最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 新緑の雨乞山(岡山県) | トップページ | 泉山のドウダンツツジ »

2011年5月23日 (月)

薪ストーブの炉台

今、リフォーム中のお宅で、薪ストーブを取付予定です。

それで、炉台や、腰壁に何を使うか検討中です。

私の設計する家で、薪ストーブは、これで、5台目。

最近、薪ストーブ率、結構高いです。

皆さん、自然素材志向で、新建材嫌いの方が多い。

私の設計では、ビニールクロスは絶対、使わないし、既製品の木製建具も使いません。

クロスは使っても、和紙やケナフや、自然系のものです。

そして、私の施主さんの特徴は、ご主人がものすごく熱心。

いろいろ、研究を重ねている人が多いのです。

さて、1軒めの薪ストーブの仕上げは・・・・・

P1010013

床(炉台)、腰壁 ・・・リサイクル耐火煉瓦(岡山県備前市は、耐火煉瓦の産地です。備前市まで、買いに行かれました。)

上部壁・・・・カルストーン貼

   ※カルストーンは20年以上昔、はやった建材で、軽石のような人造石です。

    今は、もう販売してないと思います。断熱性があり、温かいので、お風呂の床等にもよく使用されていました。でも、お風呂は水がかかるので、青苔が生えて大変でした。

このお宅は、たまたま知人からカルストーンの在庫品をもらったので、使用されました。

この薪ストーブ周りの施工は、ご家族でされました。

素人とは思えない、立派なものです。

2軒目は同じお宅の母屋ですが、床は土間で御影石のバーナー仕上げでした。

残念ながら写真はありません。

3軒目は・・・

P1101398a

床も腰壁も栃木県産「深岩石」

大谷石によく似ていますが、こちらの方が硬い。

コンクリートと同じ強度があるそうです。

後ろ側は、クローゼットなので、断熱の為に空気層を作りました。

床の下地は、コンクリートを基礎から立ち上げました。(コンクリートの塊です。)

4軒目は・・

Img_2076

床は大理石

腰壁は、煉瓦積み。(耐震のために穴あき煉瓦、鉄筋入)

ご夫婦で施工されました。

壁の煉瓦は、空気層を設けずに、ストーブの熱を蓄熱して、隣室の寝室にも輻射熱が伝わるようにしています。

壁の赤煉瓦に合せて、床の大理石の色を決めたのでしょう。(ここは、施主さんにお任せ)

さて、今度の現場は・・・

Img_3732

左上から、大理石、大理石、福光石

左下 大谷石(細目) そして 桧フローリング

福光石は島根県の石見銀山近くで採れる石で、いい感じだとは思ったのですが、施主さんは、床は汚れやすいからつるっとした石で、色は濃い目が良いと言われ、左上の大理石に決定。

Img_3733

でも、腰壁までつるぴかは、いやなので、色が良くマッチする、大谷石に決定しました。

周りは桧のフローリングなんですが、いい感じになると思います。

楽しみです。

« 新緑の雨乞山(岡山県) | トップページ | 泉山のドウダンツツジ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑の雨乞山(岡山県) | トップページ | 泉山のドウダンツツジ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ