最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 「断熱・エコ住宅のつくり方」セミナー | トップページ | すきま風 »

2011年2月11日 (金)

雪の毛無山(岡山県)

先週の日曜。(2月6日)

雪の毛無山へ行ってきました。

Img_1117 

これは、米子道の蒜山サービスエリア(下り線)

こんなに雪がある蒜山SA、初めて見ました。

まるで 雪国です。

本当は三平山へ行く予定でした。

三平山は蒜山ICを下りて県道を左に進みます。

でも、登山口のある、県道が全面通行止め。

今日、ニュースでやってましたけど、大晦日の大雪から 雪崩が多発して、とても除雪できないので、ずっと通行止めで、米子道の蒜山IC~江府IC間だけ、他の道がないから、今日から無料になったそうです。

これは、このふたつのICで入って、降りるだけの人だけが無料で ただ通過する人は無料にならないそうです。

生活道路の代りなので。

しょうがないので三平山をあきらめて、野土路トンネルを通って、新庄村の毛無山へ。

毛無山の登山口そばまで、民家があるので 道は除雪してあります。

駐車場には もう 10台ぐらいの車が・・・・。

私たちと同じぐらいに登山準備してる人たちがいて、彼らも三平山がダメで毛無山に変えたそうです。

だから、登山開始が10時過ぎでした。

Img_1185

登山口から しばらく平坦な道を歩きますが、周りをみると積雪は1mは、ありますね。

2mぐらい降った雪が、圧縮されて1mになってるのでしょう。

ここで、白馬山縦走コースとに、二手に分かれます。

私たちは普通に直登コース。

初めは杉林。

それから だんだんブナの天然林に入って行きます。

雪山なので、誰かが 近道をトレースつけていて、そちらを登って行きます。

Img_1131

結構、急な斜面を登ります。

トレースがあるし、雪が締まっているので つぼ足(登山靴だけで登ること)でも大丈夫です。

まわりの樹木もだんだん大きなブナの木が増えてきます。

斜面が少し緩くなってきたので スノーシューを履きました。

Img_1135

山頂方向の尾根が見えてきました。

この辺で12時になってしまったので 途中だけど お昼にしました。

Img_1140

このあたりは、だいぶ勾配が緩いです。

ルンルン気分で歩けます。

Img_1143

これが、山頂直下の避難小屋。

先客がいました。

同行者は、体力温存のために、ここで待つと言ったので ひとりで 山頂へ。

10分ほど歩けば到着です。

Img_1154

山頂はだれもいなくて、独占状態。

気温も高くて、春霞のようです。

右奥にうっすらと伯耆大山が見えます。

登りはほとんど無風で寒くなく、快適登山でしたが、さすがに山頂は風があります。

でも、空はいい天気。

Img_1172

これは、白馬山方向の尾根です。

中央奥にうっすらとみえる、頭が白い山が、今日登る予定だった三平山だと思います。

Img_1175

ちょっと、山頂の雪原に寝転んでみたりして・・・・。

下山はときどきお尻で滑って降ります。

Img_1183

山頂まで1.2kmの標識もこんなに埋まっていました。

Img_1192

登山口近くの毛無山山の家と、そばの小川です。

雪は2mぐらいは積ってるかな?

下山は3時半でした。

帰りは蒜山経由で 国民宿舎津黒高原荘の温泉へ。

私のお気に入りの温泉。

湯船に浸かりながら、津黒山が見えます。

露天風呂もあるけど、あまり景色が良くない。

普通の湯船のほうが良い眺めです。

Img_1211

初めて行った、友人も感激していました。

お湯はかけ流しで、超・気持ちイイし。

私たちの貸し切り状態だったのをいいことに、カメラを持って入って撮りました。

そしたら、脱衣室にカメラと時計を忘れてしまい、翌日ひとりで高速飛ばして取りに行きました。

相変わらず、マヌケです。

まあ、あったからいいけど。

院庄IC~湯原IC経由でうちから 50分で着きました。

以外に近い!

仕事が忙しいので、午前中に とんぼ帰りしましたけど・・・。(それなら、忘れるなよ!)

穏やかな天気の中、雪山満喫のハイキングでした。

« 「断熱・エコ住宅のつくり方」セミナー | トップページ | すきま風 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「断熱・エコ住宅のつくり方」セミナー | トップページ | すきま風 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ