最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 土壁で外張り断熱の家  外部ほぼ?完成 | トップページ | 水害後のリフォームと耐震改修 »

2009年9月13日 (日)

草屋根ぽんぽん  癒しの建築

  今年 7月の全国女性建築士連絡協議会に私が参加したC分科会「健康住宅と素材」で、「草屋根 ぽんぽん」のことを知りました。

場所も、広島市なので近く、建築士会女性部会の人たちを誘って、先週の土曜日、見学へ行ってきました。

P9051639

コミュニティほっとスペース「ぽんぽん」は NPO法人「ひゅーるぽん」が経営する、知的障害者通所施設です。

設計は広島の建築家 下田卓夫氏。((有)ラーバン)

http://blogs.yahoo.co.jp/rurban_design/folder/500092.html

下田氏は地域資源や地域環境に配慮し、持続可能な地域と建築の可能性を実践している建築家です。

「参加する建築」を、コンセプトに活動をされている方で、この建物は、ボランティアと、利用者やその関係者で、木材の伐採からみんなで施工されたそうです。

建物も素晴らしく、地域に開かれた施設ということで、カフェやギャラリーもあります。

カフェでは、スペシャルブレンドコーヒーをいただきました。

ここは、いるだけでほっとする、癒される建物です。

P9051689_2

設計者の下田氏とNPO法人代表の川口氏からの説明を聞いた後、草屋根に上らせていただきました。

この草屋根は、1番下が1mほどなので、脚立で簡単に登ることができます。

P9051679

登ってみると 想像以上に気持ちが良い。

みんな、思わず笑顔になります。

P9051684

草(芝)屋根は、朝夕の水やりが大変で、水道代がかかりすぎるので井戸水に変えたところ、ミネラルが豊富で、芝がものすごく元気になり、雑草もたくさん生えるようになったそうです。

こんな屋根なら、季節のよいときはお弁当を広げて食べるのもいいし、お昼寝したら、さぞかし気持ちいいだろうな、と思います。

想像していたよりも、街中でしたが、街の中に丘ができたという感じ。

P9051680

いつまでも、ここでのんびりしたくなります。

室内も、草屋根のおかげで、ひんやりと心地よく、ギャラリーとカフェの間は気持ちの良い風が吹き抜けていました。

P9051648

トイレの床のタイルも通所者たちの作品で、とてもかわいく、どこを見ても設計者とスタッフのセンスを感じさせる建物でした。

P9051668_2

ギャラリーの作品は一部、インターネットでも販売しているそうです。

とても素敵な絵がたくさんありました。

P9051647a_2

NPO法人代表の川口さん、建築家下田さん、スタッフの方たちの温かい気持ちがあちこちにあふれている、そんな 建物と雰囲気で、とても癒されました。

ほっとスペースぽんぽん http://web.me.com/hp_p2/P2/Welcome.html

その後、東広島市の建設中の草屋根の建物も見せていただき、いっしょに行ったメンバーも大満足で、楽しく帰途につきました。

« 土壁で外張り断熱の家  外部ほぼ?完成 | トップページ | 水害後のリフォームと耐震改修 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草屋根ぽんぽん  癒しの建築:

« 土壁で外張り断熱の家  外部ほぼ?完成 | トップページ | 水害後のリフォームと耐震改修 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ