最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 秋の毛無山(岡山県)とツキヨタケ | トップページ | 小さなキッチンのリフォーム~食品庫と造り付けの家電収納 »

2012年10月24日 (水)

秋晴れの三嶺

ず~っと前から、いつか行きたいと思っていたけれど、なかなか行けなかった三嶺へ登ってきました。

三嶺は徳島県と高知県の県境にある山で、今回は高知県側から登りました。

三嶺は徳島県側では「みうね」と読み、高知県側からは「さんれい」と読みます。

今回は、高知県側から登ったので「さんれい」と、呼ばせていただきます。

*

朝、6時に津山を出発。

光石(ヒカリイシ)登山口着に10時着でした。

メンバーは5名。

そのうち3名は三嶺初登山です。

今日は光石登山口~堂床キャンプ場~綱附森分岐~天狗塚分岐~お亀岩小屋泊。

明日は、稜線を三嶺山頂までたどり、カヤハゲ~さおりが原~堂床キャンプ場~光石登山口・・・・のコースで歩きます。

*

天気は、快晴かと思ったら、薄曇りでしたが、日に焼けなくてちょうど良い。

しばらくは、気持ちの良い沢沿いの道を進みます。

Img_4546

八丁分岐に来ました。

Img_4555

左の綱附森方向へ行きます。

谷川のような登山道をどんどん登ります。

途中、小さな滝の見えるところで、ランチ。

Img_4572

1000mを超えたあたりから、木々が紅葉し始めています。

緑から朱へ変わるグラデーションが、本当に美しい。

Img_4579

何かの動物の頭蓋骨がありました。

鹿でしょうか?

*

倒木に生えた苔が、ふかふかのじゅうたんのようです。

Img_4582

近づいて見ると・・・

Img_4580

こ~んな感じ。かわいいなあ。

*

やっと、稜線に出ましたが、まだまだです。

Img_4605

目の前の山を登らなければ、三嶺山域のシコクザサの草原に出合えません。

それにしても、この登りはきつかった。

ストックをしまって、ササや木の枝につかまりながら、ザイル代わり(?)に垂らしてあるトラロープに時々つかまりながら、急登を登りました。

Img_4606

はるか彼方には、三嶺山頂が見えます。(中央右の小高い山)

明日登るんだけど、遠~い!

Img_4615

木々の美しい紅葉に慰められながら、最後の登りを登ると・・・

Img_4622

着きました~。地蔵の頭です。

今日は、後、下る一方です。

Img_4628

左の三角が、天狗塚。

分岐から片道25分だそうですが、疲れているので私はパス。

元気なふたりが走って行きました。

少し休んで、今日の宿 お亀岩避難小屋へ。

Img_4647

色づいた山に、ガスがかかって幻想的。

Img_4656

小屋が見えてきました~

Img_4657

評判通りのなかなか良い小屋ですね。

湧き水の出る水場も100m下ったところにあります。

おかげで、水をたくさん持ってこなくて済みました。

薪ストーブもあるので、小屋の前では、薪割りをされていました。

この日は、20数人の宿泊者でした。

*

夕食は、寄せ鍋。

小屋の外で調理し、食べました。

美味しかったです。

夜は、降るような星を見た後、寒いので小屋の中で、寝るまでおしゃべり。

男性たちは、お酒を飲みながら。

女性たちは、あったかいココアでほっとひといき。

思ったより、小屋の中は寒くなかったですね。

*

翌朝は、5時半過ぎに起床。

外は、もうほんのり明るい。

昨夜の鍋にうどんを投入。

Img_4664

ウインナも入ってます。

美味しかった。

横を見ると・・・・

Img_4665

ご来光です。小屋の前から見えました。

空は、快晴。

雲ひとつありません。

*

7時過ぎに出発。

気持ち良いササ原の稜線を、歩きます。

Img_4712

振り返ると、こんな感じ。

これから行く先は・・・・

Img_4719

右端のピークが三嶺。

もう、ひとがんばり。

左の徳島県側の谷には、数年前に建築士会女性部会の県外見学会で訪れた、伝統的建物群保存地区の「落合集落」が見えました。

Img_4692

案外、近いんですね。

Img_4749

ついに、山頂へ、着きました~

山頂は20人~30人の人たちで賑わっていました。

***

さて。

山頂で20分ほど休憩した後、カヤハゲ方向に下ります。

下ってまた登り返して、カヤハゲのピークから振り返ってみると・・・

Img_4778

三嶺の全容が青空の中に映えます。

Img_4787

左には、昨日から歩いた稜線が全部見えます。

正に秋晴れです。

*

このあたりを過ぎるとそろそろ、雑木林に入ってきたので お昼にします。

そして、三嶺の雄姿にお別れ。

Img_4805

しばらくジグザグに下ると分岐に来ました。

こんな立て札があちこちに。

Img_4804

鹿の被害で、枯れた木もたくさん見ました。

Img_4774

鹿が入らないように、山頂付近はネットフェンスで植物を保護していました。

コメツツジの群落を守るためでしょう。

鳥獣保護区ではあるし、増えすぎた鹿は、どうしたらいいのでしょうか?

鹿には天敵がいないから、という説もあります。

ある意味、熊よりやっかいかもしれませんね。

*

さおりが原で巨木を見た後、道はトラバースして堂床キャンプ場へ。

ゆるやかだけど、長い長い下りでした。

駐車場到着は、午後2時40分頃。

*

帰りは、南国ICまでの道沿いからすぐの、湖を眺められる温泉へ。

Img_4843

入浴料は900円。

中はこんな感じ。

Img_4822

お湯は、少しにごり湯で、ぬるめ。

源泉かけ流しだそうですが、加温はしてあるようです。

でも、毎日、お湯の入れ替えをするとか・・・。

窓から見える景色は、ダム湖(?)

湖の色が濁っていたので、景色的には、残念。

となりには、コンクリート浴槽に水風呂。(小さなプール?)

見た目は素敵だけど、冷たくて入れません。

夏ならいいけれど・・・

その水風呂の周りはウッドデッキで、湯あがりに涼めるようにガーデンチェアやパラソルが置いてありました。

周りの雑木がいい感じ。

Img_4828

建て物全体も素敵なお庭や、カフェも併設されていて、女性好み。

今度、庭の設計を頼まれているので、雑木林風の庭が参考になりました。

時間があれば、併設のカフェでゆっくり珈琲でも飲みたいところだけれど、遅くなるので自販機の飲料で我慢。

******

**********

あこがれの三嶺へ。

想像以上に素晴らしい山でした。

コースは長かったけれど、天候に恵まれ、最後の温泉まで大満足。

楽しく、帰途につきました。

************************

参考コースタイム

1日目  光石登山口 10:25 ~ 八丁分岐 11:04 ~ 陵線出合い 13:20~ 地蔵の頭 15:21~ 天狗塚分岐 15:35 ~ お亀岩避難小屋 16:15

2日目  お亀岩避難小屋 7:12 ~ 西熊山 8:03 ~ 三嶺山頂 9:52 ~ カヤハゲ11:23 ~ さおりが原 13:25 ~ 光石登山口 14:40         

« 秋の毛無山(岡山県)とツキヨタケ | トップページ | 小さなキッチンのリフォーム~食品庫と造り付けの家電収納 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の毛無山(岡山県)とツキヨタケ | トップページ | 小さなキッチンのリフォーム~食品庫と造り付けの家電収納 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ