最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« みまさか山の会27年のあゆみ展 | トップページ | 高校生住宅コンペ »

2011年8月10日 (水)

ウルシまけ~造り付けキッチン漆塗り

ウルシまけというのは、ウルシにかぶれる、ということです。

今、リフォーム中のお宅のキッチンはオーダーキッチンで漆(ウルシ)塗り仕上げ。

オーダーキッチンは桧製で、最初はキッチン屋さんがウルシを塗って 後は施主の希望で施主さんが塗られました。

でも、2回目を塗った時に 暑かったのでつい、軽装で塗ったら、すごくかぶれてしまいました。

それで、続きはまたキッチン屋さんが塗られました。

キッチン屋さんは、なんともないのです。

ウルシは拭き漆なんですが、塗り重ねるほど、光沢も色も美しくなって行きます。

塗るのを見ていたんですが、なかなか大変。

手間がかかります。

「体験してみませんか?」と 言われましたが、ウルシまけを恐れて しませんでした。

なのに、ちょっとかぶれてしまいました。

外で屋根のあるところでやっているんですが、周りの空気から、成分が「出て」いるのかな?

触ってないつもりでも、つい、触るし。

漆塗りは、今は夏の暑い時期だから普通にできますが、冬だと部屋を閉め切って、湿度をあげてやらないとうまくいかないそうです。

でも、それは、本当に美しい色なんです。

下地が桧なので、表面がつるっとしているから、よけいにすべすべしっとりした仕上がりになっている気がします。

Img_5726a

実は私は子供のころは、山や川を走り回って遊んでいたんですが、あるとき ひどいウルシまけになってしまいました。

顔が風船のように腫れあがり、目も開けられないほど。

小学校のときでしたが、学校も休みました。

その苦い思い出がふっと頭をよぎったのですが、今は山登りをしょっちゅうしてるけどなんともないので平気と思っていました。

ところが、私にもその兆候が・・・・。

まだ、少しなんですが その少しが、痒くて痒くて すごく不快。

だから 昨日はさっさと皮膚科を受診。

塗り薬をもらい、これで 一安心です。

今日は、顔にも少し出たけど、まあ、気にしないことにします。

完全に乾いてしまえば、まけることはない、ということです。

(漆塗りのお盆でまけた、という話を聞きましたが、普通は大丈夫でしょう)

それでも、ウルシ塗りは美しい。

アイランドキッチン+壁付けのキッチンですが、白の人造大理石のカウンターに、よく映えます。

本当に うっとりするぐらい美しいキッチンになりました。

周りの薄クリーム色のしっくいや、こげ茶に塗った梁丸太とも、インテリアがよくマッチして本当にきれいです。

いいなあ。

リビングキッチンの主役ですね。

こんなキッチン、よそでも見たことがありません。

しかも、水拭きで汚れもきれいに落ちます。

洗剤をつけても良い。

まるで漆塗りのお椀・・・・。

色も濃い目なので、汚れも目立ちにくいし。

施主さんの「思い」が、素敵なキッチンになりました。

« みまさか山の会27年のあゆみ展 | トップページ | 高校生住宅コンペ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みまさか山の会27年のあゆみ展 | トップページ | 高校生住宅コンペ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ