最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 事務所リフォーム 撤去工事 | トップページ | 事務所リフォーム  天井断熱材入 »

2010年8月21日 (土)

事務所リフォーム  梁手あげ

8月20日

今日は、いつもの大工さんふたりに加え、もうひとり応援を頼み、梁を手あげ(人力で取り付けること)することになりました。

既存の柱を取ったときなど、その部分を今までの梁では支えきれないので、もう1本補強するのですが、この補強梁のことを「休メ」(やすめ)と言います。

一応、乾燥材なんですが、以外に重いようです。

それと、寸法をぴったりに切っているので、はめるのが時間がかかります。

かけや(大きな槌)で、何度も打ちこみます。

3人でやっと上げることができました。

Img_5819_2

この梁は壁の中に隠れるのですが、次の梁は見せる予定です。

だから、白いとおかしいので 柿渋+ベンガラ+墨汁で 古色を作って塗ることにしました。

Img_5829

古い梁の下部は昔土壁がついていたので そこだけ黒くないので、ワイヤーブラシで落として、ここも塗っておきます。

新しい梁との間に少しは隙間が空きますが、後では塗れないからです。

Img_5835

今、持ち上げているところが白いのは、柿渋が垂れたので、大工さんの服につかないように私が紙を巻きました。

全体は、梁を取りつけてから塗る予定です。

手前の丸い柱は、仮の柱で ジャッキで支えています。

Img_5856

梁を入れた後、天井下地ができていました。

« 事務所リフォーム 撤去工事 | トップページ | 事務所リフォーム  天井断熱材入 »

恵 事務所リフォーム工事(古民家改修)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 事務所リフォーム 撤去工事 | トップページ | 事務所リフォーム  天井断熱材入 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ