最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 5人の女性建築家 家づくり相談会 | トップページ | 泉山 初夏の花と滝めぐり »

2010年5月22日 (土)

地鎮祭と長期優良住宅

晴天に恵まれた昨日、地鎮祭が行われました。

地鎮祭は何度やっても 身が引き締まる思いです。

初めてお会いしてから 5か月。

ハウスメーカーの家なら、もう 棟上げが済んでいるころかもしれません。

でも、その間にかわいい坊やが誕生したり、いろいろ ありました。

設計契約も、先日させていただきました。

Img_4896

プランも練りに練って、何度も変わり、やっと 最終決定いたしました。

今、やっと 実施設計に入った段階で まだまだこれからです。

長期優良住宅の予定もあり、手続きに時間がかかるので、実質の着工は 早くて7月中旬以降になると思います。

今年度の長期優良住宅は 「木のいえ整備促進事業」で、景気刺激策の意味もあり、年間50棟程度以下の新築住宅を請け負う工務店のためのもの。

年間何百棟も建てる大手のハウスメーカーでは 補助金をもらうことはできません。

だから、ハウスメーカーは宣伝しないので、一般の人はあまり知らないかもしれません。

だからといって、町の工務店がどんどんやっているかというとそうでもありません。

なぜなら、中小工務店にとっては、非常に面倒な書類作成が、大量にあるからなのです。

構造計算も必要です。

書類だけではなく、長期優良住宅の仕様に基づいて、普段やらないことを たくさんやらないといけないのです。

今回のように 設計事務所(=私)がいれば、書類関係をそちらがやってくれるので、なんとかなるんじゃないか、と 思うようです。

でも、お客様にとっては、長期優良住宅で建てるメリットは大いにあります。

(詳しくは HP 「住まいの情報発信局」 をご覧ください)

http://www.sumai-info.jp/chouki/index.html

昔 住宅金融公庫で建てることで、ある程度の水準の住宅が普及したように、この制度にも、そういうメリット(良質な木造住宅を建て主に提供する)は あると思います。

が、手続き費が、構造計算も含めて 20~25万程度かかる(まだ、未定)ことや、建物も一般的な仕様より、坪単価にして2~3万円は上がるらしいので、補助金の100万円が、すべて安くなるというわけでは ありません。

エコポイントの30万円は重複するので、もらえませんし。

今年は120万円の補助金がもらえる「地域資源活用型対象住宅」は、岡山県の場合、県産材の補助金が20万円もらえるので、これも 重複するのでもらえません。

ほとんどの人が、住まいは一生に一度の大きな出費です。

じっくり、一歩一歩、熟慮しながら 進んで行きます。

お客さまのために、何がベストな選択か考えながら、頑張ろうと思います。

« 5人の女性建築家 家づくり相談会 | トップページ | 泉山 初夏の花と滝めぐり »

花蔵の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5人の女性建築家 家づくり相談会 | トップページ | 泉山 初夏の花と滝めぐり »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ