最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

本物の住まいを手に入れるには?

今日は、とてもよく晴れた日曜日。

先週、山をしっかり歩いたので 今日はお休み。

庭の雑草と格闘の日々です。

Img_1141

さて。

これは、築30年ぐらいの住まいの写真です。

30年前の住まいは、内部はほぼ新建材でした。

みんながそんな家を作ってた。

新建材というのは、それまでの「無垢」の木に対してできた言葉で、ベニヤ板の上に化粧板や印刷した紙を張った安価な製品です。

それを、下地の木材(30mm角や40mm角、45mm角等)の上に、化粧釘や、接着剤で張り付けていきました。

*

内装材がすべてそうで、たとえば 床はフロアーパネルと言われる、市松の貼り物の寄木フロアで、厚みは12mm。

それが、やがては フローリングと呼ばれる物に代わっていった。

高級=傷がつきにくい という観点で考えられていて。

固くて冷たくて、そして高い。

今の無垢の杉や桧のフローリングよりもずっと高いものもありました。

壁は、プリント合板(4mm)や、銘木合板(5mm)。

プリントは名の通り印刷で、銘木は薄い本物の木材をベニヤ板の上に貼りつけている物。

天井は吸音テックスや化粧石膏ボード等。

アルミサッシは、普通のシングルガラスで、サッシの額縁は木製(ラワン等外材)でした。

*

今、リフォーム適齢期はそんな家。

工場で作られたそれらの製品は、ほとんどみすぼらしく変化しています。

はげたり、色あせたり、ヒビが入っていたり。

本物なら、いい味が出てくるんですけれど。

日焼けや傷が経年変化によっておこる美しさです。

さらに当時は、床の下地は根太のみで、下張のコンパネ等はありませんし、断熱材も入っていません。

断熱材を入れるようになったのは、住宅金融公庫の仕様の力が大きいです。

それでも、グラスウールの50mmが入った程度でした。

それは、昭和50年代半ばぐらいから。

初め、壁と天井にグラスウールの50mmが義務付けられて、床は 最後だったと思います。

*

住まいの仕様にも流行があって。

それは、ハウスメーカーが主導権を握ってる?

つまり、ハウスメーカーは、すべてが工業製品ですから。

Img_1140

これは、最近のハウスメーカーの家。

でも、今や、住まいの内装も、建具も、設備も、外壁も、すべて工業製品。

木造住宅でも、メーカーが建材屋を通して、売り込みに来る。

「こんな、いい製品が出たから使ってください。」みたいに。

それで、どこが建てても同じようなものができる。

今は、内壁もビニールクロスが主体なので、これももちろん工業製品ですよね。

現場作成の物は、基礎と、木材(構造材)の組立てぐらいでしょうか?

後は、材料を組立てて行く。

そういう家は、大工さんの工賃も抑えられているので、やっつけ仕事になりがち。

左官工事(タイル工事)と言えば、今はポーチの土間のタイルぐらいしか、ありませんから。

昭和50年代よりも、さらに進んで、アルミサッシの額縁、天井の廻りぶち、幅木等、全部貼りものだし。

室内建具もほとんどは、MDFに木目の樹脂シートを貼りつけて、木に見せているだけ。

消費者の、「掃除がしやすくて、値段の安くて、見た目がきれいなもの」というニーズに答えて行った結果でしょうか?

それとも、「クレームの来ない物」という企業側(造り手側)の、「反ったり、すき間ができたりしない。」という価値観か?

それが、やがては 「自然素材は贅沢(高価)だし、クレームが多い」から 使わなくなっていった。

消費者は、もう、そういうもので家を作ることはできないと、あきらめているのでは?

今の家はこういうものだ、と。

ハウスメーカー等の展示場に毒されているとしか思えない。

まあ、設備とか、昔より良くなっているものもありますが、所詮、「設備」です。

どんなに高級なものを使っても、水回りの設備等は 良くもって 15年でしょう。

そのころには、リフォームの必要が出てきます。

だから、そこに数百万もかけるのは もったいない。

きっと、もっといいものが出てきます。

中の下ぐらいで ちょうどいいのです。

それより、後から交換できないもの(構造とか断熱、雨漏りしないこと)に、お金をかけるべきなのです。

どうか、目先に惑わされないで。

*

この、工業製品で、家を作りだしたのは、昭和40年代ぐらいからでしょうか?

住まいがプラモデルみたいな、高額で壮大な「おもちゃ」に変化して行った。

たかだか、30年ほどで、作り替えなければもたないような物に。

何千万もするのに。

商売の「手段」になってしまった。

*

そんなプラスチックの箱みたいなものに入って生活して、気持ちいいでしょうか?

慣れてしまうと、そんなもんだと思うのかもしれませんが。

住まいとは、そこで、寝て起きて、食事作って、食べて、休んで、くつろいで、自分の生活の基地なんですよね。

ただ、何もしなくても、疲れが取れ、癒されて、明日への力がわいてくる。

そんな、場所にしたい。

本物の材料を使って、腕のある職人の手で作ってもらいたい。

新建材で柱を覆ってしまうのではなく、節があっても、本物の木が見える仕様にしたい。(真壁といいます。)

ただし、外部は断熱材を入れたいので、真壁は無理ですけど。

それって、現代では難しいことでしょうか?

私は、そうは思いません。

*

商売の手段、金儲けの手段のひとつとして、攻めてこられるものを、何も考えていなかったら、そちらに 押し流されてしまいます。

ちゃんと、目を開いて、調べて、勉強して。

どうやったら、手に入るか考えて。

本物は高い・・・・。そうでしょうか?

じゃあ、偽物は安い?違うと思います。

偽物でも、高いです。

偽物自体は安くても、そこに 商売上の「儲け」等が入る余地があるので。

本物も、自分でできるところはセルフビルドして、少しは安く手に入れることはできます。

プロがやるほどの完成度はなくても、できることはあります。

もちろん、プロでないとできないこともたくさんあります。

でも、直接家を作るのに関係ないところ(営業経費や、宣伝費)等に、なるべくお金を払わず、正当な報酬には、払いたいものです。

*

それには、勉強するしかありません。

営業マンや美しいカタログ、展示場に惑わされないで、気持ちを強くもち、あわてず、ゆっくり、本物の住まいづくりをしてください。

新建材が流行る前の家。

戦前の家は、本物で作られていました。

我が家も築70年だから、そうですが、無垢の木で作られた床。

左官さんが塗った大津壁。

今もそのまま生きています。

本物は 寿命が長いのです。

新建材を使わずに作った家は、デザインさえ良ければ、50年たっても おかしくないのです。

80年代に定期購読していた「住宅建築」という雑誌。

捨てようと思ったけれど、中を見たら、今でも通用する住宅が多かったので 驚きました。

特に和風住宅。

その後の、ハウスメーカーが多く載っている雑誌は、もう、時代遅れで、残しておきたい本ではありませんでした。

*

ヨーロッパの古い街並みを見たとき。

京都の伝統的な街並みを見たとき。

伝統的なものは、100年経っても、変わらない美しさがあると思います。

昔から使われている材料。

たとえば、木材や漆喰、和紙とかタイル、石等は、今まで残ってきたということで、建材として優秀であることを時代が認めています。

誰が、何と言おうと。

いいものしか、100年も残っていかないのです。

*

今の「長期優良住宅」を考えるとき。

デザインは、条件にありません。使い勝手も。

だって、美しさや間取りの使い勝手等は、規定できない。

耐震性や、断熱性等、性能は規定できます。

性能も、ももちろん大事ですが、100年たったときに 「古臭くないもの」って、それはやはり、伝統的なものではないのかな。

昔からあるものは、時代が変わっても、人々を納得させる「何か」があります。

デザイン的(特に外観)は、伝統的なものにしておく。

庇は長く。

屋根はなるべく瓦。

デザインはモダン過ぎない。

周囲の街並みに違和感がなく 溶け込むことも大事です。

こういうのが、本当に「長期優良住宅」ということになるのではないか?と 改めて思いました。

住まい自体は、100年前とは違いますから、安全性や快適性も必要です。

健康にも配慮したい。

本当に「居心地の良い住まい」とは何か?

私も心して、そういう住まいを作るように考えなければ。

流行に押し流されずに・・・

2012年5月22日 (火)

初夏の星山~櫃ケ山縦走

昨日は、暑くもなく寒くもなく、快適な縦走日和

山の会の仲間12名と、岡山県北の星山~櫃ケ山縦走へ行ってきました。

星山も櫃ケ山も何度も登っていますが、縦走は初めて。

前から歩いてみたかったんです。

今回は、リーダーとは別に、地元に住まれているOさんが先達。

Oさんにとっては、庭みたいなもんでしょう。

*******

まず、櫃ケ山の登山口に車を1台置き、星山の登山口でもある勝山美しい森ビジターセンターへ。

朝、8:40に、ビジターセンターを出発。

雑木林の中をゆっくり登ります。

周りは記念植樹の木々の林。

そこを過ぎると徐々に傾斜がきつくなってきます。

Img_2773

前山との分岐。

私たちは前山を通らず、右へ進みます。

さらに進んでいると、西登山口との出合いに到着。

Img_2774

勝山美しい森ビジターセンターができる前は、西登山口から登っていました。

実は、こちらのほうが早い。

Img_2778

途中にある、大岩の上からの眺め。

風が吹き抜けて、汗ばんだ体に 超・キモチイイ!

一度に5人ぐらいしか立てないので、交代です。

Img_2781

登山口から1時間20分で、まず星山の山頂到着。

小休止します。

Img_2785

遠くには、大山の雄姿も!

さて、ここからは私には未知の世界。

Img_2784

案内版に180分と書いてある櫃ケ山目指して出発です。

Img_2788

あの、向こうに見える山も歩くのね。

しばらく山を下って、針葉樹のひんやりした林を歩きます。

Img_2792

この辺りは道も平坦で、ラクラクです。

しっかりした、道しるべもあるし。

星山から30分で、この道しるべ。

下ってきたから30分ですが、登れば40分でしょう。

Img_2794

明るい山の尾根を歩き、振り返ってみると星山が、もうあんなに遠くに。

Img_2799

扇山のピークに着きました。

Img_2800

Oさんがつけられた「扇山」の表示板だそうです。

小休止してまた、歩き始めます。

Img_2801

明るい縦走路です。

なだらかで、適度なアップダウンもあり、人気コースだというのがわかります。

ただ、日蔭がないので真夏は避けた方が良いかも。

昨日は、うす曇りで、気温20度。

快適でした。

Img_2807

これから歩く山もほとんど見える、というのもいいな。

縦走路がゆるくカーブしているおかげです。

目指す櫃ケ山の山頂は、まだ見えませんが、右奥になるそうです。

Img_2808

10年ほど前に、この縦走路が整備されたときに造られた案内看板です。

だいぶ、剥げてきていますね。

でも、後、少しということは わかります。

Img_2813

五輪山が近づいてきました。

Img_2816

素敵な雑木林を通って、五輪山の登りへ。

Img_2817

着きました~。

この「五輪山 980m」の看板も、Oさんが先週つけてくださったそうです。

ここで、お昼にしました。

Img_2822

登山道の足元には小さな白いスミレが、びっしりと咲いていました。

白とグリーンの組み合わせは、本当に清々しいですね。

Img_2823

目指す櫃ケ山もすぐそこのようです。

でも、実際にはぐるっと回っているので まだまだなんですけどね。

Img_2828

Img_2830

後は、なだらかな登り?

最後の登りのようです。

Img_2833

途中の鞍部から、龍頭の滝方面への下山道分岐を過ぎます。

Img_2836

振り返ってみれば、あの高いところが五輪山。

左奥の遠い山が星山です。

Img_2838

着きました~

櫃ケ山山頂です。

Img_2841

山頂のマークはこの石。

みんなで集合写真を撮って出発。

ところが・・・

後ろから2番目を歩いていたら 急に私の前を歩いていたみんながいなくなって・・・

あわてて全速力で降りたのですが、行けども行けども追いつかない。(ていうか、見えない)

私の後ろを歩いてたIさんが、Oさんに携帯で連絡を取ると、みんなは「天狗の森」経由で下山しているそうです。

私たちは、天狗の森は、登りにはよく通っていたけど、下りには通ったことがなく、まっすぐ下山するのだとばかり思っていて、はぐれてしまったのです。

また、どうせ、同じ登山道に合流するので、「分岐で待っていて」と 言われたので 今度はゆっくり歩きました。

ところが、天狗の森との合流地点を見逃してしまいました。

Img_2847

五合目の標識のあたりで、電話があって気付き、そこで 今度は止まって30分ぐらい待ちました。

周りの傾斜地には、ワラビがいっぱい。

それを、収穫しながらのんびりしてました。

やっとみんなが降りてきて、いっしょに下山しました。

でも、櫃ケ山の下山道ってこんなに長かったかな?と 思いながらの下山でした。

Img_2849

下山後は、近くの足温泉まで徒歩で移動。

20分ぐらい歩いたかな?

下山後のアスファルト歩行ほど疲れるものはありませんが、仕方がないです。

数人が車を取りに行ってくれてる間に、温泉につかって汗を流しました。

超・気持ち良かったです

おかげ様で、いい縦走ができました。

収穫したワラビは昨夜からアク出しをして、今朝のお味噌汁と、夕飯のおかず(卵とじ)にしました。

柔らかくて美味しかった!

***********************

コースタイム

勝山美しい森ビジターセンター 8:40 --- 9:58 星山 10:10 --- 10:50 扇山 --- 11:51 五輪山(昼食) 12:23 --- 12:56 櫃ケ山 13:25 --- 15:05 櫃ケ山登山口   

 

2012年5月16日 (水)

今年の長期優良住宅の疑問

今、事務所の前のプランターは、花盛り。

Img_2189

裏庭では、今年もプランターに、夏野菜を植えました。

Img_2764

キヌサヤエンドウも今は収穫期。

毎日食べています。

****************

ところで。

平成24年度の長期優良住宅。

今年度から様子が違ってきました。

今までのように、個別の工務店や設計事務所では出せない。

「地域型ブランド化事業」と いうことで、設計や施工だけではなく、原木を供給しているところから、材木屋さん、合板製造会社や流通の建材屋、プレカット工場まで全部含めてグループ化して グループをまず、登録しないといけない。

詳しくは下記HP

http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000354.html

で、その受け付けが6月8日まで。

これは、あくまで、グループの受付で、補助金の受付ではありません。

それは、もっと後になるでしょう。

それで、もらえる補助金の額が100万円。

地域材(木材)を使用する場合は120万円の補助金だそうです。

この辺は、前回と変わってないのだけれど、この地域ブランドのグループ化、というのが 大変。

聞いたところ、どうも、木材業者や、建材業者がグループを作って 舵を取っているそうですが・・・

今からこんなことを やっていたのでは、いつになったら、着工できるのか!と 怒りの声も聞こえてきます。(早くても9月ぐらい?)

大手ハウスメーカーには関係ない話なんです。

これは、地元の 年間50棟程度以下しか建てない工務店で、しかも補助金は年間5棟のみしかもらえないのですから。(これも、以前と同じ)

*****

長期優良住宅は、私も2年前にやりましたが、書類作成がとても大変で手間がかかります。

構造の検討も自社でソフトを持っているところは良いのですが、ほとんどの会社は外注に出すと思います。

つまり、手続にお金もかかるということです。

100万もらっても、図面や手続き費に30万程度かかってしまう。

それと、普段、それほど良い断熱をしていない住宅では 普段より施工にお金がかかる。

まあそれは、断熱性の良い住みやすい家になるからいいのですが、慣れてない工務店や、安売り勝負の工務店にはとても厳しい。(たぶんしないでしょう。)

しかも、書類や図面作成その他手続に時間がかかるので、着工は最短でも2カ月ぐらい延びてしまう。

どうなんでしょうか?

***************

地元の工務店というのは、ほとんど中小企業や零細企業です。

地元の工務店でも、やる気のあるところは、どんどん勉強して、全国へ出て行って、他所の素晴らしい工務店の本物の家づくりを勉強したり、考えたりしています。

単に、フランチャイズに入って、ハウスメーカーの真似のような家(ビニールクロスと既製品だらけの家)を作っているのでは、ダメなんです。

でもなあ・・・。

このブランドグループ化。

うまく行くんでしょうか?

どれくらいの工務店が参加するんでしょうか?

地域産材を使った住宅をブランド化するぐらいの気概を持った工務店でないと、国も補助してやらないよ、ということでしょうか?

ますます、小さな工務店や大工さんは、仕事がしにくい(仕事が無くなる)時代になってきた、と思ってしまいます。

そんなことしなくても、「本物の木を生かした、住み心地の良い家」はできるんだけどなあ。

でも、それでは、補助金はもらえないのね。

2012年5月 6日 (日)

ブナの原生林の新緑を満喫~鷲峰山(鳥取県)

快晴の5月5日。

以前から登ってみたかった、鷲峰山(じゅうぼうやま)へ、行ってきました。

標高は920mですが、登山口からの標高差が大きく、登りがいのある山とガイドブックには書かれています。

片道2時間半のコースタイムは、よく登る那岐山よりもハードみたい。

*

三朝温泉を通り、三徳山投げ入れ堂のそばを通る県道鹿野線経由で登山口へ。

山越え途中の佐谷展望台からは、鷲峰山の全貌が見えました。

Img_2584

確かに、鷲が羽を広げた格好です。

大周りになりましたが、安蔵森林公園オートキャンプ場から登ります。

キャンプ場はGWとあって、家族連れでいっぱい。

Img_2593

駐車場の後ろに鷲峰山登山口の立て札が。

そこから、コンクリート舗装された道を上がると5分も経たないうちに展望台へ行く道との分岐があります。

Img_2596

その道をたどって行くと、山を巻くように、徐々に下山する感じ。

Img_2598

大きな葉っぱのサンカヨウの群落が。

道はこんな感じ。

Img_2599

なだらかです。

30分ほど歩くと、河内登山口からの出合い、安蔵峠に着きました。

Img_2601

7~8分休んでから、頂上方向へ。

Img_2602

ゆるやかな木の階段を登って行くと6~7分ほどで、高圧鉄塔が現れます。

Img_2603

高圧電線の下を通り、しばらく なだらかな道。

と、思っていたら、このコース最大の急登が現れる。

延々と急な階段が続きますが、そのそばには、イカリソウがたくさん咲いていて慰められました。

Img_2610

かわいいチゴユリもちらほら

Img_2582

急登を喘いで登り、やっと標高712m地点に着きました。

Img_2612

まわりは、目に染みるような新緑・・・

Img_2617_2 

美しすぎる・・・・・

それを、時々、立ち止まって眺めながら、さらに登ります。

Img_2626

鷲の肩のところまで登ったのでしょう。

後は、アップダウンを繰り返しながら、延々と長い尾根道を歩きます。

Img_2637

標高790m地点に着きました。

だんだん、周りにはブナの原生林が・・・。

Img_2643

素晴らしい、ブナの原生林の大木。

このようなブナが、結構たくさんあります。

岡山県では新庄村の毛無山が有名ですが、こんなに素晴らしいブナの原生林がここにもあったとは!

12時半になっていたので、おにぎりを一個だけ食べました。

まだ、ツツジが咲いていました。

Img_2687

ミツバツツジかな?

Img_2685

濃いピンクがきれいです。

低山のツツジとは、ちょっと色が違いますね。

Img_2660 

オオカメノキの花です。

白とグリーンが清々しいですね。

Img_2664

山頂のすぐ手前。

鷲峰キャンプ場からの登山道の出合いですね。

Img_2665

すぐ、2等三角点がありました。

山頂広場のほうが低いので、広場に行っても「鷲峰山山頂」という標識はありませんでした。

Img_2671

こんなあずまや兼展望台はありましたけど。

天気が良すぎるせいか、かすんでいて、湖山池や鳥取砂丘は 見えませんでした。(本来なら見えるそうです。)

途中、登山の人に3名しか会わなかったので、山頂もいないかもしれないと思いましたが、家族連れ等、20名ぐらいはおられました。

私たちとは違うコースを登ってきたようです。(違う方向に降りていたので)

Img_2666

こんな標識はありました。

おにぎりは食べたので、カップ麺を食べて、下山です。

Img_2682

足元には、かわいい、イワカガミもいくつか咲いていました。

Img_2689

だいぶ下山してから、エンレイソウもありました。

Img_2690

ハシリドコロ。根に毒があるんでしたっけ。

Img_2697

ヤマルリソウ。

かわいい~

群生していて、初めて見ました。

他にも、ミヤマカタバミやスミレもたくさんありました。

*

というわけで、下山は早かった。

天気も良かったし、楽しい山でした。

************

参考コースタイム(登りは写真を撮りながらゆっくりです。下山は普通かな。)

安蔵森林公園(オートキャンプ場)登山口 10:46 --- 11:13安蔵峠(分岐)11:25 --- 11:58 (712m地点) --- 12:38(790m地点)おにぎり --- 13:25 山頂広場 

14:07 山頂広場 --- 14:33(790m地点) --- 14:53(712m地点) --- 15:09安蔵峠(分岐)15:19 --- 15:51 登山口     

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ