最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 山と木と住まいのツアー | トップページ | 土壁で外張り断熱の家  薪ストーブ設置 »

2009年11月16日 (月)

水害後のリフォーム ついに完成

8月10日の台風による水害に遭ってから、はや3ヶ月。

着工から約2ヶ月が過ぎ、ついに、リフォームが完成しました。

「水害に強い家」というのをコンセプトに、耐震補強も行いながら、予算を抑えるために、施主もできるところは、セルフビルドで頑張られました。

店舗付き住宅ですが、店舗部分は、倉庫を事務所に変えたぐらいで、元のレイアウトを変えないで、内装をリフォームしています。見えないところ(耐震補強や、壁下地の取替え)も、新しくしています。

住宅部分は、次のようにリフォームしました。

●通用口から直接住居部分に入れるようにし、2階へ上がる階段の向きを反対にした。

・・・・以前は店舗を通らないと、住居部分へ行くことができなかった。

●脱衣室がなかったので、脱衣室を作った。

Img_1339

●畳一帖分しかなかった狭い浴室を1坪タイプのユニットバスにした。

  ・・・・・天井が低いため、フラット天井にした。換気扇は天井には付けられないので壁付けとした。

Pb061700

●トイレを水洗にし、(下水道接続)お店のお客様にも貸してあげられるように、広くした。

・・・・入り口は引戸で、廊下側に引き、内部にこちら側にも手すりがつけられるようにした。

・・・・照明器具は感知式。

・・・・床 便器周りにはTOTOハイドロテクトパネルを使用。

・・・・腰板は桧板(クリヤラッカー塗装は施主施工)、カウンター付手洗い器等も、ナチュラルカラーに統一。

店舗部分は、次のようにリフォームしました。

●元ダイニングキッチンは、造り付けの棚をたくさん作り、倉庫兼予備室とした。

 展示会のときに、店舗と広く一体で使えるように、出入り口は、2枚引き込み戸とした。(この写真で正面に見えている格子戸)

Img_1316

●倉庫を事務所にリフォーム。湯沸しコーナーもここにつくり、キッチンと兼ねた。

・・・・事務所は別の場所にあったが、店舗に近接することにより、効率良く仕事することができると思う。

●呉服も販売するために「小上がり」が必要であるが、上がり框の下部は、キャスター付きの引き出しをつけた。

・・・・・写真左端は、式台(踏み段)

●店舗には、補強のために2本丸柱を立てた。

さて、待ちに待った、新装オープンです。

Img_1350

ここは、呉服展示コーナー。

他は、洋服の他、靴やアクセサリー・下着など、婦人服全般を扱われておられます。

地域の奥様方に人気のお店で、朝から、たくさんのお客様が詰め掛けていて、対応に追われていました。

Img_1355

店舗フロント部分は、水害前と変わっていません。

水害に遭われたときはどうなることかと思いましたが、(オーナーが一番思われたことでしょう。)

オーナーご一家と従業員ご一同の努力で、素晴らしい復興を遂げることができ、そのお手伝いができたことを大変うれしく思います。

地域の皆様に愛されるお店として、益々のご商売の発展をお祈り申し上げます。

« 山と木と住まいのツアー | トップページ | 土壁で外張り断熱の家  薪ストーブ設置 »

住まいのリフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水害後のリフォーム ついに完成:

« 山と木と住まいのツアー | トップページ | 土壁で外張り断熱の家  薪ストーブ設置 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ