最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« すきま風 | トップページ | みまさか木の家 「終いの棲家」設計コンテスト »

2011年2月23日 (水)

駒ノ尾~ダルガ峰 雪山縦走

先週の日曜日。

みまさか山の会の仲間と、雪山縦走をしてきました。

今年は雪が豊富。

天気は快晴が予想され、仕事が忙しくても、無理してでも行っておきたかったのです。

朝、6時45分に勝北町運動公園集合。

乗り合わせて7時半に旧大原町役場へ。

もうすでに、メンバーが、下山予定の西粟倉大茅スキー場に車を一台回しに行かれていました。

私はこのコースは初めてで、のんびり雪山ハイクと聞いて、ルンルン気分で参加しています。

総勢16名。

男女半々のパーティです。

西粟倉の野鳥苑から登るのかと思いきや、道路の雪に行く手をはばまれ、林道の除雪の終点に車を停めて、いざ出発。

Img_1387

雪は締まっていて歩きやすい。

スノーシューはしばらく必要なさそうです。

40分ほど歩いて野鳥苑着。

西粟倉には何度もきているけれど、こんなところがあるなんて知りませんでした。

バンガローや野鳥を観察する小屋もあり、夏来ると良さそうです。

残念ながら写真は撮っていません。

しばらく林道を歩いて今度は登山道へ。

ズンズン高度をかせいで行きます。

途中で、料理上手なメンバーからオレンジ入りのパウンドケーキの差し入れ。

とても美味しかったです。

ふと、西方向を見るとカッコイイ山が。

Img_1394

なんと、那岐山なのです。

今まで数十回は登っている那岐の雄姿。

こっちの方向から見るのは初めてで本当に美しい。

Img_1393_2 

今日は、この那岐山を眺めながらの登山になりそうです。

黒岩山のピークを過ぎて少し下りになります。

景色はこんな感じ。

Img_1403

穏やかな雑木林の中をスノーシューでゆっくり下ります。

Img_1406

ダルガ峰の林道終点(?)の広場に来ました。

夏ならここまで車で来れるそうです。

立派なトイレもありました。

Img_1409

ふと見ると、近くの落葉樹の枝に葉っぱがたくさん固めてあり、ベテランのOさんが

「あれが熊棚だよ」と 教えてくれました。

Img_1413

ここから、駒ノ尾の登りになります。

Img_1417

見晴らしの良い丘の上に、ログハウスの展望台がありました。

周りには木があまりありません。

Img_1424_2 

いい眺めです。

雪の白と、落葉樹の枯れ木と、針葉樹の形がとても美しい。

Img_1433

この眺めも素敵。

絵に描きたくなります。

雪はサラサラのパウダースノーに変わってきました。

Img_1437

ネコヤナギの芽を見つけました。

雪の中でもしっかり春を告げています。

Img_1440

こんな気持ち良い風景が続きます。

Img_1450

もうすぐ駒ノ尾の山頂。

誰かのピッケルが立ててありました。

Img_1456

左下に小さく見えるのが避難小屋です。

ドアが凍りついて開かなかったので、みんな窓から 入っておいしいしし鍋をいただきました。

実は窓から入るのが結構大変で、大笑いしながらの楽しい侵入です。

おなかも膨らんだので、今度は下山。

兵庫県との県境尾根を下ります。

右手にはちぐさ高原スキー場も見えます。

Img_1469

こんな看板も!

ダルガ峰を過ぎて、大草原の中にまた避難小屋がありました。

Img_1473

この辺の避難小屋ってみんな同じ建物みたいです。(補強コンクリートブロック造)

那岐山も同じような気がします。

もう、このあたりで 私の右足の付け根が痛くなってきていましたが、リーダーに聞くとまだ3kmも有り、もう1時間半はかかると言われちょっとガックリ。

でも、しょうがないので、黙々と大茅スキー場を目指して下って行きました。

でも思ったよりも早く、1時間ほどで、下山できました。

私の設計した「土壁で外張り断熱の家」が近くにあるので 「できれば、見たい」と数人の人に言われ、施主さんに電話をしてみました。

ちょうど帰宅されたところだったそうですが、快く見せていただけることになりました。

なので、車を回しているのが待てないので、スキー場からさらに1.8kmの舗装道路を歩くことになりました。

これが、一番疲れました。

ちょっと距離は長かったけど、風もなく最高の天気、最高の景色で、楽しく雪山ハイクができ、最後には久々に暖かな家も見せていただけたので、大満足の山行でした。

コースタイム**************************************************************

林道除雪終点8:05~8:43野鳥苑~10:00黒岩山~10:19ダルガ峰トイレ広場~11:40駒ノ尾山頂~山頂避難小屋 11:50着

山頂避難小屋 13:00~14:00 ダルガ峰避難小屋~14:50大茅スキー場

« すきま風 | トップページ | みまさか木の家 「終いの棲家」設計コンテスト »

登山」カテゴリの記事

コメント

先日の土曜日(19日)久しぶりに、ちくさスキー場~ダルガ峰~
大茅スキー場~自宅 をスキーで完走しました。
朝、ちくさスキー場まで送ってもらい、1本滑ってからダルガ峰に入りました。ダルガ峰は標高1110m~1160m、面積40haの平坦な台地です。あの大型台風が来るまでは50年生以上の桧、杉の林の中に入ると方向感覚を失うような所でした。湿地、苔、小さな小川があり不思議な場所でした。台風により2/3もの被害が発生し、現在のような草原になっています。津山からも後山~駒の尾の左に見ることが出来ます。
ダルガ峰~大茅スキー場は大きな岩が有るので積雪が多い時でないと滑れません。また杉林の急斜面を降りるので、怪我の事を考えると単独行は出来ません。今年は雪もしっかり有り、子供が付き合ってくれたので久しぶりに滑れました。雪が重くて十分回せませんでしたが、毎回楽しく、満足します。大茅スキー場に降りると鹿が3頭歓迎してくれました。
お知らせです(これが本題です)が、本日22日(火)原生林駐車場までの除雪が完了しました。(ちくさ方面も開通しているはずです。)東山、沖の山に行かれるなら積雪も充分ありますので良い条件だと思います。

情報ありがとうございます。

そうですか。この前、お会いしたときにおっしゃられていた縦走をされたんですね。いいですね~。シカにも会えたなんて・・・。

今年は雪が多いので、もう1回ぐらい雪山を歩きたいと思っているのですが、工事中の現場が3つも重なって、行けそうにありません。
また、いろいろ教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すきま風 | トップページ | みまさか木の家 「終いの棲家」設計コンテスト »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ