最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 紀州の木と熊野古道 | トップページ | 古い住宅の2階を新居へ~その2 »

2010年11月22日 (月)

古い住宅の2階を新居へ~その1

10月下旬から、古い住宅の2階をリフォームしています。

既存は6帖和室2間続きの部屋で、それに廊下がついています。

それを、LDKにリフォームします。

若夫婦の新居になります。

忙しくて、なかなか ブログにアップできませんでしたので、少しまとめて書きます。

10月28日 既存撤去工事開始

Img_6989

天井を落としています。

小屋組は洋小屋(合掌組)です。

壁はすべて土壁。

断熱材は入っていません。

昭和40年代以前の建物と思われます。

この日は、ほこりで大変でした。

Img_6999

翌日昼過ぎには 撤去完了。

つきあたりの半分の壁はサッシを取り付けるため、土壁を落としてもらいました。

ここで、天井高をいくらにするか、

施主さんは、梁は隠してほしいとのご希望で、どのように隠すか 検討しました。

既存の取り合い部分と床段差が400程度あり、階段も必要です。

2階の床と1階の天井との間が、ほとんど空いてないので、キッチンの給排水工事をどうするかが、問題でした。

11月2日。

西面に大きな窓をふたつ取り付けるために、サッシの荒枠をつけています。

街中にあり、南は3階建の住宅、北は2階建の住宅がくっついて建っているので、西面しか大きな窓をつけることができません。

西も隣の家ですが、平屋ですので、明るく開放的な感じになります。

夏の西日の暑さを考えて、LOw-Eの 遮熱ガラス入りの断熱サッシを取り付けます。

Img_7015

天井の下地ができたので、電気の配線工事をしました。

11月4日

天井にロックウール断熱材を200mm(100mmを直角に2重に)入れました。

Img_7072

これで、エコポイントをもらう予定です。

11月8日

Img_7404

土壁で筋交いがまったく入ってないので、耐力壁に構造用合板を打ちつけました。

1階は去年、同じように耐力壁を作っています。

外壁はモルタル塗りの予定なので、下地のラス地板が張られました。

Img_7414

対面キッチンにするため、部屋の中央部に給排水と給湯の配管をしました。

写真で下に見えているのが、1階の天井下地とプラスターボードです。

1階の天井と2階の床の間がほとんどないことがわかります。

排水はいったん外に出して、1階から中に入れ、下水に接続します。

11月10日

Img_7431

天井のプラスターボードを張っています。

サッシの建具が入りました。

Img_7435

床は、水平を出すために、根太を施工しました。

1階の天井裏にゴミが落ちるので、既存のタタミ下の座板をはがさずに、施工しています。

防音のために 根太の間にもロックウール55mmを敷きこんでいます。

外壁のモルタルの下塗りがされていました。

11月13日

Img_7496

既存の階段室との段差は360mmほどです。

右にパソコンコーナーを作り、左側には、食品庫を作ります。

正面は片引き戸の予定です。

階段室が暗いので パソコンコーナーの前も、引き戸も和紙調アクリルやポリカボネードで光を採り入れる予定です。

この辺は、設計図が何度も変わり、施主さんと検討を重ね、決定しました。

つづく・・・・

« 紀州の木と熊野古道 | トップページ | 古い住宅の2階を新居へ~その2 »

2階を新居にリフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀州の木と熊野古道 | トップページ | 古い住宅の2階を新居へ~その2 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ