最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« シーリングファンの効用 | トップページ | 木部塗装のセルフビルド~自然塗料の検討(オイルタイプ) »

2011年7月 1日 (金)

木部塗装のセルフビルド~自然系塗料の検討

今日は天気は梅雨空ですが、昨日までに比べて涼しい。

先日からやろうと思っていた、私の事務所の塗装工事を行いました。

自分で塗るので、やはり、自然系の塗料が良いです。

いくら、自然系の塗料とは言っても、あちこち開け放して、換気をしながら行います。

今日塗る場所は、上り框。材質は桧です。

今まで、無塗装だったので、靴についた泥がついたりして、薄汚れてきました。

まず、固く絞った濡れ雑巾で、汚れをふき取ります。

それから、框以外のところに塗装がつかないように、塗装用の養生テープを貼ります。

Img_4738

塗料は、オスモカラーのフロアクリア ラビット。

去年、ミニキッチンのシンク周りの桧のカウンターに塗った残りがありました。

これは、オスモカラーの営業マンにいただいた、サンプルです。

Img_4741

これは、ちょっと ねばっこい。

3分ツヤがあります。

桧のキッチンカウンターに塗ったところ、コーヒーをこぼして、乾いても、ぬれぞうきんでふけば、簡単にきれいになります。

塗膜を作るタイプの塗料です。

Img_4743

自然系とは言っても、この塗料は、速乾タイプなので、溶剤が入っているのでしょう。

少し臭います。

それと、粘り気があるので、刷毛の跡とか、着きやすい感じ。

キッチンカウンターは2度塗しましたが、ここは、1度塗で充分。

というか、実はもう、あんまりないので。

次に、住宅の玄関框があるのですが、ここも、無塗装。

オスモが済んだので、今度は、リボスのクノスを塗ります。

これは、ネットで有料サンプルを取り寄せました。

Img_4755

濃いグレーのような感じ。色は透明なんですが。

Img_4758

塗って見ると、さらっとしていて、オスモのフロアクリアよりも塗りやすい。

これも、表面に薄い塗膜を作り汚れ防止に効果のある、塗料です。

臭いは、オスモよりは少ないようです。

セルフビルドなら、こちらかな。

3分つやがあります。

汚れ防止に良い。

Img_4773

さて、初めに塗ったオスモカラー。

夕方になって、まだ、完全には乾いてないけれど、養生テープを取ってみました。

無塗装のときよりも、アメ色になって、いい感じになりました。

もうひとつ、今施工中のリフォームの施主さんに頼まれている、外部の桧板に塗る塗料の検討。

Img_4769

これは、大谷塗料のバトン。

バトンも自然塗料なので、イヤなにおいはしません。

左がナチュラルブラウン、右がパインです。

パインのほうが少し赤味がありますね。

桧板なので、今はきれいですが、1年もたたない間に、やけて真っ黒になる恐れがあります。

でも、透明では、紫外線を防ぐ効果はないそうです。

木目を生かしたいので、濃い色はつけたくない。

で、提案するのが、これらの色です。

これも、1階の壁なので、施主さんがご自分で塗られます。

セルフビルドの場合、塗りやすくて、イヤな臭いがしない、自然系塗料が必然です。

明日、打合せなので、塗り見本を持参して説明・検討します。

私の現場は、木部の塗装やWAX、仕上げのオイル塗等はセルフビルドが多い。

塗装屋さんにお願いすることは少ないです。

塗料はネットで買って、セルフビルドで予算を浮かすという、目的もあります。

自分で塗れば、かなり安くできますからね。

家族で塗れば、愛着もわくし、将来のメンテナンスも気楽にできますよ。

オススメです。

« シーリングファンの効用 | トップページ | 木部塗装のセルフビルド~自然塗料の検討(オイルタイプ) »

恵 事務所リフォーム工事(古民家改修)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シーリングファンの効用 | トップページ | 木部塗装のセルフビルド~自然塗料の検討(オイルタイプ) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ