最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 日本の美しい木製建具~美作桧と杉の既製品建具 | トップページ | 伯耆大山 ご来光登山 »

2012年7月23日 (月)

癒しの山歩き~岡山県立森林公園

    考えてみたら、もう、2か月も山へ行ってない。

忙しいとは言え、毎週土日もずっと仕事。

それも、深夜まで。

ストレス溜まりすぎ。

自宅にいたら、忙しいのでつい、事務所で仕事してしまう。

限界だ~!

・・・ということで、ひとりでふらりと、森林公園へ行ってきました。

午前中は来客があったので、昼前から。

1時間程度のドライブで行けるという立地条件に感謝。

*

Img_3826

12時過ぎに到着。

管理事務所です。

手前の駐車場に大型バスが停まっていたので、心配したけれど、管理事務所に一番近い駐車場は10台程度。

私の車も難なく停められました。

車を降りると清々しい空気!

来て良かった~

今日は、そんなに時間がないので、いつものコース。

もみじ滝~千軒平~県境尾根分岐経由で ぐるっと まわります。

Img_3966

いぼた園地には、たくさんの白い花~アカショウマです。

Img_3829

中央の広い道には、観光客の家族連れ等、ちらほら。

でも、今日は少ない。

午後から、雨が降る予報のせいかな?

本当の山好きの人たちは、もっと 登りがいのある山へ行ってるのでしょう。

Img_3834

おたからこう湿原の横を通って・・・

Img_3835

もみじ滝方向へ。

そろそろ登りになってきました。

Img_3837

着きました。

もみじ滝です。

先客の山ガール(若い女性)がふたりいましたが、私が行くと、天気を心配したのか、さっさと下山されました。

Img_3840

風で揺れるばかりで、イマイチピントがぼけていますが、ヤマホトトギスが咲いていました。

このころから、小雨がパラパラ。

でも、涼しくて気持ちいい。

温度計は20度です。

ここから、つづら折りの山道を登って行きます。

Img_3855

きたけ峰との分岐です。

Img_3860

時計を見ると、1時半で、そろそろお腹がすいてきたのでお昼にします。

雨が降ったらいけないので、大木の下で食べることに。

Img_3864

おにぎりと漬物と、うちでとれたミニトマトとミニカップうどん。

こんな粗食でも、山では美味しい。

ゆっくりおにぎりをほおばっていると、遠くから雨の音が。

木々の葉を揺らすやさしい雨?風?の音がサ~って聞こえてきます。

そろそろ、レインスーツ着ないとまずいかな?と思い、レインスーツとスパッツをつけます。

帽子は元々今日はおニューのレインハット。

でも、音の割には、あまり降ってこないので、ミニカップうどんも食べます。

そのうち、雨がやんで、薄日が射してきました。

食事も終わったので、千軒平を目指します。

蝉しぐれが聞こえたり、ホトトギスや、名前を知らないけど、素敵な声で鳴く鳥・・・・。

それも、すぐ近くにいます。

Img_3867

中央園路の分岐を過ぎて、千軒平への尾根道を歩くと

Img_3873 

ここは、アカモノの小道でした。

道の左右にはびっしりと赤い実をつけています。

花のときもかわいいけど、実もかわいいです。

Img_3870

これが、千軒平までずっと続きます。

着きました。

Img_3882

雲が下からどんどん湧いてきます。

さすが、標高1090mですね。

でも、本当に誰もいない。

夏休みの始まったばかりの日曜日だというのに。

Img_3877

ウツボグザの群落です。

そんなにかわいい形の花じゃないけど、まとまると、以外にキレイでした。

Img_3895

オカトラノオです。

千軒平から、もみじ平へ

Img_3916

ガスって幻想的な道をゆっくり歩きます。

周囲は濃いブルーのヤマアジサイたち。

Img_3921

本当は、もっともっと濃いブルーなんですが、写真に撮るとどうしても、白っぽく写ってしまいます。

Img_3928

もみじ平に着きました。右奥に、ログハウスの避難小屋があります。

そんないいもんじゃ ありませんが。(作業小屋らしい)

Img_3939

雨は降ってないですが、ガスってなんかいい感じ。

落ち着く、というか、癒される~

ここからの県境尾根の道は、「花束ロード」でした。

道の両脇に花束のような、白い花の群落・・・・。

Img_3950

チョウチョや、蜂たちがいっぱい。

Img_3945

この花は、ヒヨドリバナと言うそうです。

調べてみたら 秋の花らしいけれど・・・。

チョウは、アサギマダラ。

花もたくさん咲いていたけど、アサギマダラもたくさんいました。

Img_3952

避難小屋が見えたら分岐です。

今日は時間が無いので、右に折れ下山します。

Img_3954

後は、こんな道をひたすら下れば、中央園地へ続く道へ出ます。

以外に早く降りられます。

私の足で17分ほどでした。

Img_3957

後は、平坦な広い道を1kmほど歩きます。

Img_3960

途中には小川を何度か渡ります。

でも、本当に、人に会わなかったなあ。

こんなに素敵な場所なのに。

*

帰りは、山道を北へ向けて帰り、上斎原温泉「このか」で 汗を流しました。

すっかりリフレッシュできました。

これで、また、仕事を頑張れそうです。

« 日本の美しい木製建具~美作桧と杉の既製品建具 | トップページ | 伯耆大山 ご来光登山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の美しい木製建具~美作桧と杉の既製品建具 | トップページ | 伯耆大山 ご来光登山 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ