最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« ダイニングキッチンのスタイル | トップページ | 事務所リフォーム 撤去工事 »

2010年8月21日 (土)

事務所リフォーム工事の目的

お盆明けから、私の事務所の改修工事を始めました。

連日の猛暑で、滝のような汗をかきながらの工事です。

私はいつもお客さまには

「リフォームは秋と春がいいですよ。気候の良いときにしましょう。」

と、言ってるのに・・・・

実は計画は割と暇だった3月ごろにやっていました。

GW明けから、着工と思っていたら どんどん忙しくなり、予定していた大工さんのスケジュールとも合わなくなって、今になってしまいました。

もう、先延ばししても、同じことなんで、暑くてもやろう!と いうことになりました。

それにしても・・・・・予想はしていたとはいえ、暑い!

私の自宅兼事務所は、築70年の古家です。

その、一角に設計事務所があり、そこは、昔、父がやっていた工務店の事務所で、昭和50年代にリフォームされていました。

最近、そこに、お客様がよく来られるようになりました。

資料は増える一方だし、この古臭い事務所で、いい設計ができると思われるかな?と思い始めて。

第一、私が設計している家とは 全然違うのです。

事務所は新建材で囲まれたような部屋ですから。

そこで、お客さまがやってこられても 見て感じていただけるような、ショールームを兼ねた事務所にしたいと思いました。

リフォームする場合、目的をはっきりさせることが大切です。

それで、今回、リフォームする目的を、考えてみました。

1.壁、屋根に断熱材をしっかり入れ、サッシも高性能の断熱サッシ、ガラスにし、高断熱の良さがわかるようにする。(この部屋だけですが)

2.内装に自然素材をできるだけ使い、お客様にその良さを体感していただけるようにする。(足触りなど)

3.お客様に、お話しながらお茶を出せるように、事務所の中にミニキッチンを作る。(今までは住宅のキッチンに行ってた。ひとりなので 話が途切れる。)

4.トイレに直接行けるようにする。(今までプロッターにドアがふさがれて直接行けなかった。

5.あふれていた本、書類、カタログなどを効率良く、美しく整理、収納する。

6.OA機器の効率的な配置とLAN配線を設置して、仕事の能率が上がるように工夫する。

以上のようなことを考えながら、プランニングしました。

さて、どのような事務所に変身するでしょうか?

« ダイニングキッチンのスタイル | トップページ | 事務所リフォーム 撤去工事 »

恵 事務所リフォーム工事(古民家改修)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイニングキッチンのスタイル | トップページ | 事務所リフォーム 撤去工事 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ