最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 愛媛の建築見学会 | トップページ | 神戸 日帰り見学会 »

2011年12月 2日 (金)

太陽光発電と本当のエコリフォーム

12月に入り、やっと冬らしく、寒くなってきました。

我が家の庭のドウダンツツジも今、美しく紅葉しています。

Img_8156

さて。

今、世の中は、太陽光発電、電化住宅のブーム。

電化住宅は、電力会社が、夜間に余った電気を使って欲しいと考えてできた料金システム。

蓄電が、まだ 難しい今、夜の電気を使ってもらわないともったいないんです。

確かに「電化住宅」なら、光熱費が安くなる、というか 他のガスや灯油を使わなくなるので その分が浮く、ということでしょう。

今や、電化住宅でなくても電気がなかったら 何もできませんものね。

みんな、電化にしたくて リフォームするという人も多いですね。

電化キッチンも安全性が高いし。

まあ、それは ひとつの選択肢だから、いいとして・・・。

*******************************

私は、太陽光発電を古い家のまま取り付けることに疑問を感じています。

今は、すごく田舎に行っても 入母屋の古い家の屋根にソーラーパネルが上がっています。

ソーラー発電パネルが屋根にあることが、今やステイタス(!)なんでしょうか?

皆さん、勘違いしておられませんか?

ソーラー発電しても、家が古屋のままなら、寒いんです。

暖かい家にならないし、エアコンの効きが悪い。

そりゃ、自分ところの屋根で発電してるんだから、電気代を気にせず、ガンガンエアコンを使う、というのかもしれませんが、それで 家じゅう暖かく(涼しく)なりますか?

(ここで、注意・・・・本当に電気を一番食っているのは冷房ではなくて、お湯と暖房です。)

ソーラー発電があるけど、ザルのような家に、冷暖房しても、ザルはザル。

空気は抜け放題です。

快適になるわけではありません。

つまり、冷暖房を切ったら、あっという間に寒く(暑く)なってしまう家には変わりがありません。

ソーラー発電して、補助金もらうと言ってもほんのわずか。(自治体によって違うが総額の1割程度?)

売電しても 何万も儲かるわけではないし。

200万円ぐらい投資して、回収できるのは15~20年かかります。

しかも、機械のメンテナンス代も必要です。

機械が20年もてばいいですが。

そんなお金があったら、まず、家を断熱することのほうが 先でしょう。

ランニングコストで考えてみてください。

電気代や灯油代が かなり減るかもしれませんよ。

そして、地震がきても倒れないように耐震補強することです。

ソーラーパネルも結構 重いので、そういうものを屋根に載せるなら、補強も必要。(特に昭和56年以前の耐震基準で作られている家)

それに、昔の家(高度成長期とか)は、結構、構造材が細いです。

見えないところにお金をかけないといけないと思います。(断熱や耐震補強)

新築の家は、断熱を「次世代省エネ基準」とよばれる「平成11年基準」には、最低するべきで、その家にソーラー発電を載せるのは、意味のあることだと思います。

それこそ、今までの半分以下の光熱費になります。

まあ、そこまででなくても、新築なら結構断熱性能は高い。

*************************************

今年、リフォーム工事した家ですが、築40年の土壁の家。

屋根裏に吹付けの断熱材。

床下は、フェノバボード30mm。

外壁は、土壁のところはフェノバ、その他のところは、ウール(羊毛)100mm。

しかも、間仕切り壁までウールを入れました。

つまり、すき間の発生するところは、徹底的にふさぐ。

外壁に断熱材を入れても、間仕切り壁の下をふさがないと、床下の冷気が常に間仕切り壁の中を通っているということです。

サッシはもちろん断熱の樹脂サッシ(内側が)。

ガラスはLow-Eと、徹底しました。

おかげで、リフォーム前からあった薪ストーブに

「ガンガン薪を焚いていたのが、そんなに入れなくてよくなったし、翌朝もストーブ焚かなくても、結構ぬくい(暖かい)。」とのこと。

断熱リフォームするということは、そういうことなんです。

それで、家族が快適に過ごせる。

高齢者が倒れない家になる。

まあ、これは 室温をバリアフリーにしないといけませんが。(トイレ、脱衣、お風呂、廊下を居室と同じように暖かくする。)

お風呂をまだ薪で焚いているお宅なので、電化住宅にはなっていませんが、実はそれが、究極のエコでしょう。

まだ、田舎では薪焚き兼用のボイラーとか使ってるお宅も、時々あります。

薪ストーブ使うことも エコですが、薪の調達を考えると、難しい場合もあります。

*****************************

ソーラー発電業者の営業トークにつられずに、まず、断熱リフォームを先に行うことが大事だと思います。

 

« 愛媛の建築見学会 | トップページ | 神戸 日帰り見学会 »

住まいのリフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛の建築見学会 | トップページ | 神戸 日帰り見学会 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ