最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

シーリングファンの効用

最近、節電グッズとして、扇風機が見直されているそうです。

梅雨どきの今なら、気温は盛夏ほどではないので、風があればしのげるかもしれません。

で、おすすめしたいのが、シーリングファン。

私は、吹抜けのある家には、ほとんどつけますね。

薪ストーブのある家にも、必ず。

温かさが、部屋の上部にばかりたまってしまうのを、部屋中にいきわたらせることができます。

季節によって、逆回転もできます。

エアコンの部屋でも効率よく、温めたり冷やしたりできるのです。

Img_4684

これは、私の事務所のシーリングファン。

天井高さは、3,400mmあります。

シーリングファンをつけている場所は水平な天井ですが、黒く見える梁から前は、屋根勾配なりに傾斜して低くなっています。

天井板は杉板で、上には200mmのウールブレス(羊毛断熱材)が入っています。

このシーリングファンはDCモーターです。つまり直流。

メーカーはオーデリックです。

ACモーターに比べて買うときは少し高い(ACモーターの倍ぐらい)ですが、ランニングコストが安い。

つまり、電気代が安く、「1/f ゆらぎ」のような、変化のある回り方もしてくれます。

そして、強で回しても、グラグラしません。

以前はACモーターのファンしかなかったので、それをつけましたが、あるときお客様から「シーリングファンを強で回すと、ぐらぐらとゆれる」と言われ、メーカーに見に行ってもらったことがあります。

下地もちゃんとしていたのに ゆれるのです。

つりさげパイプの長さも90センチぐらいあり、それも原因のひとつだったのでしょう。

でも、それは、「しょうがない」と、言われました。

また、5年ぐらい前に建築中の、天井高さが2500mmのリビングに、施主の奥様がシーリングファンをつけたいと言われました。

ちょうど、6月だったのですが、アメリカに留学中のお嬢さんの卒業式に行かれ、アメリカの住まいを見ると、そんなに天井が高くない部屋でも各部屋にシーリングファンが設置されていたそうです。

あれが、ひとつあるだけで、エアコンをつけなくても部屋が涼しいと言われるのです。

急きょ、できるだけ天井高を上げて、シーリングファンをつけることになりました。

そのときは、まだ天井を張る前だったので、2600mmに上げることができました。

そして、あまり高さのない、直付けタイプのものを設置しました。

また、広い部屋だったので、照明器具もふたつつける予定で、真ん中がちょうど空いていたので、中央にファンをつけることができました。

シーリングファンは、リモコン操作で入り切りすることが多いのですが、壁スイッチはつけておいたほうが良いです。

リモコンが操作不能になることもありますから。

それと、つける場所も問題で、以前いた事務所の天井につけていましたが、まったく風がこなかったことがあります。

ちょうど、2.8m×1.7mほどの空間で、その部分だけ他より天井が1m高かったのですが、羽根の周りにゆとりがなく、風ができにくい状況だったのでしょう。

しかも、羽根と壁の間は最低でも25センチ空けましょうとカタログには書いてありますが、そこは5センチぐらいしか空いてなく、羽根が回るたびに「カサッ・・・・カサッ」と音がするのです。

実際には当たってないのですが、風を切る音なのかな?その音も、気になるものです。

Img_4681

今、私の事務所では、西日が当たればこんな感じ。

この面は、Low-Eの遮熱ペアガラスを使っているので、日差しを60%カットしてくれるはず・・・・

確かにリフォーム前よりはずっと、冷暖房もよく効くけれど、もう少ししたら、外にヨシズのすだれも、垂らさなければと思います。

道路との距離が近すぎて緑のカーテンもできないし・・・。

日差しは、窓の外部で少し離してカットするのが、一番効果的です。

でも、とっても居心地が良いですよ、この事務所。

朝晩は今のところ、シーリングファンだけで 充分涼しいです。

昼間の冷房もちょっと入れるだけで よく効きます。

これは、断熱材のおかげと思っています。

それと、土壁の家なので、ひんやりしてるということもあります。

外壁と間仕切り壁にも、隙間なく「フェノールフォーム」断熱材を内張りしましたから。

さあ、暑い夏をできるだけ節電しながら、乗り切りましょう。

2011年6月21日 (火)

花いっぱい・・・初夏の蒜山三座縦走

6月19日(日)

山の会の仲間18名と蒜山三座縦走してきました。

実は、私は三座縦走は初めて。

バラバラには、何度もあるのですが。

体力と気力に自信がなくて、今までチャレンジしていませんでした。

蒜山というのは 西から上蒜山、中蒜山、下蒜山という順に連なっています。

今回は上蒜山から縦走します。

まず、下蒜山に車を回しておきます。

上蒜山の登山口は、百合が原牧場。

天気は曇り。

山はかなりガスっています。

予報では午後から雨ですが、梅雨時期なので、覚悟の上です。

上蒜山登りの登山道脇には、お花たちがたくさん咲いてます。

Img_4470

シモツケ。咲いたばかりのようです。

Img_4472

ヤマボウシ。あちこちにたくさんありました。

Img_4473

ピンクはタニウツギ。赤はヤマツツジです。これも、たくさんありました。

Img_4475

珍しいクマザサの花が咲いていました。初めて見ました。

さて、上蒜山の山頂(1,202m)は展望が良くないし、誰かが、分岐のところの方が実は標高が高いというので、山頂には行きませんでした。

Img_4478

こんな 立ち枯れの木を過ぎると、今度は下りになります。

Img_4479

サワフタギです。これも、たくさんありました。

白い花がきれい。

Img_4484

中蒜山の登りに入りました。

山頂付近は霧の中。

Img_4497

登山道脇には、黄色のニガナと白いニガナ。

かわいい花です。

黄色の方が一般的のようです。たくさん ありました。

Img_4499

左手の景色です。

晴れていれば、後方に大山が見れるはずなんですが・・・。

やっと中蒜山山頂(1,122m)に着きました。

ここで、ランチです。

下界を見ると・・・

Img_4506

少しかすんでいます。

これから、向かう下蒜山方向は・・・?

Img_4507

う~ん・・・・。

雨が降らないことを祈ります。

 

30分のランチ休憩後、出発。

Img_4514

クマザサの草原の中、尾根筋にある登山道なので、気持ち良いです。

Img_4516

ハナタツナミソウ。きれいな紫色です。

Img_4526

レンゲツツジですが、虫に花弁が食べられて、穴ぼこでした。

ついに下蒜山山頂(1,100m)に着きました。

三座の中で一番展望が良い山です。

私も、岡山県北の山で一番好きかも。

Img_4529

振り返ってみると、歩いてきた中蒜山、右に上蒜山が見えます。

Img_4530

尾根には、まだ つぼみの多い、赤いツツジが・・。

Img_4533

たおやかな景色。

クマザサの草原が、ビロードのように見えます。

Img_4543

登山道脇には イブキトラノオ。

蒜山にもあるんですね。

Img_4550

やっと、雲居平まで 降りてきました。

何度来ても気持ちの良いところです。

Img_4553

こんなキレイなウツボグサ 初めて見ました。

Img_4558

急傾斜ですべりやすい登山道を、慎重に下りました。

急な階段やクサリがあります。

Img_4562

可憐な白い花をいっぱいつけた、エゴノキ。

花嫁さんのブーケを思い出しました。

Img_4564

地面に散らばって、星くずのようです。

Img_4569

平坦な道になってから、最後に可憐なササユリを見ることができました。

登山道には、つぼみは結構、あったのですが、まだまだ咲きそうにない感じでしたから、良かったです。

今回、午後から雨の予報でしたが、一度も雨には遭わず、湿度は高かったですが、暑くもなく寒くもなく、梅雨時にしては快適な登山となりました。

花たちにたくさん逢うことができ、蒜山三座の魅力にどっぷり浸かることができて、大満足の山行でした。

また、晴れた日に、今度は下蒜山側から縦走してみたいですね。

**********************************************************

参考コースタイム

上蒜山登山口8:05---9:33八合目---10:06上蒜山山頂近くの分岐---11:16ユートピア---11:26中蒜山山頂(昼食休憩)12:03---12:40フングリ乢---14:02下蒜山山頂---15:52犬挟峠登山口

※ただし、今回、平均年齢が63歳で、下山はかなりゆっくりです。

 でも、みんな若い!

2011年6月15日 (水)

棟上げ~屋根仕舞い

例年より早く梅雨に入り、延び延びになっていた棟上げ。

昨日、無事行われました。

私は所要で行けなかったので、今日、行ってきました。

Img_4344 

のどかな田園風景の中の小高いところに、この敷地があります。

表の幹線道路からも良く見える、抜群のロケーション。

施工は牧田住建株式会社。

最初に設計のお話があったのは、1月だったでしょうか・・・?

高齢のご両親といっしょに住まれる家です。

ご両親の介護を考え、両親室のすぐ近くにサニタリー(トイレ、脱衣、浴室)を配置しました。

そして、両親室が一番日当たりが良く、表にも出やすいように考慮しています。

隣には既存の住まいがあり、その家も生かしながらのモダンな住まいです。

Img_4310

リビングは吹抜けで、大黒柱もあります。

大屋根をかけて、2階はロフト風の寝室と、小屋裏物入れ。

リビングの吹抜けを見下ろすギャラリーなどがあり、中も広々。

そんなに大きな家ではないのですが、西南の交差点から見れば、とても大きく見えます。

Img_4326

裏から見たらこんな感じです。

のどかな田園風景を望みます。

Scan0032

初めのプランがこんな感じで、これを元に少しアレンジされました。

内部のスケッチパースは・・・

Scan0031_2

こんな感じです。

素敵な家ができますように・・・ 

2011年6月14日 (火)

日本民家集落博物館

この土日。

またまた、大阪へ行ってきました。

今年もMOKスクールです。

今回は、翌日M's設計さんの見学会があり、設計者の三澤康彦さんの解説付きです。

1泊して、ついでに見て帰れます。

この見学会のお宅も、いつものように 大変、参考になりました。

ありがとうございました。

この見学会のお宅は豊中市にあり、行きは阪急宝塚線の岡町駅から、MOKスクール仲間の女性といっしょに現場に徒歩で行きました。

お昼前に終わり、今度は、服部緑地を東方向に横切り 北大阪急行線の「緑地公園駅」から電車で一駅の「桃山台駅」へ行き 高速バスで帰る予定です。

Img_4172

公園の中には、森も竹やぶもあります。

とにかく、広い。

単なる田舎道のようですが、これが公園の中です。

服部緑地公園の中には「日本民家集落博物館」と いうのがあります。

これは、面白そう。

さっそく 見学することにしました。

緑地公園は広大な公園で、入場料は無料です。

でも、この博物館は、大人500円必要です。

博物館と言っても、広大な敷地の中に日本全国の有名な古民家が移築、復元されています。

Img_4173

入口に案内があります。

Img_4174

長屋門の入口です。

ここで 入場料を払います。

 

まず倉を見て 次に白川郷の合掌造り。

Img_4177

大迫力です。

Img_4180

軒先には新玉ねぎもつるしてあり、芸が細かい。

本物です。

Img_4184

中も、囲炉裏に火が入れてあり、今日は午後1時半から、語り部がお話をしてくださるようです。

いい感じ・・・

でも、先を急ぐので、次へ。

Img_4204

これは、宮崎県の日向椎葉の民家。

本物の「縁側のある家」ですね。

Img_4206

軒も深くて、いいなあ。

中には「かまど」があります。

Img_4207

とても広いです。

何人で住んでいたのかな?

Img_4210

それから、今度は 摂津能勢の古民家へ。

ここは、こじんまりしています。

Img_4219

屋根の茅葺が新しいです。とても美しい。

屋根にワイヤー(?)が 張りめぐらされていて、尋ねたら カラスよけだそうです。

中には、この古民家群で唯一、畳の部屋がありました。

これは、奄美大島の高倉。

Img_4228

この屋根部分が倉になっているのです。

いかにも、南の島に似合いそうな感じ。

東南アジアにも通じますね。

次に 信濃秋山の民家へ。

Img_4233

ここは、屋根が茅葺だけでなく、壁も茅壁です。

茅葺屋根って究極の断熱住宅なんですよね。

夏はひんやり。冬はあったかい。

寒い地方の民家なので 開口部が少なく、断熱性にすぐれた 茅で作られています。

昔は土壁って とても 高級な仕上げだったようです。

Img_4235

中も、板床を張っていなくて 土座と言って、土を掘り下げて 20センチぐらいもみ殻を敷いてその上にムシロを敷いての生活です。

ノミや虫がわきやすいですが、冬は隙間風もなく、囲炉裏の熱が蓄熱できて暖かかったそうです。

Img_4265

これは、岩手県南部地方の「曲がり屋」

以前、旅行で遠野へ行ったときに この形の民家を利用した民宿に泊まったことがあります。

牛馬もいっしょの家です。

この博物館は、広い敷地に、高低差もあり、季節の花や樹木もたくさん。

雰囲気がとても良いです。

なんか 田舎に来て 癒されるのがわかる感じ。

ほとんどの建物が国の重要文化財に指定されているそうです。

大阪にこんな場所があったなんてね。

全部は紹介できませんでしたが、みなさんも機会があれば行ってみてください。

この後、小雨がパラつく中を、服部緑地公園を横切り、駅の近くで遅いランチを摂ってから、電車~高速バス経由で帰途につきました。

2011年6月10日 (金)

大工さんの作る家具

家を建てると、次に欲しくなるのが 家具。

でも、家が、新建材だらけの家ならまだいいのですが、無垢の木や自然素材を使った木造住宅なら、それに 似合う家具を置きたいものです。

今まで使っていた家具が似合わないということもあります。

でも、そういう無垢の木で作った既製品の家具はとても高価。

「家を建ててお金がたくさんかかったのに、家具まで無理。

でも、木の家に似合う素敵な家具が欲しい・・・。」

そう、思うなら、安っぽい既製品を買うのは ちょっと待ってください。

大工さんに 家具を作ってもらいませんか?

棚や机、テーブル等は たいてい作れます。

もちろん、その大工さんの腕にもよりますが、ちゃんと図面を描き、材料代と日当を払えば大丈夫。

塗装は自分で自然系の塗料を塗ればいいのです。

30年以上前は、大工さんもちょっとした家具は作っていました。

でも、既製品(新建材メーカーの家具=貼り物)の家具や、システムキッチンに付属する食器棚等が簡単に手に入るようになって、作らなくなってしまったのです。

建材メーカーの家具は確かに見栄えは良いですが、表面が樹脂シート貼が多い。

中は、MDF(木の屑を接着材で固めたようなもの)で、しかも 結構、高価です。

既製品建具もそういうものが主流です。

また、造作家具専門の家具屋に作ってもらうと、食器棚1台(1800×450×2000)が、25万~30万もしてしまう。(もっとするかも?)

しかも、無垢の家具というわけではなく フラッシュやランバーコア。

つまり中は空洞だったり、貼り物だったりするわけです。

だから、私は大工さんに頼みます。

予算がなければ 集成材でOK。

集成材とは、中まで同じ材を寄せて板になっているもので、とても安いです。

でも、少し、予算があれば、杉や桧で作ります。

大工さんは、あまり、しゃくったり装飾をしません。

でも、あの、質素で武骨な感じが好きです。

椅子は難しいですが、それ以外なら、たいてい作れます。

引出しと、建具は、建具屋さんに頼めば、箱部分は大工さんでOK。

シンプルで、いい家具ができますよ。

※でも、大工さんによっては、そういう仕事をしない(できないのではないけど、したくない。それは、家具屋の仕事だと、思っている。)という方もおられますので、よく、ご相談ください。

これは、玄関収納。桧の台形集成で作りました。

P1010046

P1010045

これは、テレビボード。

ベンチにもなります。

Pa020048

また、ダイニングテーブルは・・・・

通常70㎝の高さが多いですが、くつろげるように、65㎝の高さです。

リビングも兼ねた低めの椅子を買われました。

天板が杉。脚は桧。

Img_2083a

これは、私の事務所のテーブル。桧製です。

米ぬかWAXとレモンオイルとエゴマ油が混ざった自然系のWAXを塗りました。

でも、事務所だからいいけど、食卓に使うなら、もっとしっかりした塗装をした方が良いですね。

お醤油やコーヒーをこぼしても シミにならないように・・・。

Img_6491

これは、食器棚(杉材)。建具は桧です。

開けると全部見え、大変使いやすいそうです。

ダボ柱で自在に棚の位置を変えることができます。

P6170006

本ダナと机。(私の事務所)桧製です。

背板はシナベニヤですが、桧と色がよく合います。

本ダナは、A4ファイルが入るように作り、固定棚にしています。

中間に仕切りがないと、バタバタと本が倒れてしまいます。

本はとても重いので、頑丈に作ることが大事です。

Img_6730

今、リフォーム中のお宅も、素敵なパソコンコーナーの机と本ダナができています。

掘りごたつのやぐらも作ってもらいました。

Img_40421

こういう家具を、図面を出せば、ちゃんと作ってくれる大工さんを知っています。

その大工さんは、器用なだけでなく、センスがいい。

設計者や施主の「思い」をわかってくれる。

荒板から、厚みをそろえて、横はぎして、1枚の板を作り、部材を作り、組立て、サンダーで削って美しく仕上げてくれる。

木のことを一番よく知ってて、素朴だけど 頑丈で美しい。

そんな、大工さんの作る家具が、私は大好きです。

2011年6月 5日 (日)

泉山のドウダンツツジ

今日は、初夏恒例のクリーンハイク(清掃登山)へ行って来ました。

場所は、泉山(1209m)。

直前まで、雨の予報が昨日、ひっくり返りました。

泉山は、岡山県旧鏡野町と旧奥津町にまたがる山。(今は鏡野町)

コースは、去年登った大町から登る「中林コース」が、林道の土砂崩れのため、通行止め。

今年は、養野コース(Aコース)~(Bコース)を 登ります。

もうひとつのパーティは 大神宮原~笠菅コース。

養野コース登山口。泉嵓神社を出発。

しばらく林道歩き。

そして、山道に入って行きます。

さて、このコースは、ドウダンツツジが多いのです。

ドウダンツツジは当たり年とそうでない年があり、今年はどうも当たり年のようです。

分岐を過ぎて、稜線に出るまでの間。

ベニドウダンがたくさんありました。

Img_3972

アップにするとこんな感じ。かわいい花です。

Img_3970

津山高校ヒュッテの周りにはごみがたくさんありました。

Img_3979

そして、稜線には、たくさんの、イワカガミたち。

Img_3978

ここのイワカガミは、他所よりピンクが濃い気がします。

そして、アカモノも。

Img_3977

小さくてとてもかわいい。

チゴユリもたくさん。

Img_3981

大神宮原との分岐で、もうひとつのパーティと合流。

みまさか山の会会員と、新聞で見て参加された方、そして新聞記者で総勢 18名になりました。

Img_3988

稜線に出るとこんな感じ。

周りはクマザサの原っぱです。

Img_3985

こんな景色の中、山頂に向かいます。

天気は 薄曇り。暑くもなく寒くもなく、風もほとんどなく、絶好の登山日和です。

そして、登山道脇には、サラサドウダンの木も多い。

Img_3994

まだ、つぼみも多く、後1週間ぐらいで満開かな?

でも、花はたくさんありました。

山頂で、ランチとなりました。

私はおにぎり1個と漬物、ミニカップうどんでしたが、ごちそうがたくさん出てきました。

料理を持参してきてくださった皆様。ごちそうさまでした。

下山はBコースの急坂を下りました。

Img_4002

満開のタニウツギが迎えてくれました。

私は駐車場で、みんなと別れ、温泉入浴して帰りました。

ドウダンツツジがたくさん見られて、充実の登山でした。

*************************************:

コースタイム(ごみ拾いしながらなので 登りはゆっくりめ)

養野登山口駐車場 8:04 --- 8:27林道終点‐‐‐9:18福ガ乢分岐‐‐‐10:16井水山‐‐‐10:32 津山高校ヒュッテ10:42‐‐‐11:00中央峰(1198m)‐‐‐11:23 泉山山頂

山頂 12:05 ‐‐‐ 13:40 駐車場

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ