最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 高気密・高断熱とエコ住宅 | トップページ | 土壁で外張り断熱の家 春~梅雨のデータ »

2010年6月20日 (日)

かまどと薪焚きのお風呂のある家

昨日、お邪魔したお宅。

メインの燃料は薪でした。

キッチンはガスですが、裏庭に 「くど」(この辺の方言で かまどのこと)があり、お餅をつくときには 普通に使ってるそうです。

いいですね~。

何んとも言えない いい雰囲気。

なごみます。

Img_5129

しかも、お風呂は薪焚きです。五右衛門風呂ではないですが。

とても、温まるそうです。

そして、暖房は薪ストーブ。

地球温暖化阻止に貢献していますね。

薪は、たくさん持っておられます。大きな倉庫にいっぱい。

倉庫っていうより 木小屋?昔、薪用の倉庫をこう呼んでいました。

数年前の台風で 自分の山の木が倒れたときに 持ち帰って薪にしたそうです。

他にも板に挽いたものも たくさんあります。

薪のお風呂は 今どき珍しいですが、この辺(岡山県北部)は、 30~40年前まで そういう家が普通でした。

私が建築の仕事を始めたころ(30年前)は、さすがにキッチンはガスでしたが お風呂は 「薪焚き兼用ボイラー」(灯油と兼用)や、直火で薪を焚く設備を新築の家につけることが ありました。

後者のものは、耐火煉瓦のユニットになっていて、左官さんが組み立ててくれていました。

直火焚きのお風呂を一から組むより、簡単だったようです。

その当時でユニットが3.5万円、左官さんの組み立て費が3万円程度。メーカーはタカラベルモントでした。今でもあるかも・・・・?

私の実家でも、小学生ぐらいまでは お風呂は薪で焚いていましたね。

五右衛門風呂をホーロー浴槽に替えた後も薪で焚くタイプにしていました。

我が家は小さな工務店だったので 燃やす木切れはたくさんありましたから。

紙くずなども燃料になり、燃えるごみを出すことは 無かったですね。

それから、このお宅は、縁側と庭もすごく素敵でした。

縁側は広縁で廻り縁になって離れへと つながっています。

Img_5067

私の憧れの廻り縁で 思わず「いいですね~」と つぶやきました。

さて、今回、このお宅はリフォームを予定しています。

希望は自然素材を使った暖かな住まい。

耐震補強も考えないといけません。

そして、自分の山の木を使うことが条件です。

私の設計(デザイン)次第で、するかどうか決めるそうです。

責任重大です。

採用されるように頑張ります。

« 高気密・高断熱とエコ住宅 | トップページ | 土壁で外張り断熱の家 春~梅雨のデータ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

早速、我が家のご自慢の庭を載せていただきありがとうございます。日頃見慣れた風景もこうやって写真で見ると素敵ですね。ゆっくり庭を楽しめるような余裕が欲しいです。庭も喜ぶでしょう。

コメントありがとうございます。
素敵な庭とかまどのある家。絵になります。
この庭を充分眺められる、しあわせな暮らしができますように。
暖かくて住み心地の良いリフォームを提案します。
もう、しばらくお待ちください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高気密・高断熱とエコ住宅 | トップページ | 土壁で外張り断熱の家 春~梅雨のデータ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ