最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 今年の長期優良住宅の疑問 | トップページ | 本物の住まいを手に入れるには? »

2012年5月22日 (火)

初夏の星山~櫃ケ山縦走

昨日は、暑くもなく寒くもなく、快適な縦走日和

山の会の仲間12名と、岡山県北の星山~櫃ケ山縦走へ行ってきました。

星山も櫃ケ山も何度も登っていますが、縦走は初めて。

前から歩いてみたかったんです。

今回は、リーダーとは別に、地元に住まれているOさんが先達。

Oさんにとっては、庭みたいなもんでしょう。

*******

まず、櫃ケ山の登山口に車を1台置き、星山の登山口でもある勝山美しい森ビジターセンターへ。

朝、8:40に、ビジターセンターを出発。

雑木林の中をゆっくり登ります。

周りは記念植樹の木々の林。

そこを過ぎると徐々に傾斜がきつくなってきます。

Img_2773

前山との分岐。

私たちは前山を通らず、右へ進みます。

さらに進んでいると、西登山口との出合いに到着。

Img_2774

勝山美しい森ビジターセンターができる前は、西登山口から登っていました。

実は、こちらのほうが早い。

Img_2778

途中にある、大岩の上からの眺め。

風が吹き抜けて、汗ばんだ体に 超・キモチイイ!

一度に5人ぐらいしか立てないので、交代です。

Img_2781

登山口から1時間20分で、まず星山の山頂到着。

小休止します。

Img_2785

遠くには、大山の雄姿も!

さて、ここからは私には未知の世界。

Img_2784

案内版に180分と書いてある櫃ケ山目指して出発です。

Img_2788

あの、向こうに見える山も歩くのね。

しばらく山を下って、針葉樹のひんやりした林を歩きます。

Img_2792

この辺りは道も平坦で、ラクラクです。

しっかりした、道しるべもあるし。

星山から30分で、この道しるべ。

下ってきたから30分ですが、登れば40分でしょう。

Img_2794

明るい山の尾根を歩き、振り返ってみると星山が、もうあんなに遠くに。

Img_2799

扇山のピークに着きました。

Img_2800

Oさんがつけられた「扇山」の表示板だそうです。

小休止してまた、歩き始めます。

Img_2801

明るい縦走路です。

なだらかで、適度なアップダウンもあり、人気コースだというのがわかります。

ただ、日蔭がないので真夏は避けた方が良いかも。

昨日は、うす曇りで、気温20度。

快適でした。

Img_2807

これから歩く山もほとんど見える、というのもいいな。

縦走路がゆるくカーブしているおかげです。

目指す櫃ケ山の山頂は、まだ見えませんが、右奥になるそうです。

Img_2808

10年ほど前に、この縦走路が整備されたときに造られた案内看板です。

だいぶ、剥げてきていますね。

でも、後、少しということは わかります。

Img_2813

五輪山が近づいてきました。

Img_2816

素敵な雑木林を通って、五輪山の登りへ。

Img_2817

着きました~。

この「五輪山 980m」の看板も、Oさんが先週つけてくださったそうです。

ここで、お昼にしました。

Img_2822

登山道の足元には小さな白いスミレが、びっしりと咲いていました。

白とグリーンの組み合わせは、本当に清々しいですね。

Img_2823

目指す櫃ケ山もすぐそこのようです。

でも、実際にはぐるっと回っているので まだまだなんですけどね。

Img_2828

Img_2830

後は、なだらかな登り?

最後の登りのようです。

Img_2833

途中の鞍部から、龍頭の滝方面への下山道分岐を過ぎます。

Img_2836

振り返ってみれば、あの高いところが五輪山。

左奥の遠い山が星山です。

Img_2838

着きました~

櫃ケ山山頂です。

Img_2841

山頂のマークはこの石。

みんなで集合写真を撮って出発。

ところが・・・

後ろから2番目を歩いていたら 急に私の前を歩いていたみんながいなくなって・・・

あわてて全速力で降りたのですが、行けども行けども追いつかない。(ていうか、見えない)

私の後ろを歩いてたIさんが、Oさんに携帯で連絡を取ると、みんなは「天狗の森」経由で下山しているそうです。

私たちは、天狗の森は、登りにはよく通っていたけど、下りには通ったことがなく、まっすぐ下山するのだとばかり思っていて、はぐれてしまったのです。

また、どうせ、同じ登山道に合流するので、「分岐で待っていて」と 言われたので 今度はゆっくり歩きました。

ところが、天狗の森との合流地点を見逃してしまいました。

Img_2847

五合目の標識のあたりで、電話があって気付き、そこで 今度は止まって30分ぐらい待ちました。

周りの傾斜地には、ワラビがいっぱい。

それを、収穫しながらのんびりしてました。

やっとみんなが降りてきて、いっしょに下山しました。

でも、櫃ケ山の下山道ってこんなに長かったかな?と 思いながらの下山でした。

Img_2849

下山後は、近くの足温泉まで徒歩で移動。

20分ぐらい歩いたかな?

下山後のアスファルト歩行ほど疲れるものはありませんが、仕方がないです。

数人が車を取りに行ってくれてる間に、温泉につかって汗を流しました。

超・気持ち良かったです

おかげ様で、いい縦走ができました。

収穫したワラビは昨夜からアク出しをして、今朝のお味噌汁と、夕飯のおかず(卵とじ)にしました。

柔らかくて美味しかった!

***********************

コースタイム

勝山美しい森ビジターセンター 8:40 --- 9:58 星山 10:10 --- 10:50 扇山 --- 11:51 五輪山(昼食) 12:23 --- 12:56 櫃ケ山 13:25 --- 15:05 櫃ケ山登山口   

 

« 今年の長期優良住宅の疑問 | トップページ | 本物の住まいを手に入れるには? »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の長期優良住宅の疑問 | トップページ | 本物の住まいを手に入れるには? »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ