最近のトラックバック

恵 建築デザイン事務所

« 長野の旅 その1(小布施~渋温泉) | トップページ | 土壁で外張り断熱の家  外壁板張と塗料について »

2009年7月27日 (月)

長野の旅 その2(善光寺~信濃美術館:東山魁夷館)

朝も、渋温泉の外湯めぐりをしました。

石畳の温泉街は、浴衣姿でそぞろ歩く人でいっぱい。

すぐ、上に渋高薬師や、温泉寺もある。

大湯の上はミニ朝市が開かれていて、地元の野菜や果物が売られていました。

ネクタリンを試食したけど、ちょっと硬めだけど、美味しかった。

でも、財布を持って行ってなかったので ごめんなさい、試食だけです。

8時から朝食を摂って、9時頃、宿を後にしました。

長野電鉄でいったん長野駅まで帰り、荷物をロッカーに預けてから、今回のメインの善光寺へバスで移動。

Img_4729b

御開帳は5月末で終了していますが、すごい人です。

善光寺の仲見世通りには、お店がいっぱい。

でも、とりあえず、本堂を目指します。

Img_4735b

善光寺は、天台宗と浄土宗の僧が共同で守っているそうですが、基本的には何宗でも受け入れてくれる、ありがたいお寺です。

さっそく、線香を買ってお供えし、本堂にもお参りしました。

善光寺詣りも済ませ、これで極楽浄土が約束されたので(?)安心して次へ行きます。

善光寺のすぐ東にあるのが、長野県立信濃美術館です。

今、本館では、スタジオジブリの背景を描いた、男鹿和雄展をやっていましたが、30分待ちの大行列。

夏休みだもんね。

そこは、諦めて、本来の目的の東山魁夷館へ。

Img_4754b

建物を見て、設計は谷口吉生氏だろうと、建築士仲間と噂しましたが、やはり予想通りでした。

谷口吉生氏らしい、明快ですっきりした建物です。

香川県の東山魁夷せとうち美術館も見ていたので、谷口氏は東山魁夷画伯と何らかのつながりがあるのだろうと思っていましたが、帰ってHPを見ると谷口氏のお父様(建築家の谷口吉朗氏)からのお付き合いだそうです。

丸亀の猪熊源一郎美術館、ニューヨーク近代美術館MOMAも、見学しましたが、谷口氏の設計は、作品を鑑賞するのに邪魔しないすっきりしたコンセプトが特徴で、なるほどと思える美術館でした。

Img_4750b

もちろん、東山魁夷画伯の絵も大変素晴らしく、緑の深い山々から霧が立ち上る絵や、森の中で空を見上げた絵、鏡のような水面に映る森の青さ、そこにたたずむ白い馬・・・など、代表的な作品群を堪能しました。

日本画を趣味で描いている、まだ初心者の私ですが、「森」「樹木」「水面」「樹氷」の表現の素晴らしさには感動しました。

さて、お昼過ぎ。

美術館を出て、善光寺の参道よりも脇道に入った 蕎麦屋「小菅亭」で、きのこ天もりそばを注文。

「小菅亭」は、明治23年からやってる老舗です。

実は、バス乗り場でおばちゃんが配っていた割引券をもらったから来たので、あまり期待してなかったのですが、以外に美味しかったです。

後からHPなどを見ると、有名店のようでした。

そば湯もしっかりいただきました。

本場の蕎麦もいただいて、思い残すこともなく、2時発の特急ワイドビューしなので帰途につきました。

今回の旅は充実した三日間でしたが、前半は全建女の大会なので、正味1日。

もう少しゆっくりしたかったので、またいつか、必ず来ようと思います。

« 長野の旅 その1(小布施~渋温泉) | トップページ | 土壁で外張り断熱の家  外壁板張と塗料について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野の旅 その2(善光寺~信濃美術館:東山魁夷館):

« 長野の旅 その1(小布施~渋温泉) | トップページ | 土壁で外張り断熱の家  外壁板張と塗料について »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ