最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 浜松天竜ツアー | トップページ | 今年の長期優良住宅の疑問 »

2012年5月 6日 (日)

ブナの原生林の新緑を満喫~鷲峰山(鳥取県)

快晴の5月5日。

以前から登ってみたかった、鷲峰山(じゅうぼうやま)へ、行ってきました。

標高は920mですが、登山口からの標高差が大きく、登りがいのある山とガイドブックには書かれています。

片道2時間半のコースタイムは、よく登る那岐山よりもハードみたい。

*

三朝温泉を通り、三徳山投げ入れ堂のそばを通る県道鹿野線経由で登山口へ。

山越え途中の佐谷展望台からは、鷲峰山の全貌が見えました。

Img_2584

確かに、鷲が羽を広げた格好です。

大周りになりましたが、安蔵森林公園オートキャンプ場から登ります。

キャンプ場はGWとあって、家族連れでいっぱい。

Img_2593

駐車場の後ろに鷲峰山登山口の立て札が。

そこから、コンクリート舗装された道を上がると5分も経たないうちに展望台へ行く道との分岐があります。

Img_2596

その道をたどって行くと、山を巻くように、徐々に下山する感じ。

Img_2598

大きな葉っぱのサンカヨウの群落が。

道はこんな感じ。

Img_2599

なだらかです。

30分ほど歩くと、河内登山口からの出合い、安蔵峠に着きました。

Img_2601

7~8分休んでから、頂上方向へ。

Img_2602

ゆるやかな木の階段を登って行くと6~7分ほどで、高圧鉄塔が現れます。

Img_2603

高圧電線の下を通り、しばらく なだらかな道。

と、思っていたら、このコース最大の急登が現れる。

延々と急な階段が続きますが、そのそばには、イカリソウがたくさん咲いていて慰められました。

Img_2610

かわいいチゴユリもちらほら

Img_2582

急登を喘いで登り、やっと標高712m地点に着きました。

Img_2612

まわりは、目に染みるような新緑・・・

Img_2617_2 

美しすぎる・・・・・

それを、時々、立ち止まって眺めながら、さらに登ります。

Img_2626

鷲の肩のところまで登ったのでしょう。

後は、アップダウンを繰り返しながら、延々と長い尾根道を歩きます。

Img_2637

標高790m地点に着きました。

だんだん、周りにはブナの原生林が・・・。

Img_2643

素晴らしい、ブナの原生林の大木。

このようなブナが、結構たくさんあります。

岡山県では新庄村の毛無山が有名ですが、こんなに素晴らしいブナの原生林がここにもあったとは!

12時半になっていたので、おにぎりを一個だけ食べました。

まだ、ツツジが咲いていました。

Img_2687

ミツバツツジかな?

Img_2685

濃いピンクがきれいです。

低山のツツジとは、ちょっと色が違いますね。

Img_2660 

オオカメノキの花です。

白とグリーンが清々しいですね。

Img_2664

山頂のすぐ手前。

鷲峰キャンプ場からの登山道の出合いですね。

Img_2665

すぐ、2等三角点がありました。

山頂広場のほうが低いので、広場に行っても「鷲峰山山頂」という標識はありませんでした。

Img_2671

こんなあずまや兼展望台はありましたけど。

天気が良すぎるせいか、かすんでいて、湖山池や鳥取砂丘は 見えませんでした。(本来なら見えるそうです。)

途中、登山の人に3名しか会わなかったので、山頂もいないかもしれないと思いましたが、家族連れ等、20名ぐらいはおられました。

私たちとは違うコースを登ってきたようです。(違う方向に降りていたので)

Img_2666

こんな標識はありました。

おにぎりは食べたので、カップ麺を食べて、下山です。

Img_2682

足元には、かわいい、イワカガミもいくつか咲いていました。

Img_2689

だいぶ下山してから、エンレイソウもありました。

Img_2690

ハシリドコロ。根に毒があるんでしたっけ。

Img_2697

ヤマルリソウ。

かわいい~

群生していて、初めて見ました。

他にも、ミヤマカタバミやスミレもたくさんありました。

*

というわけで、下山は早かった。

天気も良かったし、楽しい山でした。

************

参考コースタイム(登りは写真を撮りながらゆっくりです。下山は普通かな。)

安蔵森林公園(オートキャンプ場)登山口 10:46 --- 11:13安蔵峠(分岐)11:25 --- 11:58 (712m地点) --- 12:38(790m地点)おにぎり --- 13:25 山頂広場 

14:07 山頂広場 --- 14:33(790m地点) --- 14:53(712m地点) --- 15:09安蔵峠(分岐)15:19 --- 15:51 登山口     

« 浜松天竜ツアー | トップページ | 今年の長期優良住宅の疑問 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜松天竜ツアー | トップページ | 今年の長期優良住宅の疑問 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ