最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

愛媛の建築見学会

この前の日曜日。

岡山県建築士会津山支部の研修旅行で、愛媛県へ日帰りで行ってきました。

朝 6時40分 津山を出発。

岡山道~山陽道~瀬戸中央自動車道~愛媛道~を通って、到着は予定通り 10時すぎ。

伊丹十三記念館です。

設計は中村好文氏。

Pb274722

外観は真っ黒な箱のようなデザイン。

幅がランダムな焼杉板の縦張りです。

中村好文氏は木造住宅を多く手掛けられている方。

どこか、温かみのあるデザインです。

Img_7943

建物は□型になっており 、中庭の桂の木が 黄葉していて美しい。

この木の葉を拾ってにおいを嗅いでみると、甘いお菓子のような香りがします。

かわいかったのが、ガラス。

Img_7944

伊丹十三氏の映画監督としての代表作でもある「たんぽぽ」

そして、奥まったところにあるカフェ「たんぽぽ」からの眺め。

Img_7948

とても落ち着くスペースです。

カフェオススメのチーズケーキとジンジャーティーをいただきました。

Img_7949

チーズケーキはアーモンドの粒粒のようなものが入っていて、チーズとのコラボが とても、美味しかったです!

ジンジャーティーには、しょうがの砂糖漬けも添えられていました。

トイレのモザイクタイルも「たんぽぽ」色。

Img_7952

温かみのある色ですね~。

***************************

そこで、ゆったりした時間を過ごした後、次は・・・・

松山城すぐ横にある「坂の上の雲ミュージアム」

今、NHKで、スペシャルドラマ 第3部の放送が始まりますね。

Img_7962

設計は安藤忠雄氏。

長いスロープのアプローチを歩いて行く。

振り返ってみると・・・

Img_7973

ガラス張りなので、周囲の緑が写って、景観に溶け込んでいます。

Img_7977

途中の踊り場に支えのない、空中階段です。

施工が大変だったろうな~

ミュージアムは、建物の周囲をぐるぐるとスロープに沿って回りながら

展示を見るような造りです。

安東忠雄氏の設計の成羽町美術館とか、表参道ヒルズとか、こういうスロープで回遊式に通路を付けられることが多いですね。

Img_7978

西面の回廊からは、松山城址の中腹に建つ「萬翠荘」の瀟洒な建物が美しい。

「あの建物も見てみたいね。」ということになり、今日の参加者の女性3人組で、見に行きました。

Img_7985

この建物は、大正11年の建築で旧松山藩主久松定謨伯爵の別邸として建てられたそうです。

私も各地の洋館を見て回りましたが、かなりレベルが高いです。

なんか、ちょっとベルサイユ宮殿ぽいと思ったら、陸軍駐在武官としてフランス生活が長かった人で、それで、ロココ調なんだそうです。

設計は日本人で、木子七郎氏。

愛媛県庁舎本館なども設計されているそうです。

玄関前から見上げると、外観も凝った作りで美しい。

Img_7988

玄関に 入って正面の階段踊り場にある、ステンドグラスが素晴らしい。

Img_7992

海を渡る帆船が描かれています。

Img_7994

2階は、皇族や昭和天皇も泊ったことがあるそうで、とても しっとりした 白を基調としたインテリア。

各部屋に暖炉もあり、その上にはベルギー製の鏡が。

Img_8016

1階の大広間の天井は、チーク製の格天井。

Img_8020

また、別のゲストルームは白を基調としており、天井は漆喰塗。

Img_8019

今にもお姫様が出てきそう。

正岡子規が夏目漱石と俳句を語った「愚陀佛庵」もすぐそばにあり、もう少しゆっくり見学したかったのですが、集合時間が迫っているので、ランチを食べに行きました。

Img_8027

東急ホテルのランチバイキング。

たった1200円で豪華ランチ(ローストビーフがひとり一皿ついている)を、頂きました。

とても、美味しかった

Img_8028

坊っちゃん列車にも遭遇。

路面電車の軌道を走っています。(電車ではなくて汽車です)

**************************

次は、バスに乗り、山の中のグネグネ道を1時間。

やっと今治市に到着。しまなみ海道の南端、来島海峡大橋を通って、大三島へ。

この、大三島に、今治市伊藤豊雄建築ミュージアムがあります。

Img_8047

これは、スティールハットと呼ばれる作品。

内部は・・・

Img_8053

床にクッションがあり、ごろりと横になって観賞する。

1階にはサロンと呼ばれる、海に開かれたスペースも。

Pb274754

次にシルバーハットという 住宅。(自邸)

Img_8049

都会に建ててあったものを 移築しようとしたが、無理で、同じものを建てたそうです。

Img_8077

内部はこんな感じ。

セミナーハウス?みたい。

ここは、すべてオープンスペースで、外気に面しています。

天気が悪い日は厳しいかも。

でも、ロケーションが素晴らしい。

Pb274761

2階からの眺め。

ここは、ガラスが入っています。

天井の三角もちゃんと開く窓。

でも、天井は直接の屋根の裏なので、断熱材とかいっさい、ありません。

冬は寒くて、夏は暑そう・・・。

Pb274764

この日のように、気候のいいときには(!)ここに座って、ゆっくりと 夕陽の沈むのを見ていたいですね。

Pb274766

階下は、ギャラリー(図書閲覧スペース)になっています。

スティールハットとシルバーハットは、遊歩道で結ばれていて、ミカン畑の穏やかな丘陵に建っていました。

Img_8122

秋の日の早い夕暮れがせまっています。

Img_8120

夕陽を見ながら しまなみ海道を通って 帰途につきました。

日帰りなので、500kmも走り、バスに乗っている時間も多かったですが、結構ゆったりでき、その建築の空気感を感じることができ、いい見学会でした。

2011年11月23日 (水)

中古住宅を新居にリフォーム その3~折りたたみダイニングテーブル

着工から1か月と少し。

ほぼ、完成しました。

キッチンです。

Img_7459

タイルはきれいだったので、既存のまま。

換気扇の穴などは補修しました。

ちょうど予備のタイルが残っていて良かったです。

残しておくべきですね。

Img_7455

広々とした、明るいLDKになりました。

敷地は広くないですが、南は用水路と田んぼで、日差しを遮るものがありません。

日当たり良好!です。

Img_7463

リビング側からキッチン側を見たところです。

夏は窓を開け放して、出かけても大丈夫なように 窓に格子も付けました。

この写真は、折りたたみテーブルをたたんでいるところです。

実は、だいぶ完成に近づいてから、お住まいになられる息子さんから、折りたたみのダイニングテーブルを取りつけて欲しいとのご要望がありました。

1歳半になる娘さんが、走り回って遊ぶので、リビングを少しでも広くしたいとのこと。

LDK全体として見れば、12.5帖はありますが、対面キッチンにしたので、LD部分は8帖程度しかありません。

今、おもちの既製品のダイニングテーブルを加工してつけられないか?と言われましたが、色も濃いですし、やめたほうが良さそうです。

それで、折りたたみテーブルの図面を描き、相談しました。

テーブルの支えは、キャスター付のBOXを作ることにします。

これは、テーブルを畳んだときには、ワゴンとしても使えたり、部屋の収納BOXとしても使えます。

材料はパイン集成材。

製作は大工さんです。

費用を浮かすために、ご夫婦に塗装をお願いしました。

Img_7345

塗料はリボス自然塗料のクノスです。

BOXは、外で塗装。

この写真はサンダーをかけているところです。

Img_7343

おふたりで、仲良く・・・・なんだか 楽しそう

出来上がりは・・・・・?

Img_7482

こんな感じ。

テーブルの大きさは、800×1500あり、大人4人がゆったり使えそうです。

対面キッチンの腰壁は、桧板です。

ここは、艶消しの塗装をしてあります。

こちらは、プロにお願いしました。

それから、外に、洗濯物を干すためのウッドデッキを作りました。

ここも、おふたりに、塗装をしていただきました。

Img_7349

若いご夫婦が協力して、自分たちの住まいを整える・・・・。

なんだか、微笑ましいです。

完成後は・・・・

Img_7488

こんな感じ。

洗濯機のある洗面・脱衣室から直接出られますので、使い勝手の良い物干しです。

物干し竿が掛けられるように、大工さんに木で竿掛けを作ってもらいました。

家の南東の角にあり、日当たりも良く、しかも表からは見えません。

狭い三角敷地ですが、有効活用できます。

雨が降っても良いように、小波ポリカボネードの屋根をつけました。

この屋根材。UVカットにもなっている優れものです。

前が用水路ということもあり、小さな子供が落ちないように、また、登らないように、縦格子の手すりもつけました。

出入口には、バリケードをつけてもらわないといけないかもしれません。

まだまだ、目が離せない お子さんですから。

*******************************

こうして、やっと、新居が出来上がりました。

ここで、御家族が、しあわせに子育てできますように。

陰ながら、お祈りいたします。

2011年11月21日 (月)

三重の旅 2日目 ~熊野古道センターと伊勢神宮

三重の旅。2日目です。

宿泊先の 「ロッジ山水」は、海のすぐそばにあり、客室からは、こんな美しい景色が見られます。

Img_7695

湾の中なので、波もほとんどなく、穏やか。

カキの養殖イカダが、浮かんでいます。

朝食の後、8時半出発。

一路、県立熊野古道センターへ。

去年行った和歌山の熊野古道センターは、今年の台風で大変な被害と聞きました。

でも、三重県の熊野古道センターは、大丈夫だそうです。

リアス式海岸沿いの曲がりくねった道を通り、センターに到着。

ちょっと高台にあります。

Pb134696

同じような建物が 対になって建っています。

Img_7710

すべて、尾鷲の桧で、集成材ではなく、合わせ梁で構成しています。

Img_7707

天井を見上げたところです。

材料はもちろん、昨日見学させていただいた、速水林業さんの桧です。

(建築中のビデオ映像が流されていて、トラックに速水さんの名前がありました。)

Img_7727

展示室から 遠くの山並みが美しい。

Pb134715

裏手にある、図書館からの眺めです。

Pb134719

合わせ梁の構成が美しいですね。

*********************************

さて。

今度は、北へ。

約2時間で伊勢神宮に到着。

道路は大渋滞。

日曜日とはいえ、こんなに混雑しているとは!

Img_7747

お正月でもないのに、大行列で、やっと 拝むことができました。

Img_7750

伊勢神宮は、平成25年に式年遷宮があり、着々と新しい建物ができています。

Img_7759

宇冶橋を渡って おかげ横丁へ。

Img_7762

すごい人です。

でも、もう、1時半なので ここでお昼にします。

ちょっと並びました。

食べたのは、バスの運転手さんオススメの 名物のてこね寿司と伊勢うどんのセット。

Img_7763

おいしかったです。

食事の後は、お目当ての赤福本店へ。

Img_7771

ここも、お土産買うのに行列です。

Img_7775

伊勢神宮の門前町(おかげ横丁)は、まるで テーマパークのようですね。

建物もみんな、江戸時代にタイムスリップしたよう。

それにしても、人人人・・・。

Img_7772

さすがに人気のパワースポットだけあって、若い女性もいっぱい。

Img_7779

レトロなおもちゃ屋さんや、駄菓子屋さんなど、お店をのぞいて歩くだけでも楽しい。

でも、ゆっくりしてられません。

内宮にはお参りしたけれど、外宮にも行かなくては!

内宮と外宮は4~5km離れていて、徒歩ではちょっと無理。

MOKスクールの友達と路線バスに乗って行きました。

本当は外宮からお参りするのが正式なんだそうですが、バスが内宮の駐車場に停めてあるので、しょうがない。

でも、路線バスは駅を通るため、遠回り。

30分近くもかかってしまいました。

Img_7781

内宮に比べたら、人出は閑散としていますが、こちらのほうがしっとりと落ち着いています。

しっかりとお参りして、今度はタクシーでバスの駐車場まで帰りました。

タクシーだと、約10分で内宮まで帰ることができました。

***********************

実は、私は伊勢神宮は初めてで、いつか行きたいと思っていたので念願を果たすことができました。

後は、一路大阪へ向かい、大阪からは新幹線で帰途につきました。

天候にも恵まれ、良い旅でした。

2011年11月15日 (火)

三重の旅 1日目 ~尾鷲ひのきを訪ねて

11月12日(土)~13日(日)

MOKスクール秋のフィールドツアーで、三重県へ行ってきました。

朝、7時半。大阪駅前を出発。快晴です。

10時すぎには、松阪市に到着。

Img_7520

松阪城跡へ。私の住んでる津山の城跡と似た雰囲気ですが、少し規模が小さいかな。

この中に 本居宣長(もとおりのりなが)の旧邸と記念館があります。

Img_7534

この旧邸の2階が、書斎で「鈴屋」と呼ばれています。

日中は下で、医者を開業。

夜は門下生に学問を教え、深夜は息子といっしょに「鈴屋」にこもって、古事記や源氏物語や和歌の研究をしていたそうです。

ここで、解説をしてくださったガイドのおじさんから、最後に良いものをいただきました。

***************************

「宣長先生から あなたへ贈る言葉」

意(こころ)と言(ことば)と真実(まこと)なり

    言葉を聴けば心がみえる

今 目の前にあることに全力を尽くす

    これが貴方の明日へとつながる線になる

世の中に天才などいない

    地道に積み重ねる努力と継続こそがあなたをつくる

人生は・・好  信  楽

メンバー全員に この言葉が書いてある紙を配ってくださったのです。

MOKスクールで学ぶみんなです。

いくつになっても、勉強ですね。

肝に命じました。

****************************

それから、歩いてすぐの 「御城番屋敷」へ。

Img_7563

木造平屋建ての長屋。

中央に石畳の道があり、両脇に2棟の長屋建て。

道と家との間にはそれぞれ、小庭があって アプローチも一軒一軒違って楽しい。

主屋2棟は、重要文化財。土蔵は県指定の文化財だそうです。

1863年の竣工で、紀州藩士20人とその家族が住んでいました。

一部、改修して公開していますが、残りの部分には、今も人が住んでいます。

驚いたことに 借家もあって入居者募集中。

家賃はいくらでしょうか?

とても 趣があります。

Img_7586

次にすぐそばの、三重県立松阪工業学校へ。

Img_7591

ベンガラ塗りも鮮やかな木造校舎で、明治41年の竣工。

改修を繰り返して、現在も使用されています。

*************************

御城番屋敷に付属している土蔵。

ここは、今、改修中でした。

Img_7596

ギャラリーにも使われていて いい感じ。

Img_7607

それから、バスに戻り、一路尾鷲市へ。

**************************

お昼のお弁当は、もちろん 「松阪牛丼弁当」

Img_7611

さすがに美味しかった!完食です!

**************************

さて、バスで南へ走ること2時間。

尾鷲市の速水林業へ到着しました。

尾鷲のひのきと言えば、「速水林業」

日本で一番最初に FSC=森林認証制度 の認定を取られた、先進的な会社です。

詳しくは 速水林業のHPへ

http://www.re-forest.com/hayami/

Img_7634

適度に間伐され、日光が届くので、下草や雑木も青々としている明るい桧の林です。

速水社長から 直接説明をしていただきました。

森の中には素敵な山小屋も・・・。

Img_7643

貯木場では、美しい年輪の尾鷲ひのきの説明を聞きました。

Img_7654

苗木も育てていました。

それから、バスで移動して、近くの製材所を見学。

Img_7687

尾鷲の桧(=速水林業の桧)って、赤味が多く、とても美しいピンク色をしています。

私の住む岡山県北部も「みまさか桧」の産地ですが、そこよりも 赤味の色が濃い気がしました。

***********************

夕方5時過ぎに見学会を終了。

海辺の宿 「ロッジ山水」へ。

夕食の後、深夜まで、別室の大広間で 語り合いました。

これが、とても楽しく、興味深い話がたくさん聞けました。

設計事務所や工務店や木材屋や、年齢層も20代から60代までと幅広い。

男女比は6:4ぐらいでしょうか?

やはり、同じ志(木を生かしたホンモノの良い住まいを作りたい!)を持っている人たちは、いいなあ・・・。

主催の三澤先生ご夫妻はもちろん、MOKスクールメンバーはとても素敵!

参加して良かった、と心から思いました。

                   2日目に つづく・・・        

2011年11月 6日 (日)

中古住宅を新居にリフォーム その2~トイレの手洗いコーナーづくり

中古住宅のリフォーム。

そろそろ完成に近づいてきました。

8.トイレのリフォーム~おしゃれな手洗いコーナーづくり

Img_5564

現状のトイレは、元々兼用便器(和式)だったものを、下水道接続のときに、洋式便器にリフォームしています。

ですから、便器は比較的新しいです。

でも、それが、とても狭い。

奥行きが 壁の心心で1200mmしかありません。

そこに、ロータンク付の洋式便器ですから ドアまでの空間は、350mm。

つまり、男性が立って使うには、後ろのドアを開けておかないとならないほど。

これから住まわれるご夫婦には、1歳半のお子さんがいます。

トイレトレーニング等で、親が付き添っていかなければならないのに、どう考えても狭い。

そこで、廊下を取込んで、トイレの奥行きを倍の2400mmにします。

それと、便器のロータンクに、手洗いがついているのですが、ここで、手を洗うと便座に水が散ったりして、濡れる原因です。

ですから、広くなったスペースに、手洗い器を取りつけることにします。

**************************

手洗い器は、カウンターの上に信楽焼のものを置き、おしゃれな感じにしたい。

これは、施主の希望というより、設計士(私)の こだわりです。

こういう信楽焼のような手洗い器は、TOTOやINAXでは べらぼうに高いので、使えません。

インターネットで買えば手頃な製品が手に入ります。

そして、カウンターをどうするか?

この、現場は予算がとても厳しいので、集成材にするつもりでした。

でも、本物の無垢の木のほうが 趣があります。

ちょうど、そのころ、もうひとつのリフォーム中の現場で、同じような要望があり、カウンターを選びに「津山銘木」さんのところへ行くことになりました。

津山銘木さんのところでは、ケヤキやトチ、サクラ等、いろいろな銘木がときにはとても安く売られています。(特に半端もの)

ちょうど良いケヤキの面皮つきの材があり、1mあれば良いと思っているのに 2.4mあります。

それで、計算してみたら、半分にしたら集成材のカウンターと千円しか違わないので、1枚買ってそちらの現場と半分ずつ分けることにしました。

これは、厚みをそろえるために、プレーナーをかけてもらっているところです。

Img_6952

持って帰って 大工さんと相談し、現場に入るように、向こう側を少し切り落とします。

Img_7090

それから、幅も少し長いので切り落とします。

Img_7094

仕上げにサンダーをかけます。

Img_7099

さて、ここからは、私が 塗装をします。

Img_7108

外で、リボスのクノスを塗りました。

裏は取付てからは塗りにくいので、表裏、塗りました。

塗ると、こんなにきれいな木目が出てきました。

さすがにケヤキです。

Img_7136

取りつけてもらいました。

周りの壁は杉板を張ります。

左手に見えているのは 断熱材のフェノバボードで、土壁が寒いので内張りしてもらいました。

Img_7279

壁の杉板は、プロの塗装屋さんに塗ってもらいましたが、カウンターの2回目の塗装は、少しなので、私が塗りました。

青いのは塗装用の養生テープです。

排水の配管用の穴が空いています。

ついでに外で、造り付け折りたたみテーブルの塗装もしておきました。

手洗い器を取りつけ、単水栓(蛇口)も取りつけてもらいました。

Img_7350

信楽焼の陶器製の手洗い鉢をインターネットで購入。

単水栓はTOTO製ですが、これもネットで購入しました。

この単水栓は、水を出すレバーが頭についているので、水を止めるときも、手洗い鉢の中に水が落ちるので、周りのカウンターが濡れません。

これは、オススメです。

カウンターの下にアングル止水栓があり、ここで 水量を絞っているので、水が出すぎず、はねません。

なかなか、おしゃれな 手洗いコーナーができました。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ