最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 省エネから考えるエコハウス | トップページ | 紀州の木と熊野古道 »

2010年11月 4日 (木)

秋の下蒜山

11月3日(祝)

2年ぶりに下蒜山に登ってきました。

朝、ちょっと頭痛がして、風邪気味だったので 出発を少し遅らせたので、登山口着は十時半。

駐車場はほぼ満車。14~5台程度の車と小型バスがありました。

私の駐車スペースがやっとありました。

天気は曇りですが、だんだん回復するとの予報です。

樹林帯を抜け、五合目を過ぎたあたりです。

Img_7028

ススキの原っぱの向こうにピークが見えます。(でも、これは山頂ではありません)

足元には、ちらほら、花が咲いています。

Img_7030

この白い花はリュウノウギク。

Img_7034

リンドウも、結構、咲いていました。

Img_7027

ウメバチソウ。2輪だけ咲いていました。

他にもアキノキリンソウや、マツムシソウもありました。

Img_7039_2

私の好きな、雲居平です。

このあたりは、クマザサの草原。

北を見れば日本海。

南には蒜山高原。

そんなハレバレとするような景色です。

それから、だんだん登ると 下蒜山のたおやかな景色が足元に広がります。

Img_7043

山頂に着いたころ、小雨が降り出しました。

今日は冬型なので、この辺の方言で「きたけ」という 霧雨状の小雨です。

でも、カッパ着て、ラーメンを作って美味しく食べました。

しばらくすると、やみ、青空ものぞいてきました。

大山も見えるのですが、山頂は雲の中でした。

Img_7055

紅葉は、こんな感じ。

紅葉のピークはまだですね。一週間後かな?

今年は、例年より、遅れていますね。

下山路は、黒ぼこ土が雨が降ったためにズルズルに滑ります。

クサリ場も何箇所かあるので、大変です。

いっしょに行った友人は、まだ初心者なので、「ゆっくり、ゆっくり」と 声をかけながら、慎重に降りたので、時間がかかりました。

彼女にとっては、初めての登山らしい登山だったようです。

今までは、森林公園のようなところばかりだったので。

下山後は、少し足を延ばして 津黒高原の国民宿舎の温泉で汗を流して帰りました。

Img_7069

ここは、きれいだし、湯船につかりながら山の景色が見えるし、人は少ないし、とてもいいお湯で、私のお気に入りです。(入浴料600円)

下蒜山からも 15分程度で着きます。

米子道は帰りに混むと予想して、国道482号線~179号線(人形峠経由)で津山へ帰りました。

コースタイム(かなり、ゆっくりペースです。)

登山口10:48―‐11:30五合目――12:00雲居平――13:10九合目(おにぎり)――13:30山頂

山頂13:55――14:38雲居平――15:26登山口

« 省エネから考えるエコハウス | トップページ | 紀州の木と熊野古道 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 省エネから考えるエコハウス | トップページ | 紀州の木と熊野古道 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ