最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 断熱リフォームで快適に! | トップページ | 事務所リフォーム工事の目的 »

2010年8月14日 (土)

ダイニングキッチンのスタイル

今、住まいはキッチンを中心に廻っているようです。

キッチンをどこへ持ってくるか?

キッチンをどんな形にするかで、その住まい方、家族の生活まで変わってきます。

●昭和40年代~

それまでの和室にちゃぶ台の食事ではなく、テーブルと椅子で食べる食事。

スペースに余裕があれば、独立キッチン+ダイニング、というスタイルもありましたが、キッチンはダイニングキッチンが主流になりました。

始まりは戦後の公団住宅からですが、農家住宅でもキッチン改善(「改造」ではなく、「改善」)といえばこれで、文化的な洋風生活のシンボル的存在だったようです。

Dk_2 

昭和50年代にはシステムキッチンが登場しますが、まだ一部の高級住宅のみ。

一般には、箱型の流し台、調理台、コンロ台を並べ、上部には吊戸棚が、普通でした。

窓や壁へ向かってキッチンセットが並び、振り返るとテーブルがあり、お料理ができるとテーブルでついでに盛り付けます。

テーブルは調理台や配膳台にもなるのです。

欠点は、散らかりやすい流し周りが、食事中も丸見え、ということ。

食器棚やレンジ台などが、壁に沿わせて置くようになるので、動線が長く散漫になりがち。

でも、コンパクトな部屋でも対応できます。(6帖ぐらいから)

●昭和60年代~

キッチンはシステムキッチンで、対面キッチンが主流になりました。

Photo

リビングダイニングという考え方で、主婦は家族の方を向いて料理を作ることができるので、料理しながら、家族の様子が見られ、人気があります。

しかも散らかった流しの中などは、テーブルからは見えないので、片付け下手な主婦でも大丈夫。

また、キッチンに立って振り返ると、食器棚やレンジ台が有り、調理中の動線がコンパクトです。

欠点は、カウンター越しに料理の受け渡しが必要で、お手伝いがいないときは、自分が廻って行かないといけないので、結構面倒なんです。

広さも10帖は必要です。

多くはリビングともつながっていて、リビングダイニングとした場合、広々とした部屋が取れます。

今でも、何も言わなければ、この形が多いようです。(ハウスメーカー他)

●平成10年頃~

対面キッチンの吊戸棚をだんだんつけなくなり、やがて、腰壁もなくなってオープンキッチンへ。

Photo_2

部屋が広々と見え、友達や家族みんなでワイワイ料理を作ったりして、楽しむこともできます。

欠点は、すべてオープンなので、いつもきれいに片づけておかないといけないことです。

多くは、リビングとも繋がっています。

しかも、コンロの前に油が飛び散りやすいし、流しの前も水ハネがあります。

それを防ぐために、ガラスやアクリルのつい立のような部材もありますが、それをつけるとせっかくのオープンキッチンの良さが半減。

それと、アイランドキッチンで、部屋の中央にコンロがあるプランは、レンジフードも天井からダクトで抜くようになり、ちょっと邪魔な感じだし、排気の抜けも悪い。

部屋の広さも最低10帖は必要でしょう。

キッチンの流れを時代順に書きましたが、今は、また 対面ではないダイニングキッチンが増えてきたように思います。

と言っても、昔のようなダイニングキッチンとは違います。

大きなテーブルを、ダイニングの中心に置くのです。

Img_2094

また、テーブルの高さを通常の70㎝より低くして、(65㎝~67㎝)リビングと兼ねたりします。

リビングは床座の形態が多く、最近はソファーを置く人は少ないようです。

これは、ソファーを置くと 部屋が狭く見えたり、ごろりと横になってくつろぐには、床に座る方が良いからでしょう。

対面キッチンは、子育て世代のご家族には良いのですが、上記のような欠点があり、熟年以上のご夫婦は コンパクトなダイニングキッチンのほうが良いかもしれません。

それよりも、勝手口の近くに食品庫(1~2帖程度)を設けることをお勧めします。

ここは、分別ごみやリサイクルごみの一時置き場、箱買いの缶ビールや冷蔵庫に入れない野菜や缶詰など、頂き物や、特売で買った(余分な)食品などの収納に重宝します。

システムキッチンも今は多種多様。

既製品を使わず、専門の家具職人で作るオーダーキッチンも、珍しくなくなってきました。

そうなると、もう、自由自在。

ミリ単位で好きな大きさや、仕様にすることも可能です。

ですが、キッチンはショールームのようなわけにはいきません。

日々の生活の中心なので、安易な憧れでスタイルを決めず、熟慮しましょう。

キッチンから、隣の素敵な庭が見えたり、遠くの山が見えたり、というのも 日々の暮らしの潤いになります。

素敵なキッチンから始まる、居心地の良い暮らしを目指しましょう。

« 断熱リフォームで快適に! | トップページ | 事務所リフォーム工事の目的 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 断熱リフォームで快適に! | トップページ | 事務所リフォーム工事の目的 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ