最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 耳スエ山~一城頭 初雪(新雪)縦走 | トップページ | 鯛の尾頭付き~祝・リフォーム完成 »

2012年1月13日 (金)

「終の棲家」考

遅くなりましたが・・・

新年明けましておめでとうございます。

Img_8727

事務所に、ピンクのチューリップを活けて、春を待っています。

*********************************

今年は、3日の夜からずっと仕事していました。

去年ほぼ1年がかりで行った大規模リフォームのシメを7日に終え、10日に急ぎの確認申請書を出し、昨日、別の家の耐震診断書をやっと提出できました。

岡山市に出かけたのでついでに、毎年楽しみにしている「院展」も 観賞してきました。

日本画を習っている身としては、勉強になります。

午前中に、いつもブログを見てくれている友人が、「ずっと更新がないけど、体調大丈夫?」とのメールをくれたので、ありがたく、ひと山越えたので、早速「ブログ更新」です。

**************************************

最近、もうすぐ定年を迎える人たちからの「終の棲家」の相談が多いです。

去年の「木の国美作 連絡協議会」のコンペのテーマも「終の棲家」でした。

昨日も、遠方から、以前雑誌に載った私の記事を見つけて連絡くださった方がいて、とても嬉しかったです。

その方も「終の棲家」と「田舎暮らし」を検討されています。

今日から、新築の実施設計に入るのも 60代になったご夫婦です。(まだ、お仕事されていますが)

私もそんなに若くはないので、今のうちにそういうのを考えておかなければと思っています。

なぜなら、これは、現役のうちに検討したり、行動を起しておかないと 年金収入だけになってからでは、遅すぎると思うのです。

*******************************************************

「終の棲家」について 考えてみました。

●平屋の小さな家

 夫婦ふたりの住まいなので、家は小さくて、使い勝手の良い平屋を希望。

 たまに訪ねてくる子供たちのために、宿泊用の和室は必要。

 寝室は、ベッドが良い。

 夫婦共室か隣室で別寝か・・・。

 それぞれの夫婦によって考えるところですが、声が聞こえる位置、というのが基本です。 

         (まあ、小さな家ならどこにいたって聞こえますが・・・)

●バリアフリー

 今や常識のバリアフリー。

 車いすになっても、床を這ってでも動ける住まいに。

 当然、出入口も引戸で広くする。

 寝室から直接外部に出られる(庭が見える)のが良い。

        (将来、デイサービスの送迎用?)

 寝室からトイレ、洗面脱衣室~浴室に、できるだけ直接行けること。

        (寝室で脱衣して、夏は、お風呂から裸で帰って来られるように。)

●暖かくて涼しい家

 高気密・高断熱の家は、高齢者に優しい。

 高齢者のヒートショックによる死因が多いのは明白。

 特にトイレと脱衣・浴室は、暖房は必須。

 寝室やリビングだけでなく 家じゅうどこへ行っても、同じ温度の暖かな住まい。

 そのためには、次世代省エネ基準(平成11年基準)の断熱は必須条件。

 昔は「夏を旨とすべし」でしたが、今は「冬を旨とすべし」なのです。

 冷暖房費が少なくてすむ家は、年金暮らしにはありがたい。

 もちろん、季節の良いときは、通風を考えて、風が抜け、季節が感じられる住まいに。

●家事のしやすい家

 家は小さくコンパクトなので、キッチンも小さくて、動線を短くし、使いやすいものを。

 対面キッチン、オープンキッチンは、ある程度部屋の大きさが必要です。

 テーブルまでの動線は長くなりがちなので、良く考えること。

 勝手口~キッチン~洗濯~物干しの関係をスムーズに。

 物干しが、外から見られない工夫も大事。

      (洗濯物を見て来る、訪問販売も多いそうです。)

●収納について

 収納がたくさん欲しいと言われますが、ある程度は必要ですが、多すぎてもダメ。

 返ってどこに何があるか わからなくなります。

 話題の「断捨理」精神で、不要なものを捨て、すっきり暮らしましょう。

          (理想だけどなかなか・・・)

 キッチンの続きの勝手口まわりに倉庫を設けると、リサイクルごみの一時置き場等に便利です。

●構造について

 しっかりした構造で長持ちする住まい。

 自分たちがいなくなっても 構造がしっかりしていれば、リフォームしやすいです。

●自然素材を生かす

 木造であること。

 それを、全部隠してしまうなんて もったいない。

 節があっても、本物の木を生かし、床も新建材ではない本物の無垢の木の床を。

 居心地の良さは、言葉では言い表せません。感覚の問題です。

*********************************************************

そんなところでしょうか?

これは、去年 東北の震災復興支援住宅として設計した、800万円の家です。

「終の棲家」としても、いいのではないでしょうか?

Img_7330a

Scan0005_2

今年も、そんな住まいを作るために、日々努力しますので、よろしくお願いします。

  

« 耳スエ山~一城頭 初雪(新雪)縦走 | トップページ | 鯛の尾頭付き~祝・リフォーム完成 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 耳スエ山~一城頭 初雪(新雪)縦走 | トップページ | 鯛の尾頭付き~祝・リフォーム完成 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ