最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 長期優良住宅 ~ 配筋検査(瑕疵担保責任保険関連) | トップページ | 事務所リフォーム ほぼ完成 »

2010年9月17日 (金)

事務所リフォーム 壁塗り

先週から今週にかけて、内部の漆喰壁塗りが行われました。

Img_6303

棚をつけるところは、下地をしっかりしておかないといけないので、コンパネを張っています。

ただし、コンパネでは、漆喰塗をした場合、「アク」が出てくるので、その上にシーラー処理をしています。

「シーラー」というのは 接着剤の役割をするのですが、アク止めの役割もするのです。

これは、漆喰塗りに限らず、珪藻土塗などの塗り壁や、自然系の和紙クロスなどでも必要な処理です。

また、外壁のモルタル塗りの吹付けを塗り替える場合にもシーラー処理をします。

下地は、一般にクロス下地に使う端部が面取りしてあるプラスターボードではなく、面取りがない、プラスターボードです。

建材屋さんには、今は面取りのものが普通なので、特別に言って取り寄せてもらいました。

左官さんが言うには、面取りのものは、そこにパテを埋めたり一工程余分にかかるそうです。

クロス貼りの場合はクロスの厚みが薄いので、ボードの段差が表面に出てきがち。

それをを解消するために面取りにパテをするのです。

この、写真で白くなっているところが、コンパネ張りの上にシーラー処理をしたところです。

ここには、既存の吊戸棚をつける予定があり、ボードではもたないので、コンパネを張ってもらいました。

ですが、既存の吊戸棚では、この事務所の雰囲気に合わないということがわかり、今回はつけないことにしました。

既存の吊戸棚は、某建材メーカーの貼り物だったからです。

でも、将来、ここに何らかの棚をつけたくなるかもしれない・・・・。

そのために、コンパネのままにしておきました。

Img_6318

シーラー処理の二日後、漆喰の下塗りが施工されました。

ナイロンがかけてあるのは養生です。

また、よく見ると細い青い紙テープ(養生テープ)が、木部との際に貼ってあります。

「養生」とは、壁を塗るときに、他を汚さないためにしてあります。

マスキングともいいます。

Img_6411

左官さんに塗見本を作ってもらいました。

写真ではわからないと思いますが、刷毛引きとコテ跡をつけたラフ仕上げ。

4枚あるのは、2枚が最初に持ってきたもの。

このように、外の焼杉板の前で見たらすごく白く見えたのですが、中に持って入ってみるとちょっと黄色っぽく、私の考えていたものよりも濃い。

左官さんが帰られたあとにすぐ電話して 「もう少し白くして」と 要望しました。

(なんてワガママな施主だ! )

左官さんはすぐやってこられました。

仕上げ塗はあさってですが、色を落ち着かせるために 1日前には混ぜておかないといけないそうで、もう現場に混ぜたものが置いてありました。

それを取りに来られたのです。

大きな容器に入っていてとても重い。(現場で混ぜたのです)

それを、ヨイショヨイショと軽トラに載せるのを手伝いました。(ちょっとだけ)

翌日、塗り直した見本を2枚持って来られました。

少し白っぽくなっていました。

これで 塗ってもらうことになりました。

今回は、外だけではなく、室内に持って入って確認しました。

前回は、明るい外で、しかも黒い焼き杉板の前で見たのが失敗だったようです。

テクスチャー(表面の素材感)はラフ仕上げにお願いしました。

それと、もうひとつ気付いたことは、塗装もそうですが、塗って完全に乾くまでは少し色が濃いということです。

急いでいたので、見本があまり乾いてなかったのかもしれません。

下地塗から1日空けて、上塗り(仕上げ塗)に来られました。

Img_6387

Img_6403

こんな感じになりました。

なかなかいい感じ。

やはり壁を塗ると全然違いますね。

いよいよ、事務所リフォームも大詰めです。

完成がとても楽しみです。

« 長期優良住宅 ~ 配筋検査(瑕疵担保責任保険関連) | トップページ | 事務所リフォーム ほぼ完成 »

恵 事務所リフォーム工事(古民家改修)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長期優良住宅 ~ 配筋検査(瑕疵担保責任保険関連) | トップページ | 事務所リフォーム ほぼ完成 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ