最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 裸足のしあわせ | トップページ | みまさか山の会27年のあゆみ展 »

2011年7月24日 (日)

伯耆大山 ユートピアのお花畑

  みまさか山の会 夏恒例のお花畑観賞登山へ今年も行ってきました。

天気は快晴。

こんな、スカッと晴れた大山は久しぶりです。

大神山神社は相変わらず荘厳な雰囲気。(この写真は裏から見たところです。)

Img_5532

大神山神社の裏手から下宝珠へ。

Img_5531

気温は低いのですが、汗だくになりました。

今日の行程で一番の急登かも。

Img_5388_2

上の写真は、上宝珠から見た弥山(夏山登山道から登ったときの山頂 1,710m)の方向。

本当の山頂は剣が峰(1,729m)になります。

今、縦走は禁止されているので、山のベテランさんの世界です。(主に冬)

くっきりと晴れ渡った空に濃い緑で覆われた大山。

岩とのコントラストが美しいです。

Img_5409

今日は天気が良くて、日本海の弓ヶ浜までよく見えます。

大山はいつも崩れている山なので、足元に注意しながら 登ります。

Img_5413

私は、このコースは10回以上(20年以上)は登っていますが、登山道の位置はどんどん変っています。

それぐらい、崩れやすい山なのです。

危険な場所はロープが張ってあります。

いくつかの難所を通りぬけ、やっとユートピアと三鈷峰の分岐に着きました。

Img_5453

ここから、全員で三鈷峰へ行って昼食です。

Img_5430

三鈷峰は分岐から見れば穏やかですが、反対側はスッパリと切れ落ちたガレ場なので、慎重に登らないといけません。

Img_5448

結構、人が多いので、道を譲りながら、山頂につきました。

Img_5444

向こうに見えているのが、ユートピア小屋の方向です。

ここで集合写真を撮った後、思い思いにランチ。

ビールを一口もらったりして・・・・うまい!

Img_5450

またまた、慎重に下って、今度はユートピアへ。

登山道脇には、かわいい花たち。

今年は、花の開花は10日ぐらい遅れているらしいけど、そこそこ、咲いていました。

満開までは、後2週間ぐらいかな?

Img_5466

クガイソウ

Img_5483

シモツケの群落です。

Img_5481

これは シモツケソウかな。

シモツケは樹木で、シモツケソウは草花だそうです。

ユートピア避難小屋を見下ろすと

Img_5473

お花畑の中に浮かんでる・・・

Img_5492

ユートピア小屋の上を剣が峰方向へ歩き、「小スベリ」という、小さい砂スベリを降りることになりました。

私は、小スベリは、初めてです。

小石が靴にはいらないようにスパッツをつけます。

午後になり、だんだん、ガスってきました。

Img_5495

足を交互に出して、かかとですべって降ります。

あっというまに、ケルンのところまで 降りられました。

少し歩くとすぐ、上宝珠で、ここから、元谷の砂スベリを降ります。

Img_5497

石を落とさないように慎重に、砂スベリの取りつきまで下ります。

Img_5499

砂スベリは豪快に、スイスイすべって、あっという間に下ります。

砂スベリを下って、来た道を見上げたところです。

でもここは、上部からの落石も多く、さっさと通り抜けたいところです。

この砂の下は雪渓です。

雪が解ける9月初めごろまでは、ここを通ることができます。(年によって違う)

その後は、石が崩れ、滝になり、危険なので通りません。

前に、2回ぐらいそのころ来ましたが、えらい目に遭いました。

Img_5515

元谷の林道に取りつくところから、振り返ってみました。

夏雲が湧いています。

中国地方で唯一、信州のアルプスのような景観が楽しめます。

Img_5524

ブナの林を抜けて大神山神社へ。

Img_5533

紗羅の木(夏椿)が、つぼみをたくさんつけて、出迎えてくれました。

*********************************************************

参考コースタイム

駐車場7:53---大神山神社(小休止)---8:26林道出会い――9:00宝珠尾根(小休止)

---11:00上宝珠---11:11分岐---11:20三鈷峰(昼食)---12:30ユートピア上

---小スベリ---13:00上宝珠分岐---13:28元谷(小休止)---14:25大神山神社

« 裸足のしあわせ | トップページ | みまさか山の会27年のあゆみ展 »

登山」カテゴリの記事

コメント

めぐみさま
きれいな写真が沢山とれましたね(≧m≦)
楽しい山行をまたご一緒しましょう( ^ω^ )
             

伯耆大山は何度行っても、いつ行っても いい山ですよね。
また、行きましょうね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 裸足のしあわせ | トップページ | みまさか山の会27年のあゆみ展 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ