最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 造り付け家具検討~花蔵の家 | トップページ | IHコンロ掃除その後とステンレス流しの掃除 »

2010年12月26日 (日)

鬼ノ城山~ひだまり山行

12月19日(日)

今年最後の山登り「鬼ノ城山」へ行ってきました。

鬼ノ城山は 岡山県総社市北部にある、山城跡です。

「桃太郎伝説」の元になった、かつての吉備王国を支配し、大和王朝に滅ぼされた、温羅(うら)という鬼の居城跡だそうです。

森林公園みたいなところかな~、と想像。

でも、相変わらず、山の会のみんなと行くと朝が早い。

朝、暗いうちに起き、7時に美咲町役場に集合。

8時半には予定通り、奥坂P着。

良い天気になりそう。

さっそく、出発。今日は総勢12名です。

初めは、里山風景の中をのんびり歩きます。

急登というわけでもなく、楽勝!

Img_0452

第2展望台あたり。

ここまで来たら、あちこちに城跡の石垣があって、なんか楽しい

はるか遠くに、復元された西門が見えたりして・・・。

しばらく行くと、民家が。

こんな山奥に?と 思ったら 車道もありました。

トイレも。

そこを過ぎ去って、また 里山歩きの雰囲気。

突然、大きなヤマザクラが出現。

「岩屋の大桜」というそうです。

Img_0457

春くれば、かなり見事なヤマザクラが堪能できそうです。

そこを過ぎて、谷川を渡り(せせらぎ十字路という名)尾根を歩いていると、今度は左手に下りる道が・・・。

重田池へ行く道です。

今日は、この池のほとりで、昼食らしく、ウキウキと降りて行きます。

景色がさっと開けて、美しい池が現れました。

Img_0463

人工池だそうですが、枯れ木が水面からのぞき、良く言えば、上高地の大正池・・・・。

水も澄んでいて、とてもキレイです。

私は北八ヶ岳の白駒池を思い出しました。

水面に山の景色が映っていて、岡山県に こんなきれいなころがあったのか!っという感じ。

まだまだ地元でも 知らないところがありますね。

Img_0468_2 

池のほとりで、今日のランチは、しし鍋(すき焼き風)。

そして、ユズみそのおでん。

おにぎり1個と漬物だけ持ってきた私は、シェフたちのおかげでおなかいっぱいになりました。

Img_0475

デザートはユズの砂糖漬け入りパウンドケーキとコーヒーです。

Img_0476

ごちそうさまでした。

さて、もう 降りるだけかと思ったら 大間違い。

これから、鬼ノ城名物 岩めぐりが 始まります。

20101219_016

たとえば、これが 鬼の差し上げ岩。

上にも登れます。

他にも「鬼の酒盛り岩」とか、大きな平たい「八畳岩」、「鬼の昼寝岩」とか・・・

そしてあちこちにある、仏像。

Img_0493

これは、右の仏像の上に馬の頭が乗っていて 「馬頭観音」と呼ばれているものです。

こんな、仏像が、あちこちにあり、歴史が感じられます。

「馬頭観音」の他にも、「岩屋観音」「岩切観音」など、4~5ヶ所はあるようです。

「岩切観音」は 岩を直接彫ってあります。

Img_0507

鬼ノ城山一帯は 「総社ふるさと自然のみち」という名のハイキングコースで、あちこちに 案内版があります。

尾根を下ると急に広い駐車場とビジターセンターが出現しました。

な~んだ、ここまで車で来れるのね。

周りは、観光客の人たち・・・・。

そして、私たちも、復元された鬼ノ城 西門の前を通ります。

Img_0504

そして、下を見ると・・・

Img_0505

はるか彼方に、車を置いた駐車場が見えます・・・。

え~、まだ あんなに歩くんだ・・・・。

ちょっと、ショック。

でも、歩かないと降りられません。

たくさんの丸太の階段を下りて、下山したのは 3時40分過ぎ。

なんと、7時間も歩いたのです。(休憩含む)

公園のような山なのに、結構、ハードでした。

« 造り付け家具検討~花蔵の家 | トップページ | IHコンロ掃除その後とステンレス流しの掃除 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 造り付け家具検討~花蔵の家 | トップページ | IHコンロ掃除その後とステンレス流しの掃除 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ