬の住まいの工夫 »

町屋(古民家)リフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と自然に優しいエコな住まい 設計コンテスト | トップページ | 冬の住まいの工夫 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ